癒しとリンパのプロ!リンパケアセラピストの開業について

癒しとリンパのプロ!リンパケアセラピストの開業について

美容や医療の分野で活躍できるリンパケアセラピストは、人の心と身体の改善に役立つ仕事です。

リンパケアの施術は、マシーンを使わず全て手を使っておこないます。リンパケアセラピストとしてお客様に施術していくには、経験を積むことが大切です。

リンパケアセラピストの知識や技術を習得し、お客様に施術できるようになったなら、いよいよ開業ということになるでしょう。開業と聞くとなんだかとてもハードルが高いと思ってしまいますが、開業自体は難しいものではありません。

今回は、そんなリンパケアセラピストの開業について詳しくご紹介しましょう。

リンパケアセラピストとして独立・開業するには?

リンパケアセラピストとして、独立・開業するのに資格は必要ありません。

しかし、リンパケアセラピストとしての知識や技術は当然必要です。できることなら、サロン勤務などをして十分な経験を積んでから開業することをおすすめします。

開業するのに資格は必要ない

リンパケアセラピストとして開業するときに資格は必須ではありませんが、民間の資格を持っていれば自分の自信に繋がります。

また、資格を持っているということは、リンパセラピストとしての知識と技術が十分に備わっているという証明になります。

サロン勤務などで知識と技術を磨いてから開業したほうがよい

リンパケアセラピストは、人に施術をするものなので、サロン勤務や研修などのように実践で経験を積んでいくのがおすすめです。

知識だけあって人の施術に慣れていないと、せっかく開業してもいいサービスをお客様に提供できません。

経営ノウハウも必要となる

自宅や店舗を借りてのサロン経営は、お客様に施術を施すだけでなく、利益を上げるための経営ノウハウが必要になります。

立地、集客、マーケティング、価格設定、従業員給与など

開業するのが自宅なのか貸し店舗なのかにもよりますが、店舗を新たに構えるのなら、立地、集客、マーケティング、価格設定、従業員給与、さまざまな情報収集や営業目的の不動産物件探しなど、準備することがたくさんあります。

リンパケアサロン開業の手順

リンパケアサロンを開業しようと思ったとき、自分のスタイルにあった場所で店舗を持ちましょう。

必要な設備や備品などが、どのくらい掛かるのか見積もる必要があります。

サロンの開業を考えた時から、どのようなことが必要になるのか金額も含めて準備を進めていきましょう。

開業スタイルを決める

サロン開業をするのなら、どの場所でサロンをするのかはとても重要なことです。

また、近くに同じようなサロンがあるのかどうかも確認しておきたいところです。開業に向けての下準備はとても大切なので、見落としがないように進めていくことを心掛けましょう。

開業場所・立地

サロンを開業するのに、立地はとても重要なポイントになります。どんなサロンにしたいのか、どんな客層をターゲットとしたいのか、など、自分のサロンのコンセプトもしっかりと考えて決めていきましょう。

他のセラピストとの差別化ポイント

近所に同じようなサロンがあるのなら、他のセラピストの差別化が必要になってきます。

お客様に提供するサービスや金額など、自分のサロンの方がいいと思ってもらえる何かを準備して集客に取り組みましょう。

<サロンの個性を出すための工夫など>

どこのサロンでも提供しているようなサービスは、一般的なサービスなので必要なものは取り入れるようにします。お客様が喜んでくださるような何かを、自分の個性として取り入れることができたらリピーターも期待できるでしょう。

必要な設備・備品を揃える

リンパケアセラピストのサロンに必要な設備や備品を揃えます。リンパケアセラピストの開業には多くの物は必要ないので、経費は比較的少なくて済むといえます。

施術ベッド・タオル類など

リンパケアセラピストの開業に必要な施術ベッドやタオル類など、必要最低限のものを揃えても10万以下程度でしょう。

備品や内装にこだわる場合は、もう少し金額が高くなりますが、基本的にはオイルを使って手で施術をするので費用はあまり掛かりません。

スタッフの確保(必要に応じ)

自分一人で施術をこなすならスタッフは必要ありませんが、そうでない場合は人件費がかかります。

また、何人かのスタッフを雇って同時に施術をするのなら、その分の人件費やベッドなどの経費が掛かることになります。

集客

集客の仕方は人それぞれですが、サロンオープンの準備とともにリンパケアのサロンがオープンすることを地域の人に知ってもらい集客に繋げます。口コミで広まってない限り、宣伝は必要です。

法的手続き

リンパケアセラピストとしてサロンを開業する場合には、開業届を税務署に提出します。

税務署へ個人事業の開業届 など

サロンを開業する場合、税務署へ行き個人事業の開業届を提出します。開業届は特に難しい審査などはなく、サロン名などを決めて書類に記載すれば完了です。

自宅サロンの場合必ずしも開業届は必要ではない(所得38万円未満なら不要)

自宅サロンでの所得が、38万円未満なら開業届を提出する必要はありませんが、38万円を超えた収入が見込める場合には、届け出はしておきましょう。

リンパケアサロンの開業スタイルと初期費用

リンパケアサロンの開業スタイルによって、初期費用は違ってきます。どのようなサロンにしたいかによって、金額が大きく変わります。

共通して初期広告宣伝費が必用

リンパケアサロンが開業したということがお客様に伝わっていないと、サロンをオープンさせる意味がありません。初期広告宣伝費は必須ですが、宣伝の仕方により費用が違ってきます。

開業すれば客が来るわけではないため

サロンを開業したからといって、カリスマセラピストでない限り、お客様が勝手に来るということあまり期待できないことです。

広告宣伝費はオープン時やキャンペーンなどを行った時など、必要に応じてかかるものなのです。

自宅開業(おうちサロン)

リンパケアセラピストとして自宅で開業するスペースがあるのなら、店舗サロンのように家賃もいらないのでおすすめです。

自宅の1室をサロンにするなど

リンパケアセラピストとして開業するのに、自宅の1室をサロンスペースにでき、ベッドが置けるなら十分でしょう。店舗に出かけたりする時間も削減できますね。

空いた時間に家事や育児をすることも可能になります。

出張・訪問専門

リンパケアセラピストなら、サロンを構えないで出張や訪問でリンパケアの施術を行うことも可能です。出張などの方がやりやすい場合もあるでしょう。

最も初期費用がおさえられるスタイル

リンパケアセラピストとして開業して、出張や訪問で仕事をする方法もあります。施術スペースも必要なく最も初期費用がおさえられる方法でしょう。

移動のための車があれば10万円を切る初期費用での開業が可能

出張や訪問を専門として、リンパケアセラピストの仕事をすることも可能です。移動のために車は必須となる可能性は高いのですが、その他の初期費用は10万円以下でも十分でしょう。

折り畳み式のベッドまたはマット、枕・シーツ・タオル・問診票・領収証・印鑑などを揃える

移動に必要な備品は、折り畳み式のベッドやマットのほかに、枕やシーツ、タオルなどの準備も必要です。

このように、揃えるものは多くありません。出張などの方法の場合、準備も少なくて済むため始めやすいでしょう。

ベッドやタオルはお客様のものを利用する方法もとれる

折り畳み式のベッドでなくても、お客様の自宅にあるものをお借りして施術をするという方法があります。

その場合は、車も不要で電車移動でも問題ないでしょう。

店舗がないことで認知がされにくいデメリットもある

出張などで店舗を構えない場合は、お客様に上手く知ってもらえないというデメリットがあります。

宣伝するときにメリットを伝えることができれば、集客に繋がるでしょう。

マンション・アパートを借りて開業

リンパケアセラピストのサロン開業で、マンションやアパートの物件を借りてするという方法があります。余裕のあるスペースなので、ゆったりと癒しの空間を演出することができるでしょう。

物件・状態による

マンションやアパートを借りて開業するといっても、物件や状態はさまざまです。リンパケアセラピストのサロンとしてふさわしい物件であるか、じっくりと検討してから決めましょう。

<家賃10万円ぐらいなら100万円程度の費用が必要>

マンションやアパートのサロンの準備資金は、家賃10万円ぐらいなら100万円程度の費用が必要だと考えておきましょう。

<簡単な内装・引っ越し費用・必要な設備や備品を揃える>

物件によっては、簡単な内装が必要な場合もあります。引っ越し費用や必要な設備や備品をあれこれ揃える場合は、その分の費用も掛かります。

敷金・礼金、家賃

物件を借りるときには、敷金や礼金、家賃などの経費が必要です。借りた当時や毎月の家賃がかかることを計算に入れて、利益を上げることができるか考えておきましょう。

必要な設備や備品・簡単な内装・引っ越し費用・初期広告宣伝費などを含めて100万円程度

リンパケアセラピストとして開業を考え、物件を借りて仕事としてやっていく場合には、設備や備品、場合によっては簡単な内装や引っ越し費用が掛かります。

初期広告宣伝費などを含めて100万円程度の経費が掛かります。

店舗用物件を借りて開業

店舗用物件を借りての開業は、保証金や敷金、賃料などが高めになります。初めから店舗としてお客様に知ってもらえるので、宣伝をすれば集客が見込めます。

しかし、しっかりとした収益が見込めない場合には、黒字になる方法に切り替えることも考えておくことも重要です。

マンションやアパートよりも賃料(テナント料)が高め

貸店舗は賃料が高めですが、立地や集客などサロンを始めるのに多くのメリットがあります

リンパケアセラピストとしての知識や技術、経験があるのなら貸店舗でサロンをオープンさせ利益を上げることも可能でしょう。

保証金や敷金も割高

店舗用物件を借りてサロンの開業をする場合には、マンションやアパートよりも保証金や敷金も割高になります。予算がオーバーしないように気を付けておきましょう。

<10~15ヵ月分の保証金や敷金が必要となるケースも>

店舗用物件を借りるときは、最初に10~15ヵ月分の保証金や敷金が必要となるケースも予想されます。物件の場所や管理会社によって金額にひらきがありますので、よく調べておと安心ですね。

<テナント料10万円ぐらいなら200万円程度の費用が必用>

店舗用物件を借りる場合は、経費がかなり掛かります。テナント料10万円ぐらいなら200万円程度の費用を見積もってきましょう。

リンパケアサロンを自宅で開業する場合の注意点

自宅でリンパケアサロンを開業する場合の注意点が、いくつかあります。自宅の場所が営業活動地域でないか、薬事法に触れていないか。また、リンパケアセラピストとしての経験は十分なのかなどという点です。

マンションで自宅サロン開業の場合、営業活動禁止でないか確認

マンションによっては、サロン経営などの営業活動を禁止している場合があります。物件を検討するときに、リンパケアのサロンをやってもいい場所なのかを確認しておかなければいけません。

商品の販売もする場合、薬事法についての知識も必要

サロンでの商品販売の際には、念のため薬事法などに触れていないのかをチェックする必要があります。

薬事法についての知識も身に付けておきましょう。

資格をとってすぐ開業するのは危険

リンパケアセラピストとして知識や技術を身に付けたからといって、すぐお客様に施術をして仕事としてやっていけるのでしょうか。

リンパケアセラピストの資格をとって、すぐに開業するということは控える方がいいでしょう。

自宅開業のハードルは低いが、セラピストとしての知識・技術がダイレクトに集客に響く

自宅開業は、自分だけの判断で出来てしまうので開業のハードルが低いですが、リンパケアセラピストとしての施術が良いか悪いかによって、ダイレクトに集客に響くものです。

開業に踏み切るときには、リンパケアセラピストとしての十分な力があるかを確認しておくことも重要なことです。

サロン勤務などで経験を積んでから自宅開業するのが理想的

サロンの開業をして十分な集客が得られるように、他のサロン勤務などで経験を積んでから自宅開業をする方法が理想的です。

お客様に満足していただける施術ができるように、身近な人で練習を重ねるのもいいでしょう。

癒しとリンパのプロ!リンパケアセラピストの開業についてのまとめ

リンパケアセラピストとして独立して開業するには、他のサロン勤務などで知識と技術を磨いてお客様の施術を十分にこなすことが理想的です。

資格を取ったからすぐに開業というのは、正しい方法で施術がおこなえるか、お客様に喜んでもらうことができるかという点において、不安があります。

また、リンパケアサロンの開業の場所は、自分のコンセプトにあった店舗にしましょう。どんな店舗にするかによって金額が大きく変わってきます。

開業の際は、営業活動可能地域なのか、薬事法は大丈夫なのかなど、注意しておかなければいけないこともあります。

様々な経験は、自分が開きたいサロンのイメージを膨らませてくれますよ。素敵なリンパケアセラピストになって開業を目指しましょう。