あなたの周りにDV(ドメスティックバイオレンス)を受けている友人はいませんか?DVは肉体的暴力で殴る蹴ると認識されている方も多いでしょうが、精神的な言葉の暴言などもDVの一種といえます。

ここではDVに関する種類や被害者の特徴について述べていきたいと思います。

DVとは?

皆さん「DV」という言葉はよく耳にしますが意味自体をご存知でしょうか?まずは、正しい「DV」の意味からみていきましょう。

ドメスティックバイオレンスの略

DVとはドメスティックバイオレンスの略で、配偶者による暴力と定義されています。

ドメスティック自体の意味は、環境に伴う形態より、1つは家庭内であるさまを意味し、「ドメスティックな話題」「ドメスティックサイエンス」など形容詞として使われています。

バイオレンスの意味は、激しさ・強烈さ・暴力・暴行を意味します。

ですから、普段私たちが耳にするDVは、

「夫や妻あるいは彼、彼女、また親密な関係にある人からの激しい暴力」

という意味を表します。

配偶者や親密な男女間に発生する暴力

以前は、配偶者による暴力は家庭内の問題で、「法は家庭に入らず」という言葉もあるように法律的な介入はせず、家庭内で解決することが望ましいと考えられてきました。

しかし、DV被害の実態が見えないなどの事情から、第三者による介入により被害者の保護や支援を目的に、DV防止法と呼ばれる法律が2001年に制定されました。

身体的暴力に伴う言葉や態度の暴力は、心身に有害な影響を及ぼすと共に外傷性ストレス障害(PTSD)を発症することもあります。このように精神障害を引き起こした場合には、加害者が傷害罪として処罰されることもあるということです。

DVの種類

DVは、他の人から目に止まりやすい身体的暴力だけでなく、他の暴力が重なってふるわれる場合があります。

身体的暴力

身体的暴力とは、相手に殴る、蹴る、押す、つねる、物を投げつける、髪をつかむ、髪を引っ張る、髪をつかみ振り回す、首をしめる、刃物(包丁)などを突き付ける、刃物を振り回すなどの行為です。

精神的暴力

精神的暴力は、

「オレの言うことを聞け!」
「お前は誰のおかけで食べれているんだ」
「お前は役にたたない」

など、ハラスメント的な暴言をはき、精神的に苦痛を与えます。他に無視をしたり、友人との交友関係を監視したり、携帯のチェックをしたりします。

また、言葉により相手のことを見下したり責め続けたり、相手の大事にしているものをわざと壊したりというものがあります。

性的暴力

国連では性暴力を「身体の統合性と性的自己決定権を侵害するもの」(国連経済社会局女性の地位向上部)と定義しています。

性的暴力には、相手が望んでいないのに性的行為を要求したり、見たくないのにポルノビデオや雑誌を見せたり、また避妊に協力しない、相手が望んでいるのに長期間性的行為をしない、中絶を要求するなどの例があります。

夫婦だからといって脅迫したり、暴行を行っての性交が許されるわけではないということです。

経済的暴力

経済的暴力によるDVは、生活費を渡さない、お金を取りあげる、働くことをやめさせたり
経済的に困らせる行為を指します。

DV被害者の特徴は?

DVでは、自分の行っている行為がDVであるという認識がないため、DV被害が長期になり
放置されているケースが多いのです。

ここではDVを受ける被害者の特徴について述べていきます。

正義感が強い

暴力を受けていると感じているにもかかわらず、被害者は自分に原因があるからだと思う正義感の強い人に多いといわれています。「自分がいたらないから殴られたりするんだ」という間違った認識を持っています。

劣等感が強い

DVを受けている人はDVを受けることに「自分は人より劣っている」「自分は駄目な妻だ」と劣等感を持つ傾向にあるといわれています。自分は夫の支配下にあるのだからしょうがないと感じるのでしょうね。

まわりに頼れる人がいない

DVを受けている人は家族関係の希薄な人、いわゆる親に相談する、友人に話すなどの行為ができず、まわりに頼る人がいないことも特徴として挙げられます。

DVから抜け出せない理由とは?

なんとかしなくてはいけない重大な問題ですが、DVから抜け出せない理由があります。

DVされている感覚がない

先述したように、自分はDVを受けているという自覚がないため、自分が悪いと決めつけていたり、自分がそうさせているなど相手の行動に洗脳されている場合が多いのです。

世間体を気にする

DVをしている相手の行動に支配されているため、身体的精神的暴力を受けても誰かに相談することなんてと、世間体を気にしてずっとその状況を受け入れてしまうのです。

感覚がマヒしている

人は恐怖を感じると、自分の身を守ろうという防御機制の体制をとります。一度DVを受けるとその時抱いた恐怖感を思い出し、相手の言うとおりにしておけば大丈夫だろうなど、自分なりの解釈をして相手に反発しても攻撃されないようにするのです。

DVを受けていることに無力感や絶望感に支配され、その行動から逃げたい、避けたいという感覚が麻痺している場合が多いのです。

DVを受けたら

普通、夫婦が喧嘩をしたらお互い悪いところを見直し、一緒に解決しようと考えるでしょう。

しかし、その喧嘩がDV行為に発展した場合には、すぐに解決策を見つけることを優先した方がよいでしょう。

配偶者暴力支援センターや警察に相談

配偶者暴力相談支援センターでは、配偶者からの暴力の防止や被害者の保護を図るため
都道府県、市町村に相談窓口として設置されています。

その機能として、

・相談や相談機関の紹介
・被害者及び同伴者の緊急時における安全確保の提供(一時保護)
・保護命令制度の利用についての情報提供
・自立して生活することを促進するための情報提供、援助
・被害者の心のカウンセリング

などを行っています。

「暴力を受けてすぐに警察に届ける方法」

が一番よい方法かといえます。実際にDVを受けた事実を他の人に知らせること、勇気が必要ですがとても重要な手段です。警察の生活安全課にはDVを専門としている保安要員がいますので、究極の場合避難シェルターなど紹介をしてくれます。

また、被害届を出しておくことで、刑事責任を追及することも可能になります。

然るべき治療をうける

DVを長期間受けている人は精神的感覚が麻痺していると前述したように、DVが繰り返されることに慣れ、いつの間にか精神的疾患を引き起こすことにもなります。

・被害者はPTSDに陥りやすい
例えば、他者との接触を避けるようになったり、無表情になったり…。これはDVを受けている本人はそう感じなくとも、周りの人から気づかれる場合も多いのです。

DVを長期に受けている人に、

・うつ病(仮面様顔貌)
・対面恐怖症(他人と接することが恐怖と感じる)
・離人症(自分が自分でないような感覚、誰かに自動的に動かされているような感覚)
・現実感喪失感(自分のまわりの物事を奇妙なものであるようにみえたり、まわりの人たちが不自然な演技をしているように感じる)

などの症状がみられることもあります。このような場合はPTSDと判断し、しかるべき治療を受けることが最優先です。

DVが原因の離婚について

司法統計でも報告されているように、離婚の原因の第2位がDVに関する暴力だとされています。

ここでは、DVから逃れるためにとるべき対策について述べていきます。

深刻な場合は離婚も視野に入れる

DVを受けているひとがまず認識してもらいたいのは、「自分は暴力を受けている被害者」であると自覚する必要があります。DVがあなただけでなく子供にまで及ぶとしたら、子供の心にまで傷つけることになります。

母親が暴力を受けていることを子供が見たらどうでしょう。多分恐怖感にかられその場を離れ自分の部屋で泣いているかもしれません。想像しただけでも嫌な場面ですよね。

暴力をされていることを人に知られると、余計にその行動はエスカレートしていきます。思い切って離婚を視野に入れる勇気も必要です。その場合は、法的処置に詳しい専門弁護士など第三者の介入のもと話し合いをすすめていくことをおすすめします。

離婚の慰謝料の相場

離婚の慰謝料は、離婚の原因や内容によって異なります。協議離婚では夫婦間の話し合いで解決されている場合が多いのが現状で、慰謝料の支払いの実態が明らかではありません。

・身体的DV、精神的DVの場合
相手側の不当な身体的DV、精神的DVの場合における慰謝料の相場は、50~300万円程度とされています。

また、DVによるけが、後遺症(精神的疾患の発症)の程度が重い場合は慰謝料が高額になるケースが多いといえます。その場合は、けがをした時の診断書やDVを受けた日時や場所、具体的な証拠となるメモを残しておくことが必要です。

知っておきたい!DVの種類と被害者の特徴についてのまとめ

最近では、よくニュースでストーカー被害による殺人事件など情報として耳にはいることも少なくありません。夫婦でなくとも恋愛関係にある人たちの中でもDVがおきていることも事実です。

DVはDVを受けている被害者だけでなく子供にまで影響を与えます。子供の虐待の原因が
加害者の幼少期に自分も同じような虐待を受けていたことが多いこともわかってきました。

夫婦間、親子間の虐待は「虐待の連鎖」を引き起こします。

あなたのまわりに友人が身体の傷を隠そうといつも長袖を着ていたり、子供の外から見えない部分にあざがあったり(背中おなか)、髪の毛が一部分抜けているなんてことはありませんか?

そのような場合、DVを受けている本人(子供)は話をしないことが多くそのまま見過ごし、関わらないようにしておこうなどと思わないようにしたいですよね。

自分の感情をコントロールできるのはあなただけなのです。勇気を持って立ち向かう自分の意志を強く持つことを願います。