行動心理カウンセラーになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

行動心理カウンセラーになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

行動心理カウンセラーの知識・スキルは現在の社会生活における人間関係を円滑にするのに役立ちます。

行動心理カウンセラーの知識内容に加え、おすすめ資格と仕事の内容を解説します。


目次

行動心理カウンセラーの知識とは

行動心理と聞くと、なんとなく仰々しく聞こえてしまう方も多いかもしれません。しかし、行動心理の考え方や知識は、日常生活に深く関係があります。

例えば、友人と日常的な会話を楽しんでいる際に、相手の表情を見ながら相手の気持ちを推し量り、話題を決めたり相手からの問いかけに対する返答を決めたりするケースは多いのではないでしょうか。

このような日常的な他社とのやり取りの中にも、行動心理は関係が深いのです。

相手がどんなことを考えているのか、どんな受け答えをしたら相手の意向に沿えのか、といったことについて、行動心理を学ぶ中で身に付けていきます。

特に近年は、社会関係が多様化してきており、様々な場面でこれまで会ったことのない人と会話をする機会も増えてきています。

また、リモートでインターネットを通じたオンライン通話が増加している中、表情や声の状態など、少ない情報から相手の心理や考え方、感じ方を読み取っていかないといけません。

行動心理カウンセラーの知識は、このような日常生活での他人とのコミュニケーションを取るうえで必要不可欠なことを、より専門的な視点から学習して獲得していきます。

専門の資格もいくつか用意されていることからもわかるように、高い需要が見込まれている分野です。

コミュニケーションを円滑に行なっていくのは、とても難しいものです。

商談などで、初めて話をする方とコミュニケーションをとっていかないといけないケースももちろんあり得ます。

行動心理に関する知識をしっかりと獲得しておくことで、どんな場面でも自信を持って他の人との交友を楽しんだり、ビジネス交渉を円滑に進めていくことにつなげられます。

まさに現代のように、周囲との関連性が多様化している時代にこそ、ぜひとも学んでおきたい分野といえます。

行動心理カウンセラーが知っておきたいこととは

行動心理カウンセラーが知っておきたいこととは

行動心理カウンセラーの知識を身に付け、活かしていくためには、以下のようなことをしっかりと理解するべきです。

人は無意識のうちに、パターン化した行動をとると考えられています。一般的に使われることが多いパターンに、何か困ったことを抱えているときや、嘘をついているときに、顔のどこかを触ってしまうケースがあります。

鼻を触りながら話しているときは、嘘をついていることが多いといわれています。また、目線も心理を読むうえで重要な要素です。目の焦点が合わず、常に違うことをきょろきょろと見ている場合は、何かやましいことを抱えている可能性が高いです。

さらに専門的なパターンとして、プラシーボ効果などの専門的な内容があります。プラシーボ効果とは、思い込みが人間の認知に大きく影響を与えることを指します。例えば、特に効果のない錠剤を良薬と信じて毎日処方していると、本当に体調がよくなり病気が改善するということが起こりえます。

これは、プラシーボ効果の代表例で、効果があると思い込むことで、本当に改善効果を得られるという事象です。行動心理の中には他にもたくさんの心理パターンがあるとされており、それらを身につけることで、実際のあらゆるシーンで応用が可能です。

ビジネスシーンや友人との交友関係の改善など、実際の生活や仕事上で行動心理の知識を活かせる場面は多く存在します。

行動心理カウンセラーの仕事内容と活躍分野

行動心理カウンセラーとして活躍する場面は、いくつかあります。

行動心理カウンセラーとしての仕事をするために資格は必須ではありません。

しかし、カウンセラーやアドバイザーとして活躍していく上で、利用者からの信頼を得るためにも、資格の取得は大きなサポートとなります。

行動心理カウンセラーの知識を活かせる仕事の代表例を以下に4つ紹介します。

一つずつ紹介していきます。

3-1施設や企業に対するアドバイザー

行動心理の知識は、企業の営業活動や、社内のコミュニケーションの円滑化に大変有効です。

顧客とのかかわり方やサービスの向上を図り、営業活動をスムーズに進めるうえで、相手の心理を読み、どんな会話を望んでいるのか、どんなサービスを提供してほしいのかを理解したうえで行動できるスキルは、大きな強みになります。

また、対外的なコミュニケーションだけでなく、社内コミュニケーションを円滑に保つことで、企業の成績向上につなげられるメリットもあります。

プロのアドバイザーとして行動心理の知識を取り入れたアドバイスをすることは、ビジネスシーンにおいて非常に重要な意味を持ちます。

営業活動を行う企業や、各種サービスを顧客に提供する施設に対して専門家の目線でアドバイスするのが、行動心理アドバイザーとしての役割です。

3-2企業の営業職

行動心理の知識を身に着けると、相手がどんなことを考えているのか、どんなことを望んでいるのか、あるいはどんな不満を抱いているのかを理解できるようになります。

この能力は、ビジネスシーンにおける営業活動に大いに役立ちます。営業を行う中で接する顧客の様子から心理を推し量り、適切な会話や行動ができるようになります。

得意先の担当者の言葉には表面上の取り繕った内容しか盛り込まれていないかもしれません。

態度や仕草から、相手の本当の考えや希望を汲み取って期待通りの行動を心がけることで、顧客からの評価も向上するでしょう。

営業職など人と接する仕事において、行動心理の知識は大いに役立ちます。

3-3接客業全般

行動心理の知識は、接客業全般に活かせます。接客業といっても幅は広く、飲食店のウェイターやマッサージ師の仕事など、人と直接かかわってやり取りする仕事を挙げ始めるときりがないくらいたくさんの例が考えられます。

行動心理が知識あると、接客関連の仕事に直接的にプラスになります。顧客がどんなことを考えているのかがわかれば、希望通りのサービスを提供できるでしょう。

例えば、飲食店のウェイターであれば、食べ終わった食器を片付けて欲しいのに、声を上げるのが恥ずかしいと思っている顧客がいた場合、それを察して食器の片づけをしてあげると、大変印象の良いサービスを提供できていることになるでしょう。

常に顧客の気持ちや考えを汲み取りながら最適の行動を実行するために、行動心理の知識は非常に役立ちます。

3-4教室講師

行動心理の知識を活かして、講師として活動する道もあります。

「他人とどのように接したらいいのかわからない」、「他の人が考えていることがわからなくて怖くなる」など、コミュニケーション面で悩みを抱える社会人はかなり多いといわれています。

そんな方々向けに、行動心理の知識を活かしたコミュニケーション教室を開催し、相手の気持ちを推し量るための具体的な方法の紹介することで、多くの受講者の行動をより良い方向へ変えられるかもしれません。

教室の種類を、課題ごとに開設していくのもおすすめです。

例えば、ビジネス用のコミュニケーションの取り方や、恋愛における注意点、家族関係を円滑にするための方法など、テーマを教室ごとに絞っていくことで、目的意識を持った受講者の集客にもつなげられます。

講師として人気が出てくると、教室開催だけでなく著作活動にも発展させられ、生計を立てる道も開ける可能性があります。

行動心理カウンセラーに向いているのはどんな人?

行動心理カウンセラーに向いているのはどんな人?

行動心理カウンセラーの知識を活かすのに、必要な素質としてようなものはあるのか、見ていきましょう。

行動心理に関する深い知識は、プロとしての活動に利用出来るだけでなく、日常的なコミュニケーションにおいても役立つ知識なので、活用の場面は多々考えられます。

行動心理カウンセラーの知識を活かすのに向いている人の例を4つ紹介します。

4-1人付き合いを円滑にしたいと思っている人

普段から人付き合いに苦手意識を持っている方が、少しでも円滑な人付き合いをしたい場合、行動心理カウンセラーの知識はぜひとも習得したいものです。

どんな社会でも、苦手な人ともある程度コミュニケーションを取らないといけない場面は、少なからず訪れます。

そんな時でも自然な付き合い方ができるようになれば、苦手意識を持つことなく心理的に平穏に過ごせるかもしれません。

コミュニケーションを苦手にしている人やもっと円滑な人付き合いをしたいと思っている方におすすめの知識です。

4-2他人と話をするのが好きな人

もともと他人と話をするのが好きな方にも、行動心理カウンセラーの知識はおすすめです。相手の様子を見ながら、相手の興味をそそる話題を選択して提供できれば、きっと喜んで話を聞いてくれるでしょう。

話上手と思われるためには、話術だけでなく話題の選択も重要な要因です。

適切な話題が何かを考えるうえで、話し相手の様子から適切な話題を提供できるようになると、より楽しい会話の時間を過ごせるケースが増えます。

コミュニケーションが苦手な方だけでなく、話をするのが好きな方にも、行動心理の知識はおすすめです。

4-3他の人がどんなことを思っているのか不安に感じる人

普段他人と接する中で、相手がどんなことを考えているのかわからず、不安に感じている方も多いかもしれません。

相手が自分のことをうんざりしているかもしれないなど、不安を感じる場面は少なくないかもしれません。

しかし行動心理の知識によって、相手の行動から汲み取れるようになると、その時の相手の感情を理解できるようになります。

普段から人とのかかわりに恐怖心を感じたり、苦手意識を抱えている人は、行動心理の知識を獲得することで、ストレスを感じることなくリラックスした気持ちで他人とのコミュニケーションに臨めるようになります。

4-4子育て中の両親

行動心理の知識は、ビジネスシーンなど大人の社会だけで活用できるものではありません。子供相手にも有効です。

子供は、自分の言葉で感情や希望を表現できないことが多いです。

そんな時に行動心理の知識を活かすことで、子供がどんな気持ちでいるのか、なぜ泣いているのかを、様子から推し量れるようになります。

子育て奮闘中の両親など、子供の世話や教育にかかわる方にも行動心理の知識は非常におすすめです。

行動心理カウンセラーの代表的な資格

行動心理カウンセラーの代表的な資格

行動心理カウンセラーとして活躍するために必須となる資格はありません。

しかし、アドバイザーなど専門家として従事する際には、より信頼を得るために資格の取得はとても有効です。

行動心理カウンセラーに関連する資格のうち、代表的なものは以下の3つです。

それぞれ概要を紹介します。

5-1行動心理カウンセラー資格

行動心理カウンセラー資格は、日本メディカル心理セラピー協会が主催する資格試験です。

在宅で受験できる筆記試験で、インターネットでの申し込みをします。年に一定回数定期的に試験が実施されています。

5-2行動主義心理アドバイザー資格

行動主義心理アドバイザー資格は、日本インストラクター技術協会が主催する資格試験です。行動心理カウンセラー資格と同様、在宅受験の形の筆記試験です。70%以上正答できれば合格になります。

行動主義心理アドバイザー資格を取得した後は、カルチャースクールや自宅などでカウンセラーとして活躍できます。また、自身の日常生活におけるコミュニケーションに活かせます。

5-3行動心理士資格

行動心理士資格は、日本能力開発推進協会が主催する資格試験です。

認定教育機関で所定の単位を取得することで受験資格が得られ、その後試験に臨み合格することで、資格が得られます。

他の2つの資格に比べて、取得に必要な時間が長く、難易度が高いことが特徴です。

じっくりと時間をかけて学習する必要があるため、知識がしっかりと定着することと広範囲の知識を取得できる点にメリットがあります。

どの資格がおすすめか

どの資格がおすすめか

行動心理カウンセラーとして活躍するうえでおすすめの資格といえばどの資格でしょうか。
取得のしやすさや、学習内容の充実ぶりなどを総合的に考えると、行動心理カウンセラー資格がおすすめです。

6-1行動心理カウンセラー資格

行動心理カウンセラー資格を取得する中で、行動心理に関する基礎知識が得られます。

行動心理の知識だけでなく、行動心理の歴史的側面も学習します。過去に行動心理研究がどのように行われ発展してきたのか、その過程を学べます。

学習する内容には、実践にそのまま活かせるものが多いです。

吊り橋効果(危険な状況のほうが親密度が高まりやすい効果)やアンカリング効果(先に与えられた情報を基準することで次の情報への感じ方に影響が及ぶ効果)など有名な心理パターンも多く登場し、学習自体も楽しく進められます。

行動心理カウンセラー資格

おすすめ資格講座

おすすめ資格講座

行動心理カウンセラー資格を取得する際に、おすすめの通信講座が2つあります。

それぞれの講座内容を紹介します。

7-1行動心理カウンセラーW資格取得講座 | 諒設計アーキテクトラーニング

諒設計アーキテクトラーニングでは、行動心理カウンセラー資格取得のための通信講座が用意されています。

呼び知識が全くない状態でも、通信講座の課題をこなしていくことで、6か月間で資格を得られるレベルに達せられるように教材が組み立てられています。

また、急ぎで資格取得を目指す場合は、最短2か月ですべてのカリキュラムをこなせる構成です。

通常講座とスペシャル講座の2種類の用意がありますが、スペシャル講座を利用したほうがスムーズに資格取得を目指せるのでおすすめです。

講座種類 受講料 特徴
通常講座 59,800円(税込)
スペシャル講座 79,800円(税込) 卒業と同時に無試験で資格取得となる

スペシャル講座のほうが費用は2万円プラスとなりますが、課題をこなして卒業する際に、試験を受けずに資格を獲得できるのはとても魅力的です。

スムーズな資格取得を目指すのならスペシャル講座を選択しましょう。

行動心理カウンセラーW資格取得講座

7-2行動心理資格取得講座 | SARAスクールジャパン

SARAスクールジャパンでも行動心理カウンセラーの資格取得を目指せます。

通信講座の形式で、郵送されてくる課題をこなし返送してから添削を受けるという形を繰り返し、学習していきます。

SARAスクールジャパンの講座は、基本コースとプラチナコースの2種類の用意があります。

講座種類 受講料 特徴
基本コース 59,800円(税込)
プラチナコース 79,800円(税込) 卒業と同時に無試験で資格取得となる

プラチナコースのほうが受講料が2万円高くなりますが、課題を終えると同時に試験なしで資格を取得できます。確実に資格を取得したい方には、無試験で資格取得が可能なプラチナコースを利用しましょう。

行動心理資格取得講座行動心理カウンセラー資格を取得してコミュニケーション能力を高めよう行動心理カウンセラーの資格取得に向けた学習をする中で、普段のコミュニケーションに役立つ様々な心理パターンを学習できます。

他人の心理状態を読み取りながら、適切な対応を取ることで円滑なコミュニケーションにつなげていきましょう。行動心理カウンセラーの知識を活かせる仕事も多いです。

おすすめの行動心理カウンセラーの資格を取得して、高いコミュニケーション能力を実践に活かしていきましょう。取得におすすめの講座も用意されているので、ぜひ活用していきましょう。

行動心理資格取得講座

心理カウンセラーの資格

  • マインドフルネスセラピスト

    マインドフルネスセラピスト

    マインドフルネス瞑想は「今、ここ」の状態にマインドフル=満たされる状態を求めます。その効果として、ストレスの緩和、モチベーションの向上、集中力やクリエイティビティの強化などが得られます。マインドフルネスセラピストは、このようなマインドフルネス瞑想の知識と効果、注意点、様々な方法について十分に理解していることの証明となる資格です。資格取得後は、マインドフルネスセラピストとして活躍することができます。

    資格詳細を見る
  • アンガーカウンセラー

    アンガーカウンセラー

    アンガーコントロールの歴史から、感情のクセや怒りの本質について、怒りの1次感情と2次感情、怒りと向き合うトレーニング、怒りが体に及ぼす影響や怒りのデメリット、思考の歪み、怒りを引き起こしやすい思考、心にゆとりができるテクニック、三性の理、怒りの生理的反応など、基礎知識を有していることが証明されます。資格取得後は、アンガーカウンセラーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

    資格詳細を見る
  • 引き寄せカウンセラー

    引き寄せの法則が働くシステムや潜在意識と顕在意識の違い、言霊と引き寄せの関係、引き寄せノートの書き方など引き寄せに関する知識を身に付けている方へ認定される資格です。引き寄せの法則を理解するうえで重要である「思考は現実化する」と考えや、潜在意識を使いこなす引き寄せのコツ、思考と願望を一致させることなど引き寄せの実践的な知識を有していることを証明します。

    資格詳細を見る
  • 行動心理カウンセラー

    行動心理カウンセラーとして、人の行動から相手の気持ちを読み解く学問である行動心理学についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。行動心理の基礎知識から歴史、行動心理学から考える仕事やプライベートにおけるコミュニケーションに関する知識を有していることも証明されます。

    資格詳細を見る
  • 夫婦心理カウンセラー

    夫婦心理カウンセラーとは、夫婦関係や家族関係の問題解決や関係構築などに関して、正しい知識を持ち、適切なアドバイスやカウンセリングを行うことができることを認定する資格です。夫婦間の浮気、離婚、失業や失職、浪費癖、DVなどの家庭内暴力、別居、精神的DV、経済的DV、アダルトチルドレン、夫婦と子どもとの関係、束縛や過干渉などの問題に対して正しい知識を持っていることが必要になります。

    資格詳細を見る
  • チャイルド心理カウンセラー

    チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの子どもの心理や発達を十分に理解し、また、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を有していることを証明する資格です。子どもの心理に関して知識を有し、かつカウンセリングを行うカウンセラーとして活動できる技術を有していることを証明します。

    資格詳細を見る
  • エクステリア心理カウンセラー

    エクステリアの基本知識を持ち、状況に応じた心理カウンセリングを実用レベルで持ち合わせた方へ認定される資格です。

    資格詳細を見る
  • キッチン心理カウンセラー

    キッチン心理カウンセラーとは、心理学と基礎知識、様々なキッチンの施設、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • 福祉心理カウンセラー

    福祉心理カウンセラーとは、福祉に関する知識、また心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー

    メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • メンタル心理ミュージックアドバイザー

    メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、人間を心の側面から学び、それが身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用を理解している人へ与えられる資格です。音楽の利用方法により、音楽の癒しの効果を最大限に引き出し、ストレスなどの問題改善、心身の健康維持を目指します。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

    資格詳細を見る