ヨガを何年か続けてみて、ヨガインストラクター資格にも興味を持ち、インストラクターになりたいと思う人もいらっしゃるかと思います。または、副業として興味を持っている方、今後本業にしたいと思っている方も多いかと思います。

実際、ヨガインストラクターに向いている人はどのような特徴や条件があるのでしょうか。

資格はないため誰でもヨガインストラクターになることはできますが、全員がインストラクターとして成功するわけではありません。

今回は、そんなヨガインストラクターに向いている人についてご紹介します。

ヨガインストラクターに向いている人

ヨガインストラクターに向いている人は次のようなタイプの人が挙げられます。

ヨガが好き

なんといっても、ヨガインストラクターに向いている人は、ヨガがとても好きであることが絶対条件です。「好きこそ物の上手なれ」という表現があるほどです。好きという感情がさらに知識を深めることになるでしょう。

そして、生徒に教えるだけではなく、自分も実践し練習していくことが大切です。インストラクターになったからそこでヨガジャーニーは終わりではありません。ヨガは一生勉強していく哲学なのです。

毎日の積み重ねが出来る人

ヨガの練習は、毎日の積み重ねがとても大事です。教えることだけでなく、自分も日々成長すること、それを生徒が見ることができると、モチベーションアップにもつながります。

人と関わるのが好きな人

ヨガインストラクターは、生徒との距離がとても近いです。それは、生徒のことをよく知らないと教えることができないからです。良いインストラクターは、全くヨガと関係ないことでも覚えてくれていたりします。

例えば、愛犬のこと、旅行に行ったことなど、何でも気軽に話せるような関係を築くには人との関わりが好きである必要性があります。

また、ヨガインストラクターは明るく笑顔が素敵な人も好まれます。ネガティブなインストラクターにはやはり付いて行きにくく、モチベーションも上がらないかもしれません。

ヨガのクラスには、心身の不調を改善したい人も来ます。そんな方を明るいエネルギーで導いてあげることができるのもヨガインストラクターのスキルです。

献身的な人

誰かのために何かをしたいと思う意識もとても大事です。ヨガを通して、誰かの生活を心身ともに良くしたい、健康にしたいと常に思っている人はヨガインストラクターに向いていると言えます。

多くの方がヨガインストラクターを目指す理由には、私もヨガをしてこんな経験をした、だからそれを他の人にも伝えたいという思いが強くあります。

そのため、優れたヨガインストラクターには、辛い過去をヨガで乗り越えた経験を持っている人が多くいらっしゃいます。

心と体のつながりを大事にしている人

ヨガには「繋がり」、という意味もあります。心と体の繋がりもその1つで、ポーズだけを重視し、内面を考えないことはヨガの哲学に反しています。

生徒の中には今日は体調が悪い、頭痛がするという人もいるかもしれません。そういう小さなシグナルと受け取り、それをポーズに反映させたり、瞑想の時間を作ったりと心のペースに合わせることも大事です。

ヨガインストラクターになる条件

では、ヨガインストラクターになる条件について、簡単に解説していきましょう。

ヨガの知識がきちんと身についている

何よりも大事なことは、ヨガの知識が身についているということです。ヨガの哲学や真理を理解し、それを生徒に押し付けるのではなく自然に導く力が必要です。

ポーズや体ができている

ヨガインストラクターは、ポーズや体ができているだけでなく、生徒のお手本的な存在になる必要性があります。こんなインストラクターになりたい、と思われるようなポーズができるように日々練習です。

コミュニケーション能力が高い

ヨガインストラクターには、コミュニケーション能力も必要です。生徒との会話だけでなく、また指導するだけでなく、このクラスを受け続けたいと思うあなたのファンになる必要があります。

最近は、インスタグラムなどのソーシャルネットワークを使うことで生徒に近づくこともできます。それもコミュニケーション能力が高いというところに当てはまります。

声が通る

ヨガインストラクターの声は、心を落ち着かせるような方が多いように思いますが、それとともにクラスにいる多くの生徒の全員に声が届く必要性があります。もちろん大声で話すということではなくて、自然に声が通る練習をしましょう。

初めはどのくらいの音量で話すかわからないかもしれませんが、徐々にコツを掴んでいくでしょう。

ヨガインストラクターのやりがい・魅力

ヨガインストラクターの仕事には、たくさんの魅力とやりがいがあります。

肉体面、精神面での影響を与える

ヨガの生徒は子供から中高年までと幅広い年齢にまたがります。学ぶ目的も様々で、毎日来る生徒から週1回のレッスンに来る方まで様々です。
ヨガインストラクターのやりがいの一番は、やはりこれらの生徒の変化に気づいた時でしょう。

生徒たちの喜びを感じられる

生徒たちが変化を感じ、その喜ぶ姿、笑顔を見ることができるのもヨガインストラクターのやりがい、そして魅力です。一緒に頑張ってきたからこそ感じることができるやりがいです。

この喜びは、もちろん体の変化にもありますが、半年以上ヨガを続けると心にも変化が訪れます。心が軽くなった、イライラすることが少なくなった、と生徒の口から直接感想や意見を聞くことができるのもヨガインストラクターの魅力です。

自分自身も高められる

生徒が日々練習をしてヨガのレベルが上がっていくと、自分自身のモチベーションも上がることでしょう。さらに練習をし、違うレベルのポーズを教えることが可能になり、双方のモチベーションを上げることができます。

ヨガインストラクターが抱えがちな悩み

ヨガインストラクターを続けていると悩みも出てくるものです。ヨガインストラクター長く続けるために、「私だけじゃなかった」と思えることは、気持ちを前向きにしてくれます。よくあるお悩みをご紹介しましょう。

いつも人に見られている

ヨガインストラクターは、やはり常に人に、生徒に、見られていると思います。同じような体型になりたいと思う生徒も多くいるでしょう。スキンケアや体型維持は、常に行わなければいけませんし、それが悩みになるインストラクターもいます。

人に評価されやすい

日本にはヨガインストラクターがたくさんいます。そのため、あのインストラクターはここがいい、あのインストラクターはコミュニケーションが悪いなどの評価や噂が出ます。

大人数を相手にするプレッシャー

プライベートレッスンをメインにするヨガインストラクターは問題がありませんが、20名などの大勢の生徒を一度に教えるグループレッスンをするヨガインストラクターは、初め大きなプレッシャーを感じることがあるでしょう。全員に声が届くか、全ての生徒を指導することができるかなど悩みが尽きないかと思います。

ズバリ!ヨガインストラクターに向いている人とは?のまとめ

ヨガインストラクターに向いている人は、ヨガが好きな人、心と体の繋がりを大事にしている人、毎日努力を続けることができる人、明るく笑顔が素敵な人など、様々な要素があります。

身近で、生徒の成長や変化の喜びを感じることができるので、とてもやりがいを感じることができるのもヨガインストラクターの魅力です。

しかし、ヨガインストラクターは痩せていなければいけない、体が柔らかくなければいけない、ヨガインストラクターには綺麗な人が多いから自分は向いていない。そんなネガティブな悩みを抱える人もいらっしゃるでしょう。

ただ1つ言えることは、向いている人、向いていない人、ヨガインストラクターになることが不安な人、様々な方がいるかと思いますが、何よりも大事なことは、ヨガが好きであるということなのです。

ヨガが好きという気持ちを大切にしていれば、どんな壁や難関も乗り越えていけるでしょう。外見に自信がないという人も、ヨガが好きという気持ちで生徒の前に立てば、美しさやエネルギーが内面から輝きますよ。