人気資格ランキングTOP25 人気資格ランキングTOP25

人気資格ランキングTOP25

生活や仕事で役に立つ資格をお探しの方のために、人気の資格ランキングトップ25をご紹介します。
ご紹介する資格は、セラピーやカウンセラーなど心理系の資格です。
感情や体調を整える資格が中心のため、日常生活でも役に立つことでしょう。
占い系の資格についても解説しているため、何かを選択する際に背中を押してくれるものが欲しい方にはおすすめです。

「日常でも役立つ資格はないかな」
「趣味として気軽に学べる資格を探している」

このようにお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
1メンタル心理ヘルスカウンセラー®資格
  • メンタル心理ヘルスカウンセラーは、心の支えを必要とする人のためのスペシャリストです。
    カウンセリングと心理学の知識を活かし、問題を解決します。

    現代では仕事や家庭での精神的負担や孤独感などで、悩みを抱えている人が多くいます。
    そんな時、活躍するのがメンタル心理ヘルスカウンセラーです。
    悩みをヒアリングするだけでなく問題を分析し、相談者の適正に合わせて適切なカウンセリングを行います。

    家族や友人など身近な人の悩みに寄り添えるほか、資格を武器に仕事をすることも可能です。
    メンタル心理ヘルスカウンセラーが活躍する場所は多くあり、例えば病院・歯科医院・介護施設・学校などの業界で求人があります。

    仕事内容は相談者へのカウンセリングと、問題を解決するための方向性を示してサポートすることです。
    ストレスから起きる症状に対しては、症状別に治療を行います。

    相談者だけでなく、その家族のメンタルケアや医療従事者のメンタル面をサポートするのも仕事です。
    医師がフォローしきれない患者へのメンタル面の問題をサポートすることもあります。

    就業形態は社員・非常勤・パートなどがあるため、ライフスタイルに合わせて仕事ができる点も魅力です。

    カウンセリング能力とコミュニケーション能力が必要とされるため、人の話を聞く「聞き役」になりやすい方や普段から人の相談を聞くことが多い方にはぴったりでしょう。

    ただし、実力と経験が必要な仕事であるため、最初は十分な結果を出せないこともあります。
    資格取得後にメンタル心理ヘルスカウンセラーとして働きだしたばかりの方は、焦らず経験を積むことが重要です。
2チャイルド心理カウンセラー®
  • チャイルド心理カウンセラーは、胎児期から思春期までの子どもの悩みや問題を解決に導くスペシャリストです。
    子供の心理や発達を十分に理解しており、悩みや問題に対して適切にカウンセリングする技能や知識を持っています。
    子どもの成長と心理状態を分析し、親の対応をアドバイスできることが特徴です。

    チャイルド心理は子育てに活かせる心理学でもあるため、これからママ・パパになる方や現在子育てで悩みを抱えている方にもおすすめです。
    例えば子どもとお母さんの関係、子どもとお父さんの関係、家族構成によって子供の成長に与える影響や違いに関する知識も身につきます。

    「下の子が生まれてから様子が変化した」
    「ママとはうまく話せるけどパパとはコミュニケーションが取れない」

    このようなお悩みの解決の糸口も見つかることでしょう。
    そのほかにも行動やしぐさ・態度などの表現を心理的な観点から読み取ることもできるため、うまく自分の気持ちが表現できない子どもを理解してあげることもできます。

    現代は核家族化が進んで世帯ごとに孤立してしまうケースがあり、子育てに不安を抱える親が多くなっています。
    そうした親の悩み相談を受け付け、解決へアプローチすることがチャイルド心理カウンセラーの仕事です。

    資格を取得すれば家庭の問題を解決できるほか、さまざまな施設で活躍できます。
    例えば幼稚園・保育園・学童保育施設・学習塾などです。
    施設以外では、地域の勉強会の講師としても活躍できます。
3メンタル心理ミュージックアドバイザー®
  • メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、心身に対する音楽の作用を利用してストレスなどの問題を改善したり、心身の健康維持をサポートするスペシャリストです。
    音楽が与える効果を最大限に引き出し、さまざまな問題を解決に導きます。

    メンタル心理ミュージックアドバイザーは、音楽療法を利用します。
    音楽療法とはヒーリング効果を利用した施術方法で、脳や体のリフレッシュ・リハビリの一環としても取り入れられる方法です。
    個人に合った音楽を選択できるほか、就活でアピールしたり医療機関で役立てたりすることもできます。

    資格取得後は、メンタル心理ミュージックアドバイザーとして仕事をすることが可能です。
    仕事内容はカウンセリングと音楽療法のアドバイスで、セラピストやカウンセラーに近いといえるでしょう。

    常に相手と誠心誠意向き合う気持ちが必要になるほか、音楽療法の効果を説得力のある言葉で伝える能力も必要です。
    音楽という目には見えない力を用いてアドバイスするため、半信半疑な方も多いかもしれません。
    そのような方々の問題を解決するためにも、説得できるだけの話術や知識も必要だということです。

    しかし、音楽の感じ方は人により異なります。
    つまり、同じ悩みを持つAさんとBさんでもAさんには心地よい音楽に、Bさんには特に何も感じられない音楽に聞こえてしまうこともあるということです。

    個人に合わせて最適な音楽を選ぶためには、実践を重ねるだけでなく常に新しい知識を取り入れることも必要です。
    相手と誠心誠意向き合う気持ちも大切ですが、新しい知識に興味を持ち取り入れることも重要になります。
    こうした努力ができる人であれば、メンタル心理ミュージックアドバイザーに向いているでしょう。

    メンタル心理ミュージックアドバイザーが活躍する場所は、福祉や医療系の職場が多いです。
    多くの現場が就職先の対象となるため、ほかにも求人があるかもしれません。
4整体セラピスト
  • 整体セラピストとは心身ともにケアを行い、体のバランスを整えて総合的に改善を目指すスペシャリストです。
    資格を取得すれば整体院や整体サロンのほか、リラクゼーション効果が期待できるため介護施設や福祉施設、スポーツジムやフィットネスクラブ、マタニティ整体やキッズ整体専門店などで活躍できます。

    整体セラピストに必要な知識は以下の通りです。

    ・整体の歴史
    ・開業方法
    ・料金設定
    ・体表構造
    ・脳の作りと働き
    ・神経系や骨格系のつくりと働き
    ・人体の構成
    ・脊髄
    ・感覚神経
    ・自律神経
    ・中枢神経系
    ・末梢神経系
    ・感覚器系
    ・感覚神経
    ・視覚器
    ・聴覚器
    ・平衡器
    ・腕神経叢
    ・腰神経叢
    ・神経の構成
    ・血液の構成
    ・骨格の構成

    神経系に関する知識が多いほか、人体の構成にかかわる知識が必要であることがわかります。
    資格を取得すれば整体セラピストや講師として活躍することもできますが、リラクゼーションサロンなどで働いている方にもおすすめです。
    ほかのサロンとは異なったサービスを展開できるようになるため、差別化ができるでしょう。
5リンパケアセラピスト資格
  • リンパケアセラピストとは、効果的なリンパケアや症状別のリンパケアなどの知識を身につけたスペシャリストです。
    リンパの流れをよくする食材に関する知識も持っており、リンパケアによるダイエット・肩こり・小顔・腰痛・肌荒れなどのアドバイスができます。

    リンパケアは体内のいらない水分や老廃物の排出を促すため、美意識や健康意識が高い方に注目されている方法です。
    代謝の低下や血行不良、肩こりなどの体質改善が目指せるほか、むくみや肌のトラブルにも役立ちます。
    リラクゼーション効果も期待できるため、ストレスで癒しを求める方にもおすすめです。

    リンパケアセラピストの資格を取得すれば自分自身のケアができるほか、仕事にすることもできます。
    リンパケアセラピストが活躍する場は美容や健康に関する職場で、スパ施設やリンパドレナージュサロンやエステサロン、介護施設、医療現場などです。

    リンパケアは美容意識が高い若者にも注目されていますが、医療・介護施設にもニーズがあります。
    健康とリラクゼーションのためにリンパケアを取り入れる介護施設もあるため、資格を取得すれば世代・性別を問わず知識を活かせるでしょう。

    経験を積めば、独立してサロンを開業することも可能です。
    自宅やマンションの一室を利用してサロンを開業する人も多く、高額な設備投資が必要ないことから開業のハードルは比較的低いといえるでしょう。
6行動心理カウンセラー®
  • 行動心理カウンセラーとは、人の行動から気持ちを読み解くスペシャリストです。
    行動心理学の知識を身につけており、仕事だけでなくプライベートにも役立てることができます。

    人の何気ない仕草・態度・行動から心理状態を読み解く学問で、行動心理カウンセラーはその知識を活かして人の気持ちを読み解きます。

    人間関係の向上に役立てることもできるためビジネスの現場でも注目されており、研修に取り入れる企業も増えているようです。
    取引先や上司・部下と良好な関係を築きたいと考えている方は、資格の取得を目指してはいかがでしょうか。

    資格を取得すれば人間関係の悩みを解決に繋げられるほか、さまざまなビジネスシーンで活用できます。
    例えばカウンセラーとしてのスキルアップを目指せるほか、研修やセミナーの講師・コンサルタントとして活動することも可能です。
    家庭やプライベートに応用してもよいですが、こうしてビジネスに役立てて独立することも夢ではありません。

    また、苦手な人や初対面の人ともうまく付き合えるようになります。
    人によってコミュニケーションが取りにくいことがあるのであれば、行動心理カウンセラーの資格取得を通して人とうまく付き合う方法を模索してもよいでしょう。
7ピラティスセラピスト
  • ピラティスセラピスト
  • ピラティスセラピストとは、ピラティスの知識を扱うセラピストです。
    ピラティスとは姿勢・呼吸・骨盤矯正を基本としたエクササイズのことであり、筋肉を無理なくコントロールして使います。
    運動が得意でない方も安全に行えるため、年齢に関係なく行えるエクササイズです。

    ピラティスはエクササイズではありますが、体の不調を治す効果が高いと期待されているため、セラピーに繋がると考えられています。
    しかし、だれでも必ず効果が出るわけではありません。

    体の不調を治す目的でピラティスを取り入れる方も多いですが、体調に合ったピラティスでなければ思っている効果を感じられないこともあります。
    そこで活躍するのがピラティスセラピストです。
    個人の体調に合ったピラティスを指導することで、健康な体になるよう導きます。

    ピラティスセラピストがアドバイスするために必要な知識はピラティス特有の呼吸法はもちろん、心のコントロール法や睡眠・食事・姿勢などです。
    知識が身につけば自分の体調管理もしやすくなるため、健康を維持したい方にも向いているといえます。

    独学でも勉強できますが、資格を取得すれば講師としての活動も可能です。
    自宅やカルチャースクール・地域の教室で活躍し、ピラティスを通して健康的な生活を送れるよう指導できます。

    最近ではオンラインサロンや動画投稿が人気のため、リモートで活躍するのもよいでしょう。
    自分が好きな時間に仕事ができるため、ライフスタイルに合わせて仕事をしたい方にもおすすめです。
8福祉心理カウンセラー
  • 福祉心理カウンセラーとは、福祉と心理学の知識を活かして活躍するスペシャリストです。
    福祉の現場で活躍し、ストレスが起因する情報を見極めて症状に合った改善を行います。

    福祉心理カウンセラーとしての仕事は、悩みや不安のヒアリングと解決に導くことです。
    例えば子育て疲れのシングルマザー、孤独な高齢者の問題などを見極めます。
    ヒアリング能力だけでなく、状況を分析し解決に向けてアドバイスする能力も必要です。

    近年では、産業カウンセラーやスクールカウンセラーなどの専門的なカウンセラーの需要が高まっており、福祉心理カウンセラーもその一つです。
    一人暮らしの高齢者の中には心の病を抱える方も多いため、そうした高齢者をサポートしたり医療機関で医師と患者の間に立って心理面をフォローしたりする役割もあります。

    福祉心理カウンセラーが活躍できるシーンは医療機関や福祉施設、教育機関などです。
    職場によって求められることが異なるケースもあるため、それぞれにあった予備知識も必要でしょう。

    似たような仕事には福祉心理アドバイザーがあります。
    福祉の現場でカウンセリングをして指導者として活動する人のことです。

    アドバイザーとして人に教えることが重要となり、教育者としての指導力が問われるため、福祉心理カウンセラーの資格取得後にキャリアアップを図りたいのであれば、こちらの資格もよいでしょう。
9風水鑑定士
  • 風水鑑定士とは、風水における視点から住宅を鑑定できる人のことです。
    方位などに当てて吉凶を占う八卦や、五行などの知識を活かして鑑定します。

    風水を使って美観を保つレイアウトを提案できるだけでなく、運気を上昇させるアドバイスも可能です。
    伝統的な風水の知識を使うため、風水に興味がある方や生活の質を上げたい方には向いているといえるでしょう。

    風水は環境学でもあり、日本でも古くから利用されています。
    例えば家を建てる際の位置や方角・時期・間取りなどです。
    そのため、風水鑑定士はマイホーム建築時に活躍することもあります。

    風水鑑定士の仕事は、気持ちよく暮らすために物の置く場所や色彩について手助けをすることです。
    自身の生活に役立てることはもちろん、住宅関係やインテリアに関わる仕事で活躍する方もいます。
    また、占いの仕事をしている方の中には風水を併用することもあるようです。

    建築やインテリアといった業界でコンサルタント的な活動を行うため、収入は人並みかやや高めの傾向があるようです。
    現在建築やインテリア関係の仕事をしている方は、スキルアップのために資格を取得してもよいでしょう。

    風水鑑定士とよく似た資格には、風水セラピストがあります。
    風水の知識を活かして相談者の問題を解決するため、カウンセリングが主となる仕事です。

    悩みを傾聴し、その解決に風水の概念を取り入れてアドバイスする点が風水鑑定士と大きく異なる点でしょう。
    風水の知識を合わせてカウンセリング能力が必要になるため、風水鑑定士の資格取得後に「もっと活躍の場を広げたい」と思った方は取得を目指してもよいかもしれません。
10姓名鑑定士
  • 姓名鑑定士
  • 姓名鑑定士とは、名前の画数や発音を陰陽五行にあてはめ、性格や人生のほかさまざまな運を占う人のことです。
    名前から占える手軽さが人気の姓名診断は人気がとても高く、姓名鑑定士も占いの1つとして注目されています。

    姓名判断は人の性格や人生・さまざまな運について占えるため、姓名鑑定士になれば自身のことはもちろん他人のことも占えます。
    何かを決断する際のひと押しや、何かに悩んでいる人を手助けするためのアドバイスもできるでしょう。

    資格を取得して姓名鑑定士になれば、プロの占い師としての活動が可能です。
    特殊な道具が必要なく、方法を覚えれば名前さえあれば占えます。

    独立して講師活動を行う方もいますが、近年ではインターネットやSNSを通じたオンラインの占いも人気です。
    在宅で可能な仕事でもあるため、ライフスタイルに応じて仕事の時間を自由に変えられることもできます。

    オンラインに特化すれば店舗を構える必要もありません。
    すでに占い師として活躍している人は今後の幅を広げるために、占いに興味がある方は趣味として姓名鑑定士の資格を取得するのもよいでしょう。