もし、あなたが心理カウンセラーになったら、どれくらいの収入が得られると思いますか?気になりますよね。

心理カウンセラーと言っても、数えきれない方々がその名称を使い、様々な場面で収入を得ることが出来ますが、その収入には場面や求められている内容などにより、かなり相違があります。

心理カウンセラーの収入は?

心理カウンセラーの資格を取得しても、その活躍する場面で収入には大きな差があります。

勤める場合は時給、または固定がほとんど

あなたがカウンセラーの資格を取ったら、起業したいと思いますか?資格を取ってもすぐさま高額な収入を得られることは、まず、ないと言ってもいいでしょう。起業しても、まずは自分の名を多くの人にアピールしなければいけません。

最近では、TVなどでよく見かける弁護士事務所のCMがあります。

あなたの借金返済がゼロになる、利息がゼロになった!などのアピールで人の関心を引くような表現で、相談者を募って、個人で名前を出す人もいれば、団体に所属している人もいるように、心理カウンセラーも、カウンセリングを売りにみんなに、自己アピールしなければなりません。

となると、宣伝広告やメディアを使ってと多額の実費費用がかかります。なので、心理カウンセラーの資格を取ってもなかなか人が寄ってこない、と思えば、自分を売り出すためのサポートをしてくれるような団体や企業などに委託し、自分のリソースを活かしたいと思いますよね。

その場合は、契約社員として雇用されるのがほとんどです。ある条件付きで、時給として報酬されるものです。

例えば、ある有名なカウンセリンを行う団体に所属しても、手数料が発生し、実際に手に取る収入はかなり低額ということがあります。

ちなみに、実際にあるところの時給は、カウンセリングに費やした時間で計算され、多くても1回につき、1時間5000円程度となります。契約しましたが、まだ一度もその会社での報酬はないのが、現実です。という具合になっています。

カウンリングをしたい!と思っていても顧客が自分の名前を指名しなければ、報酬が支払われないわけです。

逆に、その会社に委託社員として雇用をしてもらうために、自分から一定の金額を支払わなければならないという、カウンセリング業を主に扱う人材会社もあります。

人の悩みや相談を聞いて固定給をもらう人は、地域にある役所などに勤務している方が多いですね。このような雇用条件にある方は基本的に収入が安定していると言えるでしょう。

パートの場合は1回のカウンセリング料として支払われる場合もある

カウンセリングをしている方々の多くは、フリーランスという括りで、カウンセリリング以外の仕事をしている方もいます。パートですから常勤ではありませんので、先述したように相談者1人につき時間設定を設け、報酬を得るのが、ほとんどですね。

基本的には安定している

カウンセリング業が、安定しているかは疑問です。ストレス社会の現状に対し、カウンセリングを実際受けている人は、果たしてどれくらいいるでしょうか?

困ったことをカウンセラーに相談するとしても、その困った内容がすぐに解決できるわけではありませんよね。そのような視点で見ると、顧客のリピート率が高い職業とは言えないかもしれません。

精神的ストレスを抱えて、それが身体に症状が出て気分が悪くなったりしたら、あなたはまず、どう対処しますか? 

皆さんは多分、救急車を呼び、救急病院に行くという手段をとる方も多いはずです。救急車を呼ぶのに、料金は発生しないと思えば、高いカウンセリング料金を払う必要もないのです。

心理カウンセラーの給料

これまでお話したように、カウンセラーはいろいろな企業や会社に委託社員として働いていることが多く、給料もそれぞれ違います。

活躍の場によって異なる

カウンセラーの求人を見ると、あの有名なダイエット会社や、アパレル業界などメンタル面を重視し、心理カウンセラーを募集しています。

ダイエットを続けるには自分の意志決定が必要です!そのために途中でリタイアしないように心を鍛えるために、共にサポートする人材が必要になるということです。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは、その名の通り、学校の生徒を対象に子供が抱えている問題を、あらゆる面からサポートしている方々です。保健室の先生と呼ばれる人とは多少意味合いが異なります。

いつも「お腹が痛い」「気分がすぐれない」と言って、授業を受けず保健室に駆け込む小学生や中学生、どこにでもいると思います。

でも、その子達の症状は何か他に問題があるのでは?と、専門的見解を行い家族、学校、その子達を取り巻く環境に対し働きかけ、問題を根本的に見直す方向づけをしてくれるのが、スクールカウンセラーです。

・非常勤、時給制が多い
しかしながら、いつも学校に常勤しているという条件ではなく、非常勤として学校から呼び出しがあり、時間単位で報酬を得ているのが現状です。

・時給の相場は3,000円〜5,000円程度
時給の相場は時と場合、カウンセリングの質にもよりまばらですが、たいてい多くても5000円程度となっています。

企業カウンセラー

企業カウンセラーは、産業や医療などの業界で求められている場合も多く、中には保険会社に勤務しているカウンセラーもいます。事故処理時にうまく対応できる人材、他者とのコミュニケーションスキルを見につけているカウンセラーを雇用する企業もあります。

・固定給が一般的
企業に雇用していた方の収入は固定的に支払われ、ほぼ一定で安定した収入が得られるでしょう。

・300〜400万円が相場
月給制で25万円、年収で400万程度が相場で、カウンセラーにとっては、安定しているといえます。

心理カウンセラーの開業

文頭に書いたように、カウンセラーとして起業、開業される方もいます。

ステップアップとして開業ができる

カウンセラーとしての資格を取ったら、自分のカウンセリング能力を十分に生かせるために起業し、実践を重ねることが出来ます。

但し、それなりの資金や人脈が必要です。

相談所を開設、またはネットでの開設

ネットやSkypeなどを利用し、PC画面上でカウンセリング業をされている人がおられます。ITの発達により、たくさんの方法を活用して自己アピールするには、簡単な作業というメリットは大きいといえます。

収入は不安定だけど頑張るほど収入が上がる

カウンセリングを1人に行うのに対し、ネット配信でカウンセリングのような自己啓発・自己研鑽するには? と、今話題の方がいらっしゃるのはご存知でしょうか?

カウンセリング業、収入はそれぞれ個々で異なります。でもこの方、毎日朝から晩まで多くの人に「自分が成功した理由」など、見てみたくなるようなキャッチコピーを使い、巧に人の心理を利用していますよね。

・1000万程稼げることもある
この人の頑張りは並み大抵ではありません。それだけ自分の時間を「人の成長のための時間」に費やしているのですから・・・それだけの報酬を得るにはどれだけ自分が頑張れるかなのです。

知っておきたい!心理カウンセラーの収入についてのまとめ

心理カウンセラーの収入は、これまでお話ししたように安定した確実に報酬が得られるかは、自分の能力を発揮できる環境を作ることが重要となります。

自分に適した環境で、自分のリソースを十分に発揮できるようになると、心理カウンセラーの収入が低くても、困っている人を幸せにできると思えば「天職」である!といえる、やりがいのある職業です。