夫婦円満の秘訣教えます!離婚しない夫婦の特徴と理由について

夫婦円満の秘訣教えます!離婚しない夫婦の特徴と理由について
離婚しない夫婦には、大きく分けて2つのパターンがあります。1つは、夫婦円満で離婚とはほど遠い仲良し夫婦です。もう1つは、お互い干渉しない冷え切った関係の仮面夫婦です。

それぞれのパターンには、どのような違いがあるのでしょうか。

今回は、離婚しない夫婦2パターンの特徴をそれぞれ分析し、仲良し夫婦の特徴から夫婦円満の秘訣をご紹介いたします。気になる仮面夫婦が離婚しない理由についてもみていましょう。

離婚しない夫婦の特徴

いつまでも仲の良い夫婦には、理由があります。

相手を尊重する気持ちがある

離婚しない夫婦は、相手を尊重する気持ちを大切にしています。尊重とは、尊いものとして大切に扱うことを言います。付き合いが長いからと言って適当に扱わず、1人の人間としてしっかり相手を尊重することが大切です。

価値観が似ている

離婚の原因で一番多いのは、「価値観の不一致」です。一口に価値観といっても、理想の生活スタイルや将来の目標、お金の使い方、子育ての考え方など、多種多様にわたります。

離婚しない夫婦は、価値観が似ています。もちろん、今まで生きてきた環境が違うので、すべての価値観が似ているわけではありません。

しかし、一番大事にするものが似ている、これだけは譲れない部分が似ている、と言えるでしょう。

感情まかせにならない

夫婦は、それぞれ仕事や子育て、親の介護、友人関係等のさまざまな事情を抱えています。時には、仕事でトラブルがあり、イライラしたまま帰宅することもあるでしょう。そんなとき、つい八つ当たりをしてしまうことがありませんか。

離婚しない夫婦は、感情まかせに相手に接することがありません。自分の言動によって相手がどう感じるかを考える、思いやりと冷静さを持っています。イライラしていても、疲れていても、感情まかせにならず、一度相手の立場に立ってみる、そんな思いやりと冷静さが大切です。

離婚しやすい夫婦の特徴

では逆に、離婚しやすい夫婦の特徴をみてみましょう。

事後報告が多い

何か問題が起きそうなときは、事前に2人で相談して対策を講じたいと思う方は多いはずです。

しかし、離婚しやすい夫婦は、いざ問題が起こってしまってから事後報告することが多いのです。
事後報告が多いと、「どうしてもっと早く言ってくれなかったの?」と喧嘩に繋がることが増えてしまいます。

また、相手に信頼されていないと感じて、悲しくなることもあるでしょう。事後報告は2人の協力関係、信頼関係が築けていない表れともいえ、離婚しやすい夫婦に多い特徴といえるでしょう。

思いやりがない

離婚しやすい夫婦は、相手への思いやりが足りていません。

例えば、寒い夜、帰宅したときに、温かいお茶を淹れてくれると、とても愛情を感じますよね。このような思いやりのある行動をするためには、日ごろから相手に関心を持ち、相手の立場に立って考えることが大切です。

離婚しやすい夫婦は、相手に関心がない場合が多く、相手の立場に立って考えることが少ないので、思いやりがなかなかみられないと言えるでしょう。

相手のせいにしがち

喧嘩してしまったとき、つい相手のせいにしてしまう夫婦は、離婚しやすいといえます。

相手のせいにするということは、言い換えれば自分の非を認めないということです。すると、相手は反発してしまい、言い争いに発展してしまいます。結局何の問題解決にも繋がらず、結果として離婚してしまうことがあるでしょう。

会話する時間がない

会話をする時間がないことは、離婚しやすい夫婦の特徴の1つです。会話は、夫婦にとって大切なコミュニケーションです。

忙しくて時間がないことやお互いに関心が薄れていることなどから、夫婦の会話の時間が減ってしまうと、コミュニケーション不足となり、離婚に繋がってしまう恐れがあるでしょう。

夫婦が円満にすごすコツ

では、夫婦が円満に過ごすにはどうしたらいいのでしょうか。離婚しない夫婦の特徴から、夫婦円満のコツを考えてみましょう。

信頼関係を築く

夫婦関係において一番大切なものは、信頼関係です。信頼関係を築くためには、日ごろの小さな積み重ねが肝心です。どんなに小さな約束でも、必ず守るよう心がけましょう。

また、相手を不安にさせないように、日ごろから向き合う時間を作り、しっかり説明をすることが大切です。信頼しあえる最高のパートナーとなるために、まずは日ごろのコミュニケーションから見直してみましょう。

喧嘩の時は白黒つけない

喧嘩の時、つい白黒はっきりするまで、言い合いをしてしまっていませんか。夫婦が円満に過ごすためには、白黒をはっきりつけないことが重要です。

喧嘩になるということは、多かれ少なかれ双方に非があるといえます。自分の非を素直に認め、相手の非も許してあげる、そんな心の寛大さが夫婦円満の秘訣といえるでしょう。

白黒つけず、お互いを大切に思い許しあうことで、夫婦円満に過ごすことができるようになります。

過度な期待をしない、押し付けない

自分がしてほしいことを相手がしてくれないとき、ガッカリしたり怒ったりすることはありませんか。
「言わなくても分かってくれるだろう」といった過度な期待や押し付けは、相手も自分も苦しめることになります。

夫婦円満のためは、過度な期待をせず、相手に押し付けないことが大切です。相手に何かしてほしいときは、ちゃんと言葉に出してお願いするよう心がけることです。

会話をする

円満な夫婦は、沢山会話をしています。会話をすることで、お互いの状況や考えを共有することができます。それによって、協力したり励ましあったりすることができ、夫婦の繋がりはさらに強いものになるでしょう。

夫婦生活が長くなると、話すことがなく、話題は子どものことばかり、という夫婦も多いでしょう。そんな方は、新たに共通の趣味を作ってみることもおすすめの方法です。

例えば、ミュージカルやシリーズものの映画を一緒に観に行くと、感想に花が咲き、次はこれを一緒に観に行こう、とお出かけの予定も立てることができます。

また、野球やサッカーなどのスポーツ観戦も盛り上がり、会話の種になりますよ。

仮面夫婦が離婚しない理由は?

離婚しない夫婦の中には、円満な夫婦だけではなく、仮面夫婦も存在します。ここでは、仮面夫婦についてみてみましょう。

仮面夫婦って?

仮面夫婦とは、夫婦関係を続けながらも愛情や夫婦間のやりとりがなく、関係が冷め切っている夫婦のことを言います。

・お互い干渉しない
仮面夫婦の特徴は、お互い干渉しないことです。一緒に住んでいたとしても、全く会話をすることがない場合や目すら合わせない場合があります。

稀に会話をすることがあるとすれば、事務連絡のみということもしばしばです。伝言ゲームのように、子どもを介してしか話をしないケースもあります。

お互いに対して関心がなく、存在自体を無視あるいは否定している夫婦といえるでしょう。

・冷え切っている
夫婦双方が冷え切っていることも、仮面夫婦の特徴です。夫婦関係の改善を諦めており相手に対して何も求めない場合、夫婦関係について全く関心がない場合などがあります。結婚当初の愛情はどこかへ消え去り、相手に対して全く情熱がない状態といえるでしょう。

離婚しない理由

そんな仮面夫婦は、なぜ離婚せず夫婦関係を続けるのでしょうか。3つの理由が考えられます。

・世間体
1つ目は、世間体です。離婚が増えてきたと言われてはいますが、それでもまだ離婚は少数派。ご近所付き合いや会社関係、家族などに悪く言われないために、離婚を踏みとどまるケースが多いようです。

・面倒
2つ目は、面倒だからという理由です。離婚に伴う手続は、離婚届の提出だけではなく、引越や財産分与、苗字の変更に伴う諸々の名義変更など沢山あります。

・経済面
3つ目は、経済的理由です。専業主婦・主夫であり、相手の収入で生活している場合、経済的な理由から離婚できないケースがあります。

まとめ

離婚しない夫婦には、お互い尊重しあい支え合う円満な夫婦もいれば、お互い干渉しないのであたりさわりがなく長続きする夫婦、悪くいえば冷え切った関係の仮面夫婦という場合もあります。

今、悩んでいるご夫婦は、夫婦関係を今一度見つめ、夫婦の今後について前向きに考えてみましょう。

ほんの少しだけお互いのことを思いやってみてるのはどうでしょうか?そんな時をお互いが待っているのかもしれません。

心理カウンセリングの資格の資格

  • メンタル心理ヘルスカウンセラー

    メンタル心理ヘルスカウンセラー

    メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    メンタル心理ヘルスカウンセラー資格を見る
  • チャイルド心理カウンセラー

    チャイルド心理カウンセラー

    チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの子どもの心理や発達を十分に理解し、また、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を有していることを証明する資格です。子どもの心理に関して知識を有し、かつカウンセリングを行うカウンセラーとして活動できる技術を有していることを証明します。

    チャイルド心理カウンセラー資格を見る
  • 夫婦心理カウンセラー

    夫婦心理カウンセラー

    夫婦心理カウンセラーとは、夫婦関係や家族関係の問題解決や関係構築などに関して、正しい知識を持ち、適切なアドバイスやカウンセリングを行うことができることを認定する資格です。夫婦間の浮気、離婚、失業や失職、浪費癖、DVなどの家庭内暴力、別居、精神的DV、経済的DV、アダルトチルドレン、夫婦と子どもとの関係、束縛や過干渉などの問題に対して正しい知識を持っていることが必要になります。

    夫婦心理カウンセラー資格を見る
  • メンタル心理ミュージックアドバイザー

    メンタル心理ミュージックアドバイザー

    メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、人間を心の側面から学び、それが身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用を理解している人へ与えられる資格です。音楽の利用方法により、音楽の癒しの効果を最大限に引き出し、ストレスなどの問題改善、心身の健康維持を目指します。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

    音楽療法資格詳細を見る
  • 行動心理カウンセラー

    行動心理カウンセラー

    行動心理カウンセラーとして、人の行動から相手の気持ちを読み解く学問である行動心理学についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。行動心理の基礎知識から歴史、行動心理学から考える仕事やプライベートにおけるコミュニケーションに関する知識を有していることも証明されます。

    行動心理カウンセラー資格を見る
  • 引き寄せカウンセラー

    引き寄せカウンセラー

    引き寄せの法則が働くシステムや潜在意識と顕在意識の違い、言霊と引き寄せの関係、引き寄せノートの書き方など引き寄せに関する知識を身に付けている方へ認定される資格です。引き寄せの法則を理解するうえで重要である「思考は現実化する」と考えや、潜在意識を使いこなす引き寄せのコツ、思考と願望を一致させることなど引き寄せの実践的な知識を有していることを証明します。

    引き寄せ資格詳細を見る
  • 福祉心理カウンセラー

    福祉心理カウンセラー

    福祉心理カウンセラーとは、福祉に関する知識、また心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    福祉資格詳細を見る
  • キッチン心理カウンセラー

    キッチン心理カウンセラー

    キッチン心理カウンセラーとは、心理学と基礎知識、様々なキッチンの施設、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    キッチン資格詳細を見る
  • エクステリア心理カウンセラー

    エクステリア心理カウンセラー

    エクステリアの基本知識を持ち、状況に応じた心理カウンセリングを実用レベルで持ち合わせた方へ認定される資格です。

    エクステリア資格詳細を見る

夫婦心理に関する記事一覧