チャイルド心理資格検定

チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの子どもの心理や発達を十分に理解し、また、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を有していることを証明する資格です。
子どもとお母さんの関係、子どもとお父さんの関係、家族構成によって子どもの成長にあたえる影響や違い、子どもの性格、子どもの仕草、赤ちゃんが泣く心理、赤ちゃんの気持ちの動き方、会話が与える親子関係への影響、小学校低学年から高学年、中学校にかけての発達と心理、子どもが喧嘩をする原因、学校と子ども、ギャングエイジや反抗期などの接し方など、子どもの心理に関して知識を有し、かつカウンセリングを行うカウンセラーとして活動できる技術を有していることを証明します。資格取得後は、チャイルド心理カウンセラーとして活動することができます。「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」は、「チャイルド心理カウンセラー」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。

チャイルド心理カウンセラー
受験申し込み

チャイルド心理について

チャイルド心理は、子育てに生かせる心理学として非常に役立ちます。親が子どもとどう向き合うかで、その子の成長に大きく影響を与えます。成長するにつれて身体は大きくなっていきますが、心はまだ子どものままなので、大人扱いするのはまだ早いといえます。体の成長と心の成長は別のものなので、親は学童期の子どもの心理や思春期の子どもの心理を理解した上で接することが必要です。
子育てをする上で子どもの心理を知ることはとても大切です。チャイルド心理を知らずに育児をすると、子どもの成長を理解できず、すれ違うことがあるかもしれません。子どもは成長するにつれて一定の心理を身につけていきます。何歳くらいで何ができるようになるか、またどんなことを理解できるようになるかということを事前に勉強しておくと、子どもの心理を理解しやすくなり、子育てで悩むことが少なくなるでしょう。

チャイルド心理とは

チャイルド心理は、子育てとは切り離せません。子どもの心の成長は親による影響が大きいからです。赤ちゃんの頃の過ごし方、親との関わり方などで、心の成長に大きな差が出てきます。過保護に育てていれば、どうしてもワガママになりやすく、親が好き嫌いをしていると子どももそれを真似てしまいます。
親子の信頼関係を確立するには、保育園や学校であった嫌なことでも親に話して解決できるような状態にすることが求められます。成長の段階に応じて、子どもが何を感じているか、また子どもが感じたストレスに対して親として適切な対処法をアドバイスするなど、精神的なサポートを行っていると、それほど酷い反抗期にはならないでしょう。子どもの心を外からは覗けませんが、子どもがどんな状況で何を感じているのかを少しでも理解してあげられると、子どもの悩みにも無言でサポートしてあげられます。チャイルド心理を理解していると、余裕を持って子どもと向き合うことができるでしょう。

チャイルド心理学

子供にとって、幼少期から青年期までの期間は、人格や性格を形成する大切な時期であり、後の人生に影響を与えてしまう時期でもあります。チャイルド心理学とは、子供の心や身体の発達に応じた接し方や教育に関して、心理的な知識のことを言います。チャイルド心理学を身に付けることで、子供の成長、しぐさ、行動などから読み取ることができる心理をはじめ、親として子供との関わり方や、子供の発達に応じた対応、子供が抱く悩みや相談への対応などに関する知識やテクニックを活かすことが可能となります。子育てに悩みを抱えている方、子供との接し方に不安を感じている方、初めて子供を育てることに不安を抱いている方などに対し、子供の育て方や成長に応じた子供との接し方など、子育てに関する様々な面で適切なアドナイスをすることが可能となります。人は生まれてから成年になるまでに、大きく分けて、乳児期、幼児期、学童期、思春期、青年期と幾つもの期間を経て大人へと成長していきます。その時々に心も身体も大きく変化していくものです。子供は如何にして成長していくのか、という事を理解することで心に余裕を持って子育てができると言えます。チャイルド心理学を身に付けて、子育てに活かしてみたり、悩んでいる方の手助けをされてみてはいかがでしょうか。

子育てで使える心理学

子供は生まれたばかりの頃は話すことができないことはもちろん、ある程度の年齢にならないと、上手く自分の気持ちを伝えることができないものです。その為、子供は行動やしぐさ、態度で自分の気持ちを表現しようとします。この表現を心理的な観点から読み取り、理解することで、様々なシーンで子育てに活かすことが可能となります。
子供は口で気持ちや感情を伝えることが下手である変わりに、これらが顔へのしぐさに表れると言われています。例えば、指しゃぶりや爪を噛むように口に手を持っていくしぐさは、子供が不安な気持ちや寂しさを紛らわすしぐさとされています。また、唇を噛んだり、唇を上に上げるしぐさは、子供が我慢している時に出るしぐさ、物や人を噛んだり癇癪は、親への不安によって子供が情緒不安定であったり、苛々が募っている時に出るしぐさ、物を隠したり、物をわざと壊す行為は、親からの愛情が不足しており自分の存在を親に知って欲しい時にする行動と言われております。こういった行動を子供がする際には、子供に問題があるのではなく、子供を取り巻く環境や、親の行動・言動が原因であることを理解しておくと良いでしょう。子供は全てにおいて素直に、正直に表現するものです。一番身近な存在である両親が子供のしぐさや行動を理解することで、よりよい環境を作ることが出来ると言えます。

 
 

チャイルド心理資格検定試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験日程以下参照

チャイルド心理資格検定試験日程

2019年4月資格検定試験
受験申込期間2019年3月1日~3月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年4月20日~25日答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

 

2019年6月資格検定試験
受験申込期間2019年5月1日~5月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年6月20日~25日答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

 

2019年8月資格検定試験
受験申込期間2019年7月1日~7月31日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年8月20日~25日答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

 

2019年10月資格検定試験
受験申込期間2019年9月1日~9月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年10月20日~25日答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

 

2019年12月資格検定試験
受験申込期間2019年11月1日~11月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年12月20日~25日答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

 

チャイルド心理カウンセラー
受験申し込み

チャイルド心理資格が活かせる職業

チャイルド心理カウンセラー

チャイルド心理カウンセラーは、0歳から10代の思春期までの子供の成長とその心理状態を分析することで、親にどのように対応したらよいかアドバイスができるチャイルド心理のカウンセラーです。子どもの心理に関して十分な知識を習得しており、子育てに悩んでいる親の相談にのって、アドバイスできるスキルを身に付けています。
情緒が不安定になりやすい子供は、親のサポートが必要です。子供が発する言葉や行動をよく観察すると、どんなことを考えたり感じたりしているのかを知ることができ、親として適切なサポートができます。
先進国の多くは、高齢化社会と共に少子化になっており、子供同士の集団における経験値が難しくなってきています。また、家庭でも子供とのコミュニケーションが不足しがちです。こうした状況の中で、子供の心理状態がわからなくて子育てで悩んでいる親に効果的なアドバイスができる心理ヘルスカウンセラーのような相談役が不可欠です。

チャイルド心理カウンセラー資格取得
チャイルド心理
ヘルスカウンセラーの
仕事内容
チャイルド心理カウンセラーは、幼稚園や保育園などの他に、学童保育施設や学習塾など、様々な施設で活躍できます。現代は、世帯の核家族化で、育児に関して世帯ごとに孤立してしまうケースが多くなっており、子育て不安を抱える親からの悩み相談を受け付けて、解決へアプローチしていくカウンセラーが必要です。子ども心理のプロとして地域の勉強会などで講師活動をすることも可能です。

子ども心理インストラクター

子ども心理インストラクターは、子どもの心の発達、家族や社会との関わりなど、子どもの人格形成に関する知識を習得しており、子育て世代に適切なアドバイスができる人です。
子どもは胎児期・乳児期から始まり、幼児期、学童期を経て、思春期までの成長の段階で様々な顔を見せます。親はその時々に応じて、子どもと適切なコミュニケーションを取って行く必要があります。しつけをしたり、叱ったりする場合にも、言い方に工夫が必要です。同じ内容のことを子どもに伝えるにしても、言い方ひとつで効果が全く違う場合があります。子ども心理インストラクターは、子供との円滑なやり取りのノウハウを熟知しており、一般家庭の子供の教育に関して助言ができるスキルを身に付けています。

子ども心理インストラクター資格取得
子ども心理インストラ
クターの仕事内容
子ども心理インストラクターは、幼児教育や子供の集団生活などへの不安を抱える親に対して、細やかな心のケアとともに、方法論やコミュニケーションの仕方を教えることができます。子育て世代の悩みを聞いて、子供との向き合い方をアドバイスして、幼児教育の手助けをすることが仕事です。活躍できる場は保育園や幼稚園、または親子教室や学校での相談員など、民間施設から公的施設まで、身近な相談相手としてそのスキルを活用できるでしょう。
資格を所有していれば、子育ての悩みなどの相談を受け付けるサイトを運営したり、記事を書いたりなど、幅広い分野でスキルを活かせるでしょう。

ホームヘルパー

ホームヘルパーは、高齢者や障がいのある方の自宅を決められた時間に訪問し、介護サービスと家事援助サービスを提供する仕事です。サービスの内容については、要介護者の状況により異なりますが、ケアマネージャーが利用者や家族と相談の上、決定しています。一般的には、食事や入浴、排泄、着替えや移動時などの身体介護支援と、調理、洗濯、掃除などの生活援助です。利用者本人だけでなく、家族への精神的ケアも行うなど、家族に介護に関する指導を行うことも仕事です。
生活援助の内容は、家事代行に似ている部分があるため、家政婦と混同されることがありますが、ホームヘルパーは介護が必要な方の生活を手助けするものです。たとえば、庭の草刈り、来客用の食事作りなどは含まれません。
なお、訪問介護の資格であった「ホームヘルパー2級」は廃止となりました。2013年度からは「介護職員初任者研修」と変更されましたので、介護保険上では「訪問介護員」と呼んでいます。
要介護者本人も大変ですが、介護する側の家族も外出できる機会が減ってくるので、気持ちが沈みがちになります。そこで、定期的に訪問してくれるホームヘルパーはもっとも身近で頼りになる存在といえるでしょう。

ホームヘルパー資格取得
ホームヘルパーの
仕事内容
ホームヘルパーは、利用者が住み慣れた自宅で安心して生活できるように、身体介護と日常生活の援助をする仕事です。身体介護は、日常生活に必要な動作をサポートするサービスです。主に食事、排せつ、着替えなどのサポ-ト、寝返りや起き上がり、歩行などの基本動作の介助を行います。自立生活支援のため、付き添いや見守りなどもこれらのサービスに含まれます。
生活援助では、家事や炊事などを支援します。本人または家族にとって困難な調理や掃除、洗濯、買い物などを支援します。生活援助は、あくまでも利用者本人の生活を援助するものであり、家族へのサービスを行うものではありません。
ホームヘルパーの仕事は決して楽ではありませんが、介護が必要な方の人生を豊かにするパートナーとなることで、やり甲斐を感じられる仕事でもあります。

保育士、幼稚園教諭

保育士、幼稚園教諭は、子どもが大好きな方に最適な職業です。保育園も幼稚園もどちらも未就学児を預かる施設であり、保育士も幼稚園教諭も、保育を中心に遊びや日常のお世話を通して仕事を進めます。
両者で異なる点はその目的にあるといえます。保育園は子どもを保育することが目的です。食事や着替えなどの補助、生活習慣を身に付けるお手伝いが主な仕事ですから、保育士は保護者の代わりといえます。一方、幼稚園の目的は教育です。たとえば、音楽などの情操教育も仕事であり、幼稚園教諭は学校と同じく先生といえます。
ただし、近年では幼稚園も延長保育や低年齢の子供の預かりを進めているところもあるため、幼稚園や保育園の違いというよりは、保育の方針が各施設により違うといえるでしょう。
保育士と幼稚園教諭のどちらになりたいか迷う方もいると思いますが、子どもたちと過ごす時間や内容、保育する子どもの年齢などから決めることがポイントです。出来るだけ定刻に帰りたい、土日は休みたいという方には幼稚園教諭の方が向いているといえます。体力に自信があり、子どもたちの世話が大好きで、特に赤ちゃんの世話をしたという方には保育園が最適な職場ではないでしょうか。

保育士、幼稚園教諭資格取得
保育士、幼稚園教諭の
仕事内容
保育士、幼稚園教諭では、預かる子供の年齢が違うので、保育時間も、活動の内容も違いますが、基本的に子どもを安全に保育することが仕事です。
保育士の仕事では、乳児から1、2歳の幼児の食事やオムツ替えなどの世話が忙しくなります。一人で何人もの世話をしなければならず、おんぶをすることもあり体力的にきつい仕事も多いです。幼稚園では3歳以上の子どもたちのお世話になるので、保育士よりは体に負担のかかる仕事は少ないといえるでしょう。
保育園では保育の合間に事務仕事を済ませるのが基本ですが、幼稚園では園児が帰った後に行います。また、幼稚園では行事やイベントがたくさんあり保護者も忙しくなりがちですが、保育園では保護者が勤めている方なので行事やイベントが少ないことが特徴です。

チャイルド心理受験生の声

チャイルド心理カウンセラー受験申し込み

チャイルド心理資格のチャイルド心理カウンセラーの受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

チャイルド心理カウンセラー
受験申し込み