最近は、人生100年という言葉をよく耳にします。トレーニングやヨガといった自ら体を動かし鍛え、健康な体を保ち、さらに向上させていきたいと意識する人は、他者から体に刺激を加えてもらい体の中から整えようと考える傾向があります。

その中でも、整体やカイロプラクティックは長期的に利用し継続して続ける人が多いです。需要が多いため、整体師を目指している方は多いのではないでしょうか。

整体師になることで、お客様だけでなく、家族や友人、そして自らの体の健康にも意識を向け、健康な体をつくる知識を身につけることができます。

そこで今回は、整体とカイロプラクティックの違いについて説明していきたいと思います。

カイロプラクティックとは?

まずは、カイロプラクティックから詳しくみていきましょう。

ギリシャ語の「技」を意味する

「カイロ」とはギリシャ語で「手の技」という意味を示しています。1895年にアメリカで発祥された比較的新しい施術の方法です。

手で背骨や骨盤のゆがみを整える手法

手を使用して、背骨や骨盤のゆがみを整えます。体の背骨や骨盤は大切な部位で体を支える軸となるので、ゆがみを整えることはとても大切なことです。

部位の不調を単体でとらえずトータル的に考える

体のそれぞれの不調を少しずつ整えていくのではなく、体全体を見て、背骨と神経系をメインとして、筋肉、じん帯、軟骨などを合わせたトータルで体の不調を考えます。

運動、睡眠、栄養といった生活習慣の改善もあわせて指導

カイロプラクティックでは、体の単体の部位の不調だけではなく、生活習慣も合わせて改善の方法を指導していきます。

施術と同じように重視するもの

・運動

日々の生活の中でどれくらい運動をしているのかをベースに、個人に合わせた運動量や方法を指導する

・食事

バランスを考えた食生活を取り入れ、栄養面の改善を一緒に考える

アメリカやイギリスでは国家資格だが日本では民間資格扱い

90カ国が世界カイロプラクティック連合に加盟しており、資格の習得には全日4年制や、4200時間以上の教育を受けなければなりません。

問題となる症状をその部分だけで捉えるのではなくトータル的に考えるため、神経学や解剖学、診断学など様々な基礎医学を学びます。

日本では「日本カイロプラクターズ協会」があり、多くの施設やサロンでカイロプラクティックは取り入れられていますが、国家資格ではありません。

比較的取得しやすい環境の中にあるので、資格を取得するのならば、今がチャンスではないでしょうか。

整体と同じく保険適用はできない

現在日本では国家資格ではないので、整体と同様保険適用にすることはできません。そのためサロン独自の価格で提供することができます。

整体とカイロプラクティックの歴史の違い

整体とカイロプラクティックの違いは、歴史にもあります。

整体

整体とは、気や血の巡りを良くし、人間本来の持つ自然治癒力を高め症状を改善に導いていく方法です。

中国発祥の推拿(すいな)という療法がルーツ

推拿(すいな)とは「手当て」という意味を示します。あん摩マッサージ、はり・きゅう師も同じルーツを辿ります。

日本では大正時代に誕生

日本では大正時代から歴史があります。カイロプラクティックと同様、日本では民間資格になるので保険適用にはなりません。医療行為とは認めておらず、代替医療とみなされています。

さまざまな流派に分かれている

整体にはたくさんのジャンルに分かれた整体院が存在します。

ストレッチをメインに行う整体院

古武術整体院

気功整体院 等

カイロプラクティック

アメリカのダニエル・デビット・パーマーが、骨格の歪みに対して徒手療法を用いたことがカイロプラクティックの始まりです。

整体やカイロプラクティックで得られる効果

・慢性的な体の痛み・コリの緩和

整体やカイロプラクティックでは慢性的に感じる体の痛みや、コリを和らげる働きがあります。

・姿勢改善

骨盤や骨の歪みを整えることで、姿勢の改善を行います。姿勢が悪いと体は歪み、年齢を重ねるたびに体調不良の直接的な原因になることがあります。

小学生の頃「姿勢を正しくしてください」と言われていませんでしたか?現代の社会ではパソコンやスマートホンの普及により姿勢の悪い人は増減しています。

整体で歪んだ姿勢を整えることは、健康体への第一歩です。そのため、多くの整体で姿勢改善の施術と指導を行います。

・リラクゼーション効果

普段凝り固まった筋肉をほぐし、普段使っていない体の部位を意識的に刺激することにより体のしこりがとれ、リラクゼーションの効果をもたらします。

一度でも整体を経験したことのある人は「体がきついなぁ。なんだかだるいなぁ。」と思った時に整体へ行きたいと思うこともあるのではないでしょうか。

体が楽になると心にも連動し、リラックスすることができます。

・美容効果

体を整えることはもちろん美容効果にもつながります。

-足のむくみや冷えの原因をもたらすO脚を治すことができる

-骨格の歪みをとり、むくみを軽減する施術をすることで小顔効果をもたらす

・運動パフォーマンスの向上

整体では、体のバランスを整え体の働きを促進します。体の歪みやバランスを矯正することにより代謝が上がりやすくなります。また、体の冷えを改善したり、むくみを軽減することで、脂肪の燃焼効率が良くなります。そのため健康な体につながり、運動パフォーマンスも向上します。

プロのスポーツ選手の多くは、自分にあった整体を探し、現役中は体と向き合いながら運動パフォーマンスをあげています。練習と同じくらい大切なことだと語る人が多いのも特徴です。

・体を整えて自然治癒力を向上

そもそも自然治癒力とは、体本来が持っている「自ら回復する力」のことです。1日の中で自然治癒力が高まるのは睡眠時間だと言われています。睡眠の妨げになる中に、体の疲れは大きく影響します。

ただ痛みを取り除いたり、体の歪みを整えるだけでなく、疲れた体をリセットするだけではなく、自然治癒力を高め質の良い睡眠につなげる効果があります。

整体とカイロプラクティックの施術の違い

整体

主に筋肉にアプローチ

整体は、主に筋肉にアプローチして施術を行います。

流派によって違いがある

流派によって違いがあるのでサロンによって施術の仕方は変わります。基本的には、筋肉の緊張を緩めて痛みや違和感を軽減させ、血流の流れを良くする施術を行います

古武術の技から伝承された伝統的な流派

痛いところに手を当てると苦痛が和らぐということは、大昔から知られており、そこから誕生した「手当て」が発展して現在の整体の基礎になったと考えられています。

中国発祥の整体法やアメリカ発祥のカイロプラクティックの考え方を取り入れた施術法

日本の伝統的な施術だけではなく、中国発祥の整体法、アメリカ発祥のカイロプラクティックの考え方を取り入れた施術法があります。

さらに独自に発展させた施術法なども存在

現在は国家資格ではないことから、独自に発展させた施術法なども複数存在しています。

カイロプラクティック

主に骨にアプローチをかける

体の構造に着目して骨格の位置を調整し歪みを矯正し、自然治癒力を回復させます。整体と異なる点は、神経系の働きを重視することです。

整体とカイロプラクティックはここが違う!のまとめ

整体とは筋肉にアプローチをかけ血流の流れを良くし、カイロプラクティックとは骨にアプローチをかけて、神経系の働きを重視することが一番の大きな違いです。

カイロプラクティックの方が歴史は浅いですが、整体を深く追求した者がたどり着く先なのではないかと考えます。

整体の場合は、施術時間は60分〜90分で、症状の出ている部位を中心に痛みの改善を目指しゆっくりほぐしていきます。即効性があるため短期間の通院で効果が現れる場合が多いです。

一方、カイロプラクティックの場合、施術時間は15分〜30分と、整体と比べると短いです。その代わり、治療期間は長めで、3ヶ月間の治療スケジュールを組んで施術を行っていくことが多いです。

それは、即効性よりも、神経に働きかけ自然治癒力を引き出すことを目的にしているからです。

ただ、どちらも体にとって大切な役割を果たすことには違いがありません。それぞれの特性を生かしニーズにあった施術は、パソコンやスマートフォンの普及により体が疲れやすくなっている現代人にとって、身近な救世主になるのではないでしょうか。