リンパケアセラピストになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

日本メディカル心理セラピー協会リンパケアセラピストになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

記事作成日:2023.06.05
リンパケアセラピストになるには?必要な資格や仕事内容を解説!

リンパケアセラピストとは、リンパをマッサージすることで心を癒し、身体の症状も改善させるオイルマッサージのプロです。身近にいる家族を癒したい!またはリンパケアを仕事にしたいと思う人も増えてきました。
リンパケアセラピストになるには、資格は必要ありませんがリンパケアや人体に関する知識と技術は必要です。お客様の要望に応えることは、セラピストとして大切なことです。
今回は、リンパケアセラピストの仕事について詳しくご紹介しましょう。

目次

リンパケアセラピストはどんな仕事なの?

多くの女性が悩まされているのが足や顔のむくみです。むくみが酷くなると痛みを伴ったり、治りにくくなるといわれています。

そのため自宅で足をもんだりマッサージをする女性も少なくありません。座りっぱなし、立ちっぱなしの仕事をしている女性は、リンパマッサージに通っているかもしれませんね。 数あるマッサージの中でもリンパの流れに特化したリンパマッサージを行うのが、リンパケアセラピストです。 むくみやすい足をはじめ、鎖骨や顔など、リンパケアセラピストは症状別に応じたその人にベストなリンパケアを行います。 技術を伴わないリンパマッサージでは、力任せにぐいぐい押してしまいがちですが、リンパケアセラピストのリンパケアは、さすったり撫でるような施術です。 優しくさするだけのマッサージで、本当にむくみが改善するのかと感じる人も多いでしょう。 しかしリンパは皮膚のすぐ下を走っており、リンパケアセラピストの施術だけで充分スムーズに流れます。 またリンパケアセラピストはリンパの滞っている場所をプッシュする、いわゆるツボ押しを行い、一気にリンパの流れを良くする施術も行います。 リンパケアセラピストは痛気持ち良い程度の力で施術するため、あらゆる世代の人へのリンパケアが可能です。 リンパケアセラピストの仕事内容や働き方とは? むくみは放っておくと痛みを生じるケースもあるため、酷くなる前に早めの処置が必要です。 セルフケアも可能なリンパケアセラピストは、家族やサロンの会員、入院患者さんのむくみもケアできる、リンパケアのスペシャリストです。
リンパケアセラピスト資格はこちら

リンパケアセラピストになるにはどうすれば良い?

日常的に起こるむくみは、日頃運動などで解消されていきます。しかし痛みを伴う場合は、誰しもその個所を自然に押したり揉んだりはしているでしょう。

リンパマッサージは今では周知のケア方法となっており、書店でも専門書がたくさん販売されています。 専門書でなくとも、雑誌の特集などにリンパマッサージや「小顔になるためのリンパの流し方」などを組まれている場合があります。 リンパケアセラピストとは?なるための方法や働き方について解説 そのため多くの人はサロンへ行かずとも、本や雑誌などで一度はリンパマッサージやリンパを流す方法を目にしたことがあるかもしれません。 専門書や雑誌で紹介されているリンパを流す方法をそのまま実践している人は、リンパケアセラピストにすぐになれそうに思われるかもしれません。 ただし、素人判断でリンパケアできるのは、ふくらはぎや足の裏、首やデコルテなど、限られた部分に留めたほうが良いでしょう。 リンパの詰まりやすい鎖骨のくぼみや、膝の裏なども、素人でも見つけやすい部分です。 それらをマスターしたといっても、本格的にリンパケアセラピストとして独り立ちするには、もう少し知識が必要! 実は人間の体には、網の目のようにリンパが張り巡らされています。リンパケアセラピストとしては、体の内側のリンパや、流れの向きなどを全て熟知する必要があります。
リンパケアセラピスト資格はこちら
リンパケアセラピストになるにはどうすれば良い? リンパケアはリンパの流れに沿って行うのが基本です。リンパの流れの向きや、リンパの滞りやすい箇所、症状によって異なる施術を行えるのが、リンパケアセラピストです。 またリンパケアセラピストは施術法だけでなく、むくみにくい・むくみやすい食材の知識も習得する必要があります。 様々な角度から患者さんへアプローチできるのが、リンパケアセラピストと言えます。 そのため、独学では取りこぼしてしまう知識や技術もあるでしょう。 そこで活用したいのが、リンパケアセラピストの専門学校や今流行りの通信講座です。 専門学校では実際に二人一組になって施術を行ったり、技術を磨けます。通信講座のメリットは、自宅にいながらでも勉強ができて、資格を取れることでしょう。 素人では難しいリンパの流れや食材の知識を身に着けて、患者さんに安心安全のリンパケアを行うのであれば、学校へ通ったり通信講座を利用するのが一番の近道ですね!

リンパケアセラピストはどんな仕事をしているの?職場は?

リンパケアセラピストはリンパの流れを良くすることで、症状を改善に導きます。 疲れた足のむくみから、肩こり腰痛まで、幅広い悩みに対応できるため、職場の範囲も広いです。 リンパケアセラピストの職場と、職場に応じた仕事内容をご紹介しましょう。リンパケアセラピストとは?リンパケア資格や難易度・取得方法・活躍の場紹介

3-1リンパマッサージ店・エステサロン

リンパマッサージやリンパドレナージュの専門店は年々増えています。独自性を出すためにアロマを使用したり、特別なエッセンシャルオイルを使用する専門店が多いです。

会員の悩みに応じた施術が可能なリンパケアセラピストは、マッサージやリンパドレナージュの専門店で活躍できます。 どちらもリンパケアの専門知識が必要なお店で、いたずらにぐいぐい押すようなリンパマッサージとは異なるものです。 リンパを撫でるように流し、全身のボディマッサージから会員の悩みに応じた箇所へ集中的なアプローチを行います。 ふくらはぎが気になる女性でも、施術を受けると1~2㎝細くなるという即効性があるのもリンパケアの魅力です。 多くのエステサロンでもリンパケアは取り入れられており、すっきりスリムと同時に施術されている側も気分をリフレッシュされます。 多くの女性の美を陰ながらサポートできるのが、マッサージ店やエステサロンでのリンパケアセラピストです。

3-2医療現場・施設

美容とはかけ離れていますが、医療現場や施設でもリンパケアセラピストの需要は多いです。

医療現場や施設では、手術直後や寝たきりで介護が必要な患者さんも大勢います。 寝たきりだと足がむくみやすく、また楽な姿勢を取っていてもどこかしらリンパが滞り、痛みを訴える人も少なくありません。 リンパケアセラピストは患者さん個人個人の痛みを和らげるために、ピンポイントでリンパケアを行えます。 足がむくんでいる患者さんに対しては、ふくらはぎから足首までのリンパケアを、または腕のケアの必要もあるでしょう。 同じ体勢を続けていると首や肩も痛むため、首周りのリンパケアも必要になります。 介護が必要な高齢の患者さんは筋力が衰えているため、よりリンパの流れが悪くなっている場合もあります。 定期的なリンパケアと同時に、個人個人に合った運動プログラムの提案を行うのも、リンパケアセラピストの仕事の一つです。 ベッドの上でも患者さんが心地良く過ごせるために、リンパケアセラピストは自らの施術でサポートしていきます。

3-3美容アドバイザー

リンパケアセラピストは正しいリンパケアを世の中に発信する美容アドバイザーとしての活動も可能です。

雑誌や専門書で紹介しているリンパマッサージは、ほんの一部分にすぎません。 悩みの症状に応じた適切なリンパケア法を、初心者でも分かりやすいようにSNSなどで発信するアプローチもあります。 カルチャースクールにおける生徒へのレクチャーや、SNSなどで多くの人と繋がり、講演会も開くという道もあるでしょう。 またリンパケアセラピストはむくみにくい食材や、逆にむくみやすい食材の知識なども身に着けられます。 実際のリンパケアの方法と同時に、体を内側からケアする方法として、むくみにくいメニューの紹介なども可能です。 美容アドバイザーとして、実際の施術と共に食事など、内面からの女性の美しさをサポートするのも楽しいですよね。

3-4独立開業

リンパマッサージやリンパドレナージュの専門店を開業したい人も、リンパケアセラピストの資格を取得するのに向いています。

開業したばかりは、多くのセラピストを雇うのが難しいこともあり、自身でリンパケアセラピストとして会員の施術を行うことから始めるケースが多いです。 リンパケアセラピストと経営の知識はまた別物ですが、経営者がリンパケアの知識を知っていると、所属しているセラピストの気持ちを理解した運営ができます。 リンパケアと共に食事指導もできるマッサージ店として開業すると、他店との差別化も図れるかもしれませんね。 またマッサージでなくエステサロンを既に開業している人も、エステにリンパケアを取り入れられるので、資格の取得によって、会員に対しての幅広いアプローチが可能です。

リンパケアセラピストの素質がある人とは?

リンパケアセラピストの素質がある人とは?

既にマッサージ店やエステサロンで働いている人は、ある程度スキルを身に着けているでしょう。 リンパケアセラピストとしてやりがいを感じられる、向いている人とはどんな人なのか、ご紹介します。

女性で美容に関心がある人は、誰しもリンパケアセラピストに興味があるのではないでしょうか?雑誌で読んだリンパケアを、一度試したことがある女性は多いはず。リンパケアセラピスト資格!おすすめ10選・メリット・取得方法

そんな中でも、とりわけ現在マッサージ店勤務であれば、リンパケアセラピストとして一層腕に磨きがかかります。 リンパマッサージやリンパドレナージュの専門店では、リンパケアセラピストのスキルがあると、勤務時により優遇されるでしょう。 最初から教える必要もなく、最初からリンパケアの知識とスキルを持っているリンパケアセラピストは、即戦力になります。 現在マッサージ店勤務であれば、より腕に磨きがかかり、効果的な施術を行えるはず。 施設に勤務している人なら、寝たきりや介護が必要な高齢者へのリンパケアを行えるでしょう。 体力仕事が多い施設勤務ですが、リンパケアは力任せのマッサージではないため、体力要らずで高齢者からも喜ばれます。 あるいは自分磨きのためにリンパケアセラピストの資格を取得するのもおすすめです。 リンパケアセラピストの取得によって、セルフメンテナンスも可能です。いつでも手軽に自宅でマッサージが可能ですよ! もちろん、他の女性の美をサポートするために、カルチャースクールで指導や講師を目指す人もおすすめです!

リンパケアセラピストの代表的な資格をご紹介!

リンパケアセラピストになるにはどうすれば良い?

ほっそり足や肩こり腰痛など、個人個人の悩みをリンパケアで解消するリンパケアセラピストには、どのような資格があるのでしょうか。リンパケアセラピスト資格とは?難易度・取得方法・活躍の場紹介

代表的な資格をご紹介します!

上へ戻る