占いによってその日1日の気分が上がったり下がったりと、気分が左右されることはよくあります。特に女性は占いが好きで信用している方が多く、手相占いもその1つです。手相占いは、見方によって様々な結果がでるようですが、男性と女性によって見方に違いはあるのでしょうか。女性ならではの手相の見方について説明をしていきます。

女性の手相はどちらの手で見るか

手相を見てもらったことがある方は、どちらの手を見てもらったでしょうか。男性と女性によって手相を見てもらう手は違うのか、どちらの手を見てもらうかなどを説明します。

男女の差なく両手を総合的に見るという考え方が主流

手相は、左右の両手が全く同じということはほとんどありません。また、手相が生涯ずっと同じということもなく、環境の変化や心境の変化などによっても少しずつ変わってきます。

例えば手相の変化を追っている場合では、どちらの手の手相がどのように変化してきたかなどを鑑定する必要があります。また後ほど説明しますが、右手と左手ではそれぞれに意味があるため両手を見て総合的に鑑定することが必要になってくるのです。今はほとんどの方が両手を見て、鑑定をします。

基本的な見方(右手の意味、左手の意味)

昔から右手は「現在」、左手は「過去」とよく言われていました。要は、右手は、現在までに努力や苦労したこと自らが得た知識などが表れ、現在のことだけではなく未来のことも手相として表れます。

左手は、生まれつきの才能や性格、本質的なところなどが表れ、その人自身の性格や運勢が手相として表れます。一般的にはこのような考え方をする方が多いですが、実は一概には言えず、利き手によって左右のどちらかを「現在」、もう一方を「過去」と考えるのか分ける方もいます。

また、無意識に両手を組んでもらい、右手が上に来たら右手を「過去」、左手を「現在」などと考える方もいます。左右の捉え方も人それぞれなので結局は、先ほども説明した通り、両手を見ての総合鑑定が必要になってくるのです。

流派によって違いはあるので注意(女性の手相は右手、男性の手相は左手の説あり)

先ほどのように右手と左手の意味は、捉え方によって異なるだけではなく、流派によっても異なります。例えば、東洋の考え方では、男性は陰陽の陽として太陽が昇る東を左手とし、逆に女性は陰として太陽が沈む西を右手とし、男性は左手、女性は右手とされてきました。この考えは時代や国によって変化してきているので一概には言えません。

女性の結婚線の見方

女性にとって結婚は、憧れです。時期はいつになるか、出会いはいつか、今のパートナーとはどうなのかと気になることが多いはずです。現在の手相でどのように表れているかと結婚線でわかる見方を説明していきます。

結婚線とは

まず、結婚線の場所は、感情線と小指のつけ根の間にある側面から出ている横線のことです。そして結婚線からわかる内容は、「結婚の有無や時期」「結婚生活はどうか」などがわかると言われています。結婚だけに限らず出会いや恋愛などについても表れます。

女性にとっての結婚年齢の見方

小指のつけ根と感情線の間を4等分し、下から20歳、30歳、40歳として結婚線がどの年齢近くにあるかで時期を予想します。

結婚線がすでに年齢を過ぎていたとしても落ち込む必要はなく、以前の時期よりも結婚を意識する相手にまだ出会えていないか、結婚への関心が少なくなっている可能性があるだけです。結婚線も変わることがあるので前向きに捉えてみてください。

結婚線と結婚の回数

結婚線は1番太い線を見ますが、同じ太さ長さの結婚線が何本かあった場合について説明します。

・何もない0本の場合
結婚できないわけではなく結婚に対して興味関心がありません。結婚は今ではなくあとで良いと思っています。
・2本、3本の場合
その回数結婚をするか、その人数結婚を意識する人が現れるかもしれません。
・4本以上の場合
その回数結婚をするか、結婚を意識する人がたくさん現れて結婚に結びつかない可能性があります。結婚よりも恋愛向きかもしれません。

女性の生命線の見方

生命線と聞くと、健康状態や長生きできるかなどを主に見ると思いますが、女性の場合は少し違うので詳しく説明していきます。

女性にとっての生命線の意味(出産や子宝も生命線で見る)

まず生命線の場所は、親指と人差し指の間から弧を描いたように伸びている線のことです。もちろん健康状態や寿命などもわかりますが、女性の場合は出産や子宝も見ることができます。生命を途絶えさせないために子孫を残すということではないでしょうか。

二重生命線

生命線が二重になっている場合、生命力が強くパワーに溢れ子宝にも恵まれやすいです。時には双子を妊娠する場合もあります。また、病気になってもそれを乗り越える強さを持っています。生命線が三重になることもあるようで、その場合はさらに生命力が強くなり、多くの子宝に恵まれることでしょう。

支線がある

支線とは、生命線の本線から外れ枝分かれしたような線のことです。弱々しく垂れて薄い支線がある場合は、体調不良や生理不順などを意味します。ゆっくり休むことや寝る暇がなく、心身ともにストレスを受けて疲れている状態でしょう。しかし、勢いがよく濃い支線の場合は特に問題ないことが多いです。

外側に切り替わっている

生命線が途中で切り替わっている場合は、見た目の通りに生命力に溢れた状態です。子宝にも恵まれやすく、心身ともに健康な状態であると言えます。病気も跳ね除けるパワーが内側から溢れ出すので健康なだけではなく、明るく幸せなパワーも溢れ出します。

女性の感情線の見方

感情線は、感情のみに特化した線ではありません。実は、感情線から様々なことがわかるので感情線についても詳しく説明していきます。

女性にとっての感情線の意味

まず、感情線の場所は、小指の下から人差し指と中指の間に向かって上に弧を描くように伸びている線です。感情線からは、感情表現の豊かさや心の状態、また恋愛面や性格などがわかります。恋愛や性格も分かるのは意外かもしれませんが、恋愛も性格も感情が伴っているものなので影響があるのでしょう。

感情線の長さや綺麗さ

感情線が長い方は、感情表現が豊かで甘え上手、恋愛を楽しむタイプの方が多いです。一方で短い方は、感情を表に出さずに恋愛よりも自分の時間を楽しみたいタイプです。感情的にならずに冷静かつ客観的に物事を見ることができます。

感情線の状態が弧を描いている方は、物腰が柔らかく優しい印象です。また弧を描いて上に伸びる線は、愛情が湧き上がっていることを意味します。真っ直ぐの線は、感情表現が苦手で冷静沈着な印象です。落ち着いており、切り替えが得意です。

感情線が切れていたり、分かれていたり、二重になっていることもあります。切れている線は、感情のコントロールが苦手で怒りやすくなります。支線のように分かれている線は、恋愛感情が他の人にも向いている証拠で揺らいでいる状態です。そして二重になっている線は、熱く情熱的なタイプです。

このように感情線は、自分では気づいていない感情や恋愛、性格を明らかにしてくれます。

女性の丘の見方

手相占いは、手の平の線だけではなく手の平の丘を見て占う方法もあります。手の平の丘とは、手の平には丘と呼ばれる区切りがあります。丘のどの部位が発達しているか、窪んでいるかで鑑定することができるのです。

丘は、場所が決まっており、それぞれ名称や意味があるので、自分の手の平と照らし合わせてみてください。今から紹介する金星丘と月丘は、特に女性が発達していると幸せになれると言われている場所になります。

金星丘が発達している

親指のつけ根の近くであり、丘のなかでは広範囲な部分になります。金星丘が発達していると家族に恵まれており、幸せな家庭を築くことができます。たくさんの愛情を受け、愛情を与えることもできます。子宝にも恵まれるでしょう。

月丘が発達している

金星丘と反対の小指の方であり、手首の上近辺にあります。月丘が発達していると想像力が豊かであり、直感力にも優れています。また芸術的なセンスがあります。そのような仕事をしている方は、新たなアイデアが浮かびやすく、成功を収めることができるでしょう。

女性にとって手相の見方のまとめ

手相の見方について男女差はなく、流派や鑑定する人によって変わりますが、今は両手が主流になっています。手相には、結婚線や生命線、感情線、丘など様々あり、そこから鑑定できることが多く、女性ならではの鑑定ができることも面白いですよね。手相に興味がある方は、ぜひ一度占ってみてはいかがでしょうか。