一般にパワーストーンとして売られている石にはブレスレットの形状をしているものが多いですが、実はこの形状にもきちんと意味があるということを知っていますか?

今回の記事では、パワーストーンは何故効くのか、何故ブレスレットという形になっているのかを解説していきます。

パワーストーンとは

パワーストーンとは、神秘的なエネルギーを持ち、身につけることで願いが叶うとされている石のことです。パワーストーンが欲しいと思ってインターネットやショップでパワーストーンを見るとブレスレットの形状をしているものが多いことに気が付くと思います。

実は、このブレスレットという形状は、パワーストーンを使用する上で非常に理にかなった形をしているのをご存知でしょうか。

パワーストーンをブレスレットとして身につける意味と効果

エネルギーは手のひらから入る

パワーストーンは、人間が体から発している「気」や「エネルギー」を使って効果を発揮するとされています。そのため、常に効果を持続させるためにはできるだけ長い時間、自分のエネルギーが石に触れるような位置に装着するのが望ましいです。

エネルギーは、左の手のひらから出て、反対側の右手の手のひらから再び入るように循環していると言われています。

常に肌に触れ、自分のエネルギーに当てる位置として左手首が最適とされているのでブレスレットは、最も効果的でスタンダードな装着方法なのです。

パワーストーンブレスレットの効果的な身につけ方

自分と相性の良い石を選ぶ

まず、何よりも大切なのは、自分と石との相性です。石を一目見たときに目が合ったような気がする、呼ばれたような気がする、という感覚があったら是非その石を手に入れて使ってみてください。

石の中には、自分で持ち主を選ぶものがあり、持ち主にふさわしい人の直感に働きかけて自分を選んでもらおうとすることがあります。また、手に触れたときに温かいような感覚がある、心が落ち着くといった現象も石との相性が良い証拠です。

右手か左手か

基本的にパワーストーン等のブレスレットは、左手に装着します。利き腕の逆側の手からエネルギーが出ていると言われているためその位置にパワーストーンのブレスレットを装着するのが良いです。

逆に霊的なものや悪意、不運から身を守るためのお守りブレスレットは、不運が入ってくるのを防ぐように右手に装着すると効果が高くなります。また、装着する目的によって右手と左手を使い分けることもできます。

右手と左手の使い分け

右手と左手には、それぞれに

・左:内面的なパワーをアップして潜在能力を発揮させる
・右:魅力を引き出して相手に積極的な行動を起こさせる

という効果があります。

自分で努力すれば手が届く目標ならば左手、願望を達成するのに誰かの助力やサポートが必要な目標ならば右手といった風に使い分けるとより効果が高くなります。

例えば、お店の営業成績を上げたい場合、お店をアピールしてお客さんの数を増やしたいなら右手、出会ったお客さんに自分をアピールすることで信頼されたいなら左手というような使い分けも可能です。

自分を主体にするのか、相手を主体にするのかという点も参考にしてどちらにつけるのか決めるのが良いでしょう。

パワーストーン組み合わせ・ブレスレットの重ね付けによる効果

バランスよく組み合わせ・重ね付けすれば相乗効果も

石同士の相性が良い場合、重ね付けや組み合わせによってより高い効果を期待できます。違う組み合わせのブレスレットを複数持ち、日によって持ち変えるのもOKです。

ただし、願い事につかうエネルギーが分散してしまうため一度に身につける石の種類は3種類まで、叶えたい願いを強く意識したい場合はひとつにするのが望ましいです。

また、あまり多くの石を一度に身につけるとエネルギー不足を起こし、石酔いの原因にもなりますので気を付けましょう。

パワーストーンブレスレットの効果を引き出す「浄化」

浄化の意味

石に溜まった悪い気やエネルギーを抜いて良い状態にする「掃除」のようなものです。パワーストーンは、様々なエネルギーに触れてそのエネルギーを吸収するため使い始める前にはもちろん、使い始めた後も定期的な浄化作業が必要となります。

購入時

購入前にショップの店頭で様々な人に触られていると触った人のエネルギーの影響を受けていることがあります。

使用する前に浄化をしてから願い事を伝えるようにしましょう。ショップによっては、「浄化済み」で売られている場合がありますが、その場合は浄化の必要はありません。

使用開始後

定期的に浄化作業をして石のエネルギーの純度が高い状態を保ちましょう。また、次のような場合も浄化をしておくのがおすすめです。

・他の人が触った、触られて嫌な感じがしたとき
・パワーストーンの色に濁りを感じるとき、艶がなくなってきたとき
・嫌なこと、良いことがあったとき
・悪いことから助けられた

浄化後は、願い事もリセットされている場合があるので願い事を再度伝えるのを忘れないようにしましょう。

いろいろな浄化方法

土、流水、日光浴、月光浴、塩、水晶、お香・セージ、音など、色々な浄化方法があります。

注意点として、石の種類によっては水に弱い、日光で退色するなど適さない浄化方法があるので気をつけましょう。

パワーストーンブレスレットが切れた時

浄化不足や役目を終えた場合、不運・厄から持ち主を守り身代わりになった場合などにパワーストーンのブレスレットが切れてしまうことがあります。

ゴムやワイヤーが切れてしまった場合、石に変色や割れがなければそのまま修理して使用しても大丈夫です。

願い事を叶え終わった石や身代わりになった石などの役目を終えたパワーストーンは、色が褪せていたり、石にひび割れが入っていたりするので、もうパワーストーンとしての効果はありません。今まで願い事を叶えてくれたことへの感謝を伝えて土に返しましょう。

パワーストーンブレスレットが効果を発揮しない原因

浄化をしていない

浄化をしていないと自分の願い事が石にスムーズに届きません。使用開始前には必ず浄化をしましょう。

組み合わせる石の種類が多すぎる

一度に多数の種類の石を組み合わせたり、ブレスレットを多くつけすぎたりすると必要なエネルギーが分散してうまく効果を発揮しません。石酔いの原因にもなるので、なるべく3種類までに留めておくのが安心です。

叶えたい願いと選んだ石の意味にずれがある

コミュニケーションに問題があるのに恋愛成就の石をつけるなど叶えたい願いと石の意味にずれがあると石との相性が良くても効果を発揮できません。石の意味や効果を確認してから使用するようにしましょう。

自分と石の相性が悪い

装着していて違和感がある場合、石との相性が良くないのかもしれません。似たような効果を持った相性の良い石に変更すると効果が出ることがあります。

石同士の相性・組み合わせが悪い

正反対の作用の石を組み合わせたり、願望成就に関係のない石が入っていたりする場合、効果が出にくくなります。石同士の相性を確かめてから使用しましょう。

目的を達成したいという思いが弱い

パワーストーンは、持っているだけで幸運が舞い込むお守りではありません。石に願い事を伝えて身につけるのはもちろん、自分で努力することも必要です。

身につける頻度が少ない、石の意味の意識付けが弱い

石を身につける頻度が少ないと石にエネルギーや願い事が伝わらずうまく作用しなくなってしまいます。できるだけ長い時間身につけて頻繁に願い事を伝えるようにしましょう。

そもそもパワーストーンを信じていない・効果を疑っている

パワーストーンに限らず、お守りやラッキーアイテムは、信じなければ効果を発揮しません。パワーストーンを信じて持つことも大切です。

パワーストーンをブレスレットとして身につける効果まとめ

パワーストーンは、持っていれば効果を発揮するという単純なものではなく、効果を発揮させるためのいくつかの決まり事があります。

浄化やつける位置など複雑な決まり事も多いですが、自分で選んだ石を信じて大切にすると石も期待に応えてくれるはずです。