ブレンドハーブティーを楽しんでいるでしょうか?ハーブティは単品でももちろん楽しめるのですが、ハーブをブレンドしたブレンドハーブティーを楽しむことによって、自分の好きな味わいのものや、求めている効果をさらに強くすることができるのです。

そこで、今回はそんなブレンドハーブティーのおすすめの組み合わせについてご紹介しましょう。

ブレンドハーブティーとは?

まずはブレンドハーブティーについての解説です。

ハーブティーの香り、味を組み合わせる

ブレンドハーブティーは、ひとつのハーブティーと違って2種類以上のハーブを組み合わせて作るものです。市販では、ティーバッグとしてすでに組み合わせになっているハーブティーも多くあります。

もちろん市販のハーブティーを飲んでも良いのですが、組み合わせのハーブに注意する必要があります。自分にとって悪い影響を及ぼすハーブを飲んでしまう可能性があるからです。

自分の好きなハーブティーをつくれる

ブレンドハーブティーは、自分の好きなハーブティーを作ることもできます。甘味の強いハーブを組み合わせて自分好みの味わいのブレンドハーブティーを作ることができます。自分が得たい目的に合わせたハーブティーを作ることができるのも魅力のひとつです。

また、ダイエット効果を得たい人の場合であれば、ダイエット効果が期待できるハーブや美容効果が期待できるハーブをブレンドすることができるのです。自分の好みのハーブティーを作れるのは、最大の魅力ともいえるのではないでしょうか。

体調にあった効果を飲み分けられる

ブレンドハーブティーをつくることによって、そのハーブの効能や効果がブラスすることができるので、よりハーブティーの効果を高めることができます。

例えば、風邪の引き始めのときにハーブをブレンドすることによって、ビタミンCを補給しつつも発汗作用のあるハーブをプラスすれば、発汗を促し風邪を回復する効果を得ることができるのです。

ハーブをブレンドするときの基本ポイント

美味しいブレンドハーブティーを作るには、いくつかポイントがあるので、まずはそのポイントを理解してから作り始めましょう。

主役のハーブを決める(味)

いくつかのハーブを組み合わせて、自分のオリジナルの味を作り出すよりも、何かひとつのハーブを主役として、そこに他のハーブをプラスして組み合わせていくと上手にブレンドハーブティを作ることができます。失敗しないポイントです。

特に、ブレンドハーブティーに初めて挑戦するという人は、主役のハーブを自分が好きな味のものにすれば美味しいブレンドハーブティーができますよ。

ハーブティーで酸味をメインにしたいならハイビスカスを主役、香ばしい香りを楽しみたいならダンディライオンルートを主役にするのがおすすめです。

苦味のあるハーブと酸味のあるハーブを同量でブレンドしない

ハーブの作用を中心に考えすぎてしまい、苦味のあるハーブばかりを使ってしまうと、せっかくのハーブティーが美味しく感じられなかったり、飲み続けるのに苦労してしまうということもあります。そのため、苦味のあるハーブを使うときは、他のハーブよりも量を少なめにするのがポイントです。

また、苦味と酸味というのはどちらも主張が強い味なので、苦味のあるハーブと酸味のハーブを組み合わせるときは、同じ量をブレンドするのではなくどちらかを主役にして、主役でない方は量を少なめにするようにしましょう。

味の特徴を知っておく

ブレンドハーブティーを失敗しないためには、ハーブの旨味を理解しておくのも大切です。旨味の強いハーブをプラスすると味全体にまとまりが出るので、まろやかで飲みやすいハーブティーになりますよ。

・旨みの強いハーブ…ルダーフラワー、オレンジ、リコリスなど
・まろやかにするハーブ…レモングラス

・さらやかにするハーブ…ペパーミント
・甘みの強いハーブ…フェンネル、リンデンなど

以上のハーブは味の特徴なので、ブレンドハーブティーを作るときの参考にしてくださいね。

おすすめの組み合わせ

美味しいブレンドハーブティーを作るのはもちろんですが、ハーブそれぞれの作用を上手に有効にするためのブレンドハーブティーもおすすめです。

例えば、リラックス効果を得たいと思っている人や、ダイエット効果を得たいという人など、それぞれの目的にあったハーブを使ってブレンドハーブティーを作るのもおすすめです。

では、そんな目的におすすめの組み合わせについてご紹介しましょう。

リラックス効果の高い組み合わせ

まずは、リラックス効果が高い組み合わせについてご紹介しましょう。

・ラベンダー
・ジャーマンカモミール
・レモンバーム
・レモンバーベナ

などを組み合わせるのがおすすめです。普段家事や仕事、子育てに忙しい女性にぴったりのリラックス効果の高いブレンドハーブティーがつくれます。

ラベンダーは、特に不安やストレスを抑えてくれる効果があるので、疲労がたまっているときにぴったりのハーブです。香りを楽しむだけでもリラックスできます。

また、レモンバーベナは、レモンのような爽やかなさっぱりした香りが特徴で、緊張しているときや感情が高ぶっているときに落ち着かせてくれるハーブでおすすめです。

美容効果の高い組み合わせ

次に、美容効果の高い組み合わせについてご紹介しましょう。美容効果には、

・ローズヒップ
・レモングラス
・アップルピース
・ハイビスカス

などがおすすめです。特に、ローズヒップにはビタミンCがかなり多く含まれているうえに鉄分やビタミンAもふくまれているので、肌の再生を助けてくれる効果も期待できます。

さらに、美肌効果も期待できますよ。ハイビスカスには、ビタミンCが多く含まれており、利尿作用もあるのでむくみ改善の効果も期待できます。ローズヒップやハイビスカスは、比較的に飲みやすいハーブティーになります。

ダイエット効果のある組み合わせ

最後にダイエット効果の高い組み合わせについてご紹介します。

・レモングラス
・ローズヒップ
・ジュニパーベリー
・フェンネル
・ジンジャー

などがおすすめです。ダイエットといえば、女性は誰もが一度は抱えたことのある悩みですよね。
食事制限や運動でダイエットしようとしてもなかなか続かないものです。そんな人におすすめなのがダイエット効果のあるブレンドハーブティーです。

ジュニパーベリーは、デトックス作用があるので体の中の不要なものを排出してくれます。

また、フェンネルには、ダイエットハーブとしても昔から使われており、皮下脂肪をつきにくくする効果もあるんです。さらには代謝も良くしてくれる効果があるので、痩せやすい体作りにしてくれます。

ブレンドハーブティーの作り方

ではここで、ブレンドハーブティーの作り方についてご紹介しましょう。

ブレンドハーブティーを作るには、まず自分が使いたいハーブを用意し、清潔なジップロックに入れていきます。このとき適当な量ではなく、それぞれハーブの量をしっかりと計ってから入れてください。

次に、ジップロックの口を閉じてシャカシャカとブレンドしていきます。密閉されているので、ジップロックを振って混ぜましょう。

最後に、密閉できる容器に入れ高温保湿を避けて保存しましょう。このときブレンドした日にちや何のハーブをブレンドしたのかを記入しておくと良いでしょう。ハーブは1年保存することができるので、すぐに確認できるように記入しておくと便利ですよ。

ブレンドハーブティーのおすすめの組み合わせのまとめ

普段ハーブティーを飲んでいる人も、ブレンドハーブティーがいかに魅力的なものか理解できたことと思います。自分が求めている目的に合ったハーブティーや、好みの味わいのものを作れるので、ぜひこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。