数秘術は、その人の運命数を導き出すことで、その人が持つ本質がわかります。
また、自分の運命数を知り意識して生活すると、成功するチャンスが増えると言われています。
運命数にはそれぞれの数字にラッキーカラーがあり、このラッキーカラーを毎日の生活に取り入れることで、より質の高い人生を歩むことができます。

ここでは、数秘術の運命数が示すラッキーカラーには、どのような意味があるのか説明します。

数秘術の運命数とは?

数秘術とは占術の一種

数秘術は数字を使った占術の一種として考えられています。
また、その人が持つ数字を「運命数」とし、その数字のあらゆる意味を読み解くことで占いをします。
数秘術は歴史があり、現代においてもヨーロッパやアメリカを中心に世界中で知られています。

運命数とは誕生日から導き出した数字

数秘術における運命数とは、別名、「ディスティニーナンバー」「ライフパスナンバー」「エンジェルナンバー」と呼ばれています。
これらの数字は、その人の運命で重要な役割を持ちます。
数秘術で、運命数を導き出すために使われるものは「生年月日」です。
なかには、姓名をアルファベットで表記した後数字に置き換えて、運命数を導く方法もありますが、一般的に使われるものは生年月日です。

この生年月日は、その人が生まれた時に神様から与えられた数字だと言われています。
そして、その人が生きて行く中で一生変わらない運命数です。
生年月日で運命数を導き出すには、生年月日の数字を一つひとつ順に足します。

たとえば、1990年12月2日生まれの人の場合、 1+9+9+0+1+2+0+2=24。
これを一桁にするために、2+4=6とします。
この6が、その人の運命数です。
運命数「11」「22」「33」の人はマスターナンバーと呼ばれる特別な運命数の持ち主です。
この場合はそれらの数を一つひとつに捉えて足すことはせず、そこで計算をストップします。

運命数とカラーの関係

運命数はその人の本質的な部分を表します。
そしてラッキーカラーがあります。
ラッキーカラーはカラーセラピーに活用されることもあります。
この数字は、あなた自身の運命数を導き出し、それを意識することでよい効果を期待できます。

運命数でみるカラーとは?

運命数1:赤色

「1」は、物事の最初を示す数字です、
人を引きつける力があり、リーダーシップがとれ、仕事においても出世頭となる可能性が高いと言えます。
運命数「1」のラッキーカラーは「赤色」です。
赤色は情熱的な意味を持ち、人を引き付けまたは引っ張る力を持っています。
争いごとを引き起こすことはあっても、それをプラスに捉えることができるとも言われています。

運命数2:オレンジ色

「2」は、人への優しさを表しています。
とくに母性愛を示しているため、この運命数を持つ方は、誰からも愛される存在です。
周囲との協調性を持てる人格でもあり、人づきあいが得意です。
ラッキーカラーは「オレンジ色」です。
オレンジ色は暖色であることから、とても温かい心を持っていて、その人の人格の明るさを表現しているとも言われています。

運命数3:黄色

「3」はとても力強く、何事に対してもすべてしっかりやり遂げるエネルギッシュな行動力を持つ人であると言われています。
また、自らの道を切り開き、出世する人生を歩むという特徴を持っています。
運命数「3」のラッキーカラーは黄色です。
黄色は躍動的かつ活発で、物事に対する追及心を表しています。

運命数4:緑色

「4」は、周囲に左右されずマイペースでコツコツとあらゆる物事を進めていく姿勢の人を指しています。
自分の思いのままの生き方をしているため、とても穏やかな性格の持ち主です。
そのため、豊かな人生になると考えられています。
とはいえ、善悪について人からの忠告を聞き入れることができない側面を持ちあわせているため、少し注意が必要です。
運命数「4」のラッキーカラーは緑色です。
緑色は自然=植物を示しています。
独創的であり創造性を持つ人格の持ち主であることを表しています。

運命数5:水色

「5」は、数字の中でも真ん中の数字です。
そのため、いつでもどこでも人の輪の中心にいる中心的人物であることを指しています。
自然と人に好かれるため、仕事をするにも人望も得られる傾向にあります。
ただ、自由と探求をもとめる人生を好む傾向にあるので、リーダーシップには不向きです。
運命数「5」のラッキーカラーは水色です。
水色は冷静さと柔軟な姿勢を持つ人格を表現しています。

運命数6:青色

「6」は「美」を表し、人と人との関わりを大切にする人を表しています。
そのため、誰かかのために生きる人生を歩む傾向にあります。
運命数「6」のラッキーカラーは青色です。
青色はみな平等であることを指し示しています。

運命数7:紫色

「7」は、人との調和や勝負に打ち勝つことを意味しています。
収集がつかず、バラバラとなってしまっているものをひとつにまとめる力を持っています。
しかし、あまり人と群れる生き方を好まないため、自分の道を貫く姿勢があります。
運命数「7」のラッキーカラーは紫色です。
紫色は、心の中で一人で考え生きる傾向にあることを示しています。

運命数8:茶色

「8」は、自己実現が強い人です。
強い願いや意志を持ち、富や名声、権力を得る人も多数存在しています。
運命数「8」のラッキーカラーは茶色です。
茶色は、人生が充実している様子を表していると言われています。

運命数9:虹色

「9」は、他の人と比較しても独特の世界観を持っている人が多いです。
スピリチュアルなことに神髄を置く傾向にあります。
不思議な雰囲気があるため、多くの人が自然と引き寄せられていくようです。
運命数「9」のラッキーカラーは虹色です。
虹色は「完成」を表し、あらゆる事柄をバランスよく考えることができます。

運命数11:シルバー色

「11」は、新しいことや、誰も挑戦していないことを始められる人です。
運命数「11」のラッキーカラーはシルバー色です。
シルバー色は、その人だけを照らす明るい光や感性、人を引きつける魅力があることを表しています。

運命数22:ゴールド色

「22」は、運命数の中でも強運の持ち主であると言われています。
カリスマ的存在であり、まさに天才と呼ばれても過言ではありません。
運命数「22」のラッキーカラーはゴールド色です。
ゴールド色は、すべてにおいての勝者であり、王者を象徴する色として知られています。

運命数カラーの取り入れ方

運命数には、それぞれの数字が持つラッキーカラーがあります。
あなたの運命数の色をサポートカラーとして意識することで、人生をよりよい方向へ導びけるでしょう。
毎日身につける小物などでラッキーカラーを取り入れるなどして、日頃からラッキーカラーを意識することをオススメします。

数秘術の運命数でみるラッキーカラーとは まとめ

数秘術の運命数が示すラッキーカラーには、それぞれどのような意味があるのか紹介しましたが、いかがでしたか?

運命数にはそれぞれラッキーカラーがあり、その色を意識した生活を送ることで、より効率的・効果的に人生の成功をつかむことができます。

今まで、ラッキーカラーに高い意識を持っていない人は、生活を見直してください。
積極的にラッキーカラーを取り入れた生活を送ると、より高い効果を得ることができます。
運命数はあなたの性格だけではなく、これからの運命を示すものです。
しっかりと意識をして、あなたが求めている未来を手に入れてください。