ストレス社会と言われる現代では、労働条件の困難さや、少子高齢化、労働力の需要面の変化により、ストレスを抱えながら仕事をせざるを得ない環境にあります。

そのような状況でも、人間関係が上手くできないと心理的不安を感じている方も多いでしょう。ちょっとしたミスをしたことで、自分を責めたり、落ち込んだりしていませんか?

そんな自分を癒してくれる人がいたら、どんなに楽になるか・・・そう思いませんか?そこで心の問題を共に考え、解決できるよう支援してくれる専門的な思考やスキルを持つ心理カウンセラーが職場にいたらどうでしょう。

このような思いで私は看護師をしながら心理カウンセラーになりたいと思い勉強し、資格を取りました。

では、心理カウンセラーになるには、どんなところで、どんなことを勉強して、どんな資格が必要なのかここではお話したいと思います。

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーという業は、厚生労働省の認可が必要なキャリア・コンサルトのような
国家資格ではありません。

しかし「心のケア」をするわけですから、専門的な知識やスキルが必要ですよね。

専門性を高めることが重要

心理カウンセラーになるには、その人の立場になって考えるという知識や技術が必要となります。そのためには、カウンセリングに関する知識や技術が必要です。その知識を高めるためには専門的な知識も必要になります。

ここでいう専門性とは、まず自己理解から学びます。自己理解とは、自分の能力やパーソナリティーを知ることで、カウンセラーとしての手法を体系的に理解することが大切です。

これは自分の技量だけで習得できるものではなく、やはり専門的な教育訓練を受けることが必須です。ネットで「心理カウンセラー」で検索すると、たくさんの教育機関があるので覗いてみて下さい。

大学や大学院で学ぶ

各国の大学でも心理学科を専攻して学ぶこともできますが、私たちの身近にもネットで通信講座や開講講座で学び、資格を取ることもできます。その資格の名称も多種です。メンタル心理士、メンタルインストラクターなど、民間資格として登録ができます。

実際の例ですが、通信講座で、

・ひきこもり・不登校相談支援士
・メンタル心理士
・メンタルケアインストラクター
・メンタルケアストレスカウンセラー
・メンタル心理士

開講講座で、

・NLP(神経言語プログラミング)
・コーチング
・TM分析     

などなど資格を取得したという方かいます。

一般企業・学校などに就職

心理カウンセラーの活躍の場は多様です。企業であれば産業カウンセラー、学校、大学であればスクールカウンセラーと言った職場環境の選択肢もたくさんあります。

資格をとって医療機関に就職

心理カウンセラーの資格を活用し、新人教育の接遇に関する指導や危機管理対応などのリスクに関する対応ができる人材として、医療機関が求人を出しているのもあります。

心理カウンセラーに必要な資格は?

心理カウンセラーになるには様々な条件が必要と思う方もいるかも知れませんが、実に様々な教育機関がありますが、共通した必須試験はないのが現状です。

多くの民間資格、任意資格があります

前述で挙げた、取得例を見てみると、取得した資格は民間が主とするもので、○○協会、△△協議会など様々で、筆記試験の他、カウンセリング技能テストを受けるか否かの任意による資格もあります。

医療機関では臨床心理士の資格を条件にしている

精神科を看板にしている病院や心療内科などの開業医では、「臨床心理士」の資格を条件としています。名のとおり、臨床でその人のカウンセリングを行うことが出来、そのカウンセリングを治療としています。

関わりたい分野の資格を取る

カウンセリングを行う対象者によって、その資格も異なります。企業であれば産業カウンセラー、学校であればスクールカウンセラー、医療であれば教育・指導・リスク管理と自分の適性に合った分野でそれぞれの資格を取ることが出来ます。

心理カウンセラーに関連する資格

では、心理カウンセラーになるための資格を詳しくご紹介していきます。

臨床心理士

臨床心理士とういう資格は、先述したように直接相談者の話を聴き、治療を行う専門家です。

・最も専門性が高い
公益社団法人日本臨床心理士資格認定協会による認定資格となり、専門行為として、5年毎の更新が必要になります。時々、家のポストにいつも、○○学院、○○大学院など
から臨床心理士講座の案内が送られてきます。

この講習料金はなんと2年で約100万円ほどになります。少々驚く方も多いのではないでしょうか。それだけ専門性が高い資格ということがおわかりいただけるかと思います。

認定カウンセラー

認定カウンセラーとは、一般社団法人 日本カウンセリング協会が、カウンセリングにより教育や健康、福祉などの向上とカウンセリングに関する研究を目的としています。

認定カウンセラー会という職能団体を組織化した実践と研究を行うカウンセラーです。

メンタルカウンセラー

心理カウンセラーを目指している方が初めに取ることも多い資格です。特に、何の規定もなく簡単な通信講座で2週間ほどで資格取得できます。皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プロフェッショナル心理カウンセラー

これは、それぞれの資格のプロ、いわばトレーナー、指導者ですね。人に教えることが得意な人は、この資格が有利になるかもと思います。

NLPトレーナーさんから、聞いた話ではトレーナーの資格を取るための費用はなんと150万円ほどです。アメリカでNLP創立者の前で演説しなければならないということを笑いながら話してくれました。

ちなみに、日本でもNLPトレーナーの資格は取れますよ。

その他に必要な要素

カウンセリングスキル

これは言うまでなく、カウンリングに必要なスキルを身につけることです。

カウンセリングを行う基本姿勢として、

・自己一致
・受容的態度
・共感的理解

の姿勢です。

この姿勢は当然として「相手に関心を持つ」ことが重要です。関心を持つことで相談者の発する情報を察知して「注意して聴く、看る」ことになります。そして、自分に誠実であることが重要です。

コミュニケーション能力

コミュニケーションには言語・非言語コミュニケーションの2つがあります。

言語コミュニケーションは、言葉を介してお互いがリレーションしあうかかわり技法で、
非言語コミュニケーションは、うなづきや相槌、アイコンタクトなどを利用し、相手の情報を受け取り、返す態度です。

論理的思考

カウンセリングを行うには共感的肯定的理解が必要です。自念が入って、相手の言葉を打ち消すような態度ではなく、相談者の思考を「なぜ、そう思うのか」「そうすることに価値があるのか」など体系的な論理的見解がカウンセラーに求められるものです。

心理カウンセラーになるには?方法と必要な資格を教えます!のまとめ

これまで心理カウンセラーに必要な知識や資格取得についてお話させて頂きました。
皆さんは、自分の第2の人生をどのように送りたいですか?心理カウンセラーになりたいと思う方が、増えたら嬉しいです。

とある心理カウンセラーがこの資格を取ろうと決めたきっかけは、心理カウンセラーになる前にうつ状態になってしまったことがあり、病院に通院しても一向に治らないため考え方を変えたということでした。

そこから、心理学への階段を上ることになったのです。自分を変えることが出来たのです。そして、人にも優しい自分がいたことがわかりました。現在でも、『心理カウンセラーが天職』だと、誇りに思いながら心理カウンセラーとして活躍しています。

ぜひ皆さんも、自分に合った方法で、一番なりたいカウンセラーを目指してくださいね。