夫婦心理カウンセラー®資格認定試験

夫婦心理カウンセラー®資格認定試験

夫婦心理カウンセラー®資格認定試験

夫婦心理カウンセラー®資格認定試験

夫婦心理カウンセラー®とは、夫婦関係や家族関係の問題解決や関係構築などに関して、正しい知識を持ち、適切なアドバイスやカウンセリングを行うことができることを認定する資格です。
夫婦間の浮気、離婚、失業や失職、浪費癖、DVなどの家庭内暴力、別居、精神的DV、経済的DV、アダルトチルドレン、夫婦と子どもとの関係、束縛や過干渉などの問題に対して正しい知識を持っていることが必要になります。
また、夫婦間の問題が子どもに与える影響や、子どもの抱えるいじめや進学、学校、勉強、親子関係などの問題とのかかわり方などについての正しい理解と知識も必要になります。夫婦や家族専門のカウンセラーとして活動することもできる資格です。

夫婦・家族心理カウンセラーは、夫婦心理カウンセラー®へ資格名称変更になりました。

当協会指定の認定講座を受講する

資格検定試験概要

EXAM SUMMARY
EXAM CONTENTS

資格検定試験内容

  • 夫婦関係の問題解決・関係構築
  • 家族関係の問題解決・関係構築
  • 夫婦間の問題が子供に与える影響
  • 子供と親の関わり方
  • 環境変化のポイント
EXAM DETAIL

資格検定試験詳細

受験資格 特になし
受験料 10,000円(消費税込み)
受験申請 インターネットからの申込み
受験方法 在宅受験
合格基準 70%以上の評価
検定試験日程 以下参照

資格検定試験日程

EXAM SCHEDULE
2024年6月資格検定試験
試験期間
2024年6月20日〜25日
答案提出期限
2024年6月30日必着
受験申込み期間
2024年5月1日〜31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2024年7月20日
2024年8月資格検定試験
試験期間
2024年8月20日〜25日
答案提出期限
2024年8月30日必着
受験申込み期間
2024年7月1日〜31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2024年9月20日
以降の試験日程
2024年10月資格検定試験
試験期間
2024年10月20日〜25日
答案提出期限
2024年10月30日必着
受験申込み期間
2024年9月1日〜30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2024年11月20日
2024年12月資格検定試験
試験期間
2024年12月20日〜25日
答案提出期限
2024年12月30日必着
受験申込み期間
2024年11月1日〜30日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2025年1月20日
2025年2月資格検定試験
試験期間
2025年2月20日〜25日
答案提出期限
2025年2月28日必着
受験申込み期間
2025年1月1日〜31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2025年3月20日
2025年4月資格検定試験
試験期間
2025年4月20日〜25日
答案提出期限
2025年4月30日必着
受験申込み期間
2025年3月1日〜31日
受験票
試験問題
解答用紙発送日
随時
合否発表日
2025年5月20日
夫婦心理カウンセラー®資格認定試験を受験希望の方
心理カウンセラー資格の夫婦心理カウンセラー®資格認定試験の受験を希望される方は、こちらからお申込みください。

資格が活かせる職業

WORKING

夫婦心理カウンセラー®

夫婦心理カウンセラー®

夫婦心理カウンセラー®は、夫婦間の問題や家族関係の問題に対しての知識があり、問題を抱えている家族にカウンセリングを通して適切なアドバイスができる人です。夫婦間の問題では、浮気や浪費癖、DVなどが多く、夫婦間の問題が子どもに影響することもあります。また、いじめや進学、親子関係などで悩んで家庭内で悩みを打ち明けられない状況の子どもも少なくありません。
ストレスの多い現代社会では、コミュニケーション不足も大きな心の問題の要因となっています。家族との関係性が良好であれば、家族ひとりひとりの問題も解決しやすく、心の問題が軽減されるでしょう。家族の問題を解決すると、社会での生活にもスムーズに対応できるはずです。夫婦や家族間のことを誰かに相談するのは、抵抗があるかもしれません。しかし、1人で抱え込まずに、悩みをだれかに聞いてもらうことが大切です。そんなときに相談できるカウンセラーとして、夫婦間や家族間の問題に対する基礎知識やさまざまな実例を知っていて、適切にアドバイスできる夫婦心理カウンセラー®は頼りになる存在といえるでしょう。

夫婦心理カウンセラー®の仕事内容

夫婦心理カウンセラー®は、夫婦間や親子間の悩みや子育ての悩み、嫁姑関係や親の介護の悩みなど、家庭内で起こるさまざまな問題を抱える人の相談にのって、適切なアドバイスをすることが仕事です。心理カウンセラーとして活躍できる場所は、医療、教育、福祉などの分野が中心になるでしょう。また、実績のあるカウンセラーが自身でインターネット上にサイトを開いて、家族問題のカウンセリングを受け付けているケースも多数見られます。サイトにもよりますが、カウセリングは対面、出張、電話、Skypeなどから相談者の希望の相談方法を選択できます。家族問題をカウンセリングする仕事ですから、カウンセラー自身も結婚や子育てなどの経験のある人が望まれるでしょう。

心理カウンセリングインストラクター

心理カウンセリングインストラクター

心理カウンセリングインストラクターは、夫婦・親子が抱えるさまざまな問題を解決するためのサポートをするプロとして、十分な知識やカウンセリング方法を身に付けています。結婚や妊娠、出産などのライフイベントに伴う家族関係の変化、環境が大きく変わる離婚や再婚などの状況を的確に判断し、対処法をアドバイスできる知識と技量が必要です。家族問題の心理カウンセリングインストラクターに問われる相談内容は、夫婦間のコミュニケーション不足への解決方法、離婚に必要な法的な手続き、DVなどの深刻な問題への対処方法など幅広いので、カウンセリングインストラクターとしても人生経験が豊富な人、多様な実例を扱った人がインストラクターにふさわしいといえるでしょう。

心理カウンセリングインストラクターの仕事内容

心理カウンセリングインストラクターは、結婚や夫婦生活、親子関係に問題を抱えている方の不安の根源を少しでもなくすサポートをしてあげる、やりがいのある仕事です。相談者の話を聞く技術はカウンセラーとして最も大切な部分ではないでしょうか。問題点を理解した上で解決策を提示していきます。家族間の問題を解決するカウンセラーの仕事のほかに、カルチャーセンターなどで講師として活動することも可能です。

社会福祉士

社会福祉士

社会福祉士は、福祉サービス全般の知識と技術を習得している専門職です。難関な国家資格でもあり、多くの生活相談員などが社会福祉士の資格を取得しています。身体・精神上の障害がある方や、高齢者、日常生活を営むのが困難な方の福祉についての相談に対応し、助言や指導、サービスを提供します。
相談内容は、勤務する場所により様々であり、呼び方も異なります。高齢者施設などで働く社会福祉士は、「生活相談員」や「支援相談員」と呼び、病院の場合は「医療ソーシャルワーカー」と呼びます。
社会福祉士は、福祉社会を支える存在として高く評価され信頼も得られます。在宅ケアサービスや有料老人ホームが充実し、社会福祉士のニーズが高まってきていますが、有資格者は現状では不足気味です。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士は、行政機関から民間企業まで仕事の範囲は多岐にわたります。幅広い職場で、多様な活躍の道があります。高齢者や身体・知的障がいのある方などの相談にのり、相談者の状況に応じ適切な支援を行います。また、行政や医療機関などをつなぐ役目もあります。勤務する職場としては、社会福祉施設等が最も多く、その他では医療機関、行政機関、社会福祉協議会などが代表的です。
社会福祉士が相談を受けて指導する対象者は、高齢者から子どもまで幅広いため、活躍する場も、介護や福祉、医療などさまざまです。そのため、病院などの医療機関から児童福祉施設や障がい者施設などに活動の場を移すことも可能といえます。

ケアマネージャー

ケアマネージャー

ケアマネージャーは、介護保険法に基づいて、介護や支援を必要とされる方や家族から相談を受け、介護サービスを受けるための支援をする仕事です。介護保険制度上では、「介護支援専門員」と呼ばれます。
はじめて介護サービスを利用する方に心身の状況に応じたケアプランを作成し、当事者と家族、介護関係者、医療関係者が一同に集まる担当者会議でプランを検討します。要介護度が変わるなど、ケアプランの変更が必要なときには、プランについて検討し、調整するのも大切な仕事です。ケアマネージャーは、介護サービスを実施するために、サービス事業者との連絡調整も行います。
介護職に就くと、まず介護職員初任者研修をスタートさせ、実務者研修、介護福祉士という順でレベルアップしていき、次のステップでケアマネージャーを目指す人が多いようです。なおケアマネージャーの仕事は、利用者と面談したり、連絡調整をしたり、計算をしたりなど、デスクワークが多めです。基本的に勤務時間も日中ですし、勤務時間の自由度は比較的高めといえるでしょう。

ケアマネージャーの仕事内容

ケアマネージャーは、市町村から委託を受けて、介護サービスを希望する方の自宅を訪問し、心身の状態を確認することが最初の仕事です。また、手続きの書類作成も代行して行います。これらの一連の業務を要介護認定業務と呼んでいます。
次に行うケアプランの作成業務はケアマネージャーしかできない大切な業務です。目標を設定した上でプランを作成しますが、わかりやすく言うと介護サービスについてのスケジュール表といえます。介護サービスはケアプランに沿って行い、要介護者の自宅を定期的に訪れて、健康状態はどうか、目標達成できているかなどを評価します。要介護者の家族の相談にも乗り、助言するのもケアマネージャーにとって大切な仕事です。

受験生の声

VOICE
夫婦心理カウンセラー®資格認定試験を受験希望の方
心理カウンセラー資格の夫婦心理カウンセラー®資格認定試験の受験を希望される方は、こちらからお申込みください。

当協会指定の認定講座を受講する

よくあるお問い合わせ

FAQ
夫婦心理カウンセラー®資格のテキストの販売はしていますか?
当協会は夫婦心理カウンセラー®資格試験を実施しており、テキストの販売は行っておりません。
夫婦心理カウンセラー®資格試験を考えていますが、資料などありますか?
資料はご用意がございません。夫婦心理カウンセラー®資格試験概要をご確認ください。
認定カードと認定証は有料ですか?
はい、各5,500円にて発行しております。詳細は資格認定制度をご参照ください。
PETIT COLUMN

夫婦・家族心理について

夫婦・家族心理について

夫婦・家族心理は、人が生まれ育ち、人生を過ごす家族という生活の基盤の中で起こりやすいさまざまな問題と向き合うために必要な知識です。時代の変化とともに夫婦それぞれが仕事を持つ生活スタイルも珍しくありません。そんな日常の慌ただしさの中、DV、モラルハラスメント、不倫など、夫婦間のトラブルも多様化してきています。夫婦として良い夫婦関係を育くむには、どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか?結婚生活でだれしも一度は夫婦関係で悩むことがあると思いますが、そんなときに心理学の知識があり、また心理学の知識のある人に相談できる環境があれば、無理なく危機を乗り越えて、健やかな夫婦関係を維持することができるでしょう。
夫婦の心理だけでなく、父親、母親、子供という家族の心理面でもお互いにどのように作用しているか学ぶことが必要です。家庭内の問題は深刻化するケースもあります。そんな時に、家族のメンバーそれぞれが自分の役割を理解でき、調整できると、家庭の機能を維持していくことができます。生活の多様化と共に、家族構成も昔と比べるとかなり変化してきており、家庭内でストレスを抱える児童も増えています。さらに、近年は虐待を受けている子供たちの悲惨なニュースが耳に入ってきます。安心できる居場所の家庭で子どもも母親も父親も苦しむことなく、家族全員が充実した生活ができるように、夫婦・家族心理について学ぶことが求められています。

PETIT COLUMN

夫婦・家族心理とは

夫婦・家族心理とは

夫婦・家族心理は、家庭のある全ての人に役立つ知識です。夫婦・家族心理を理解していると、結婚したばかりの若い夫婦でもしっかりと絆を保つことができるでしょう。夫婦の問題、親子でのけんか、子供の反抗期に伴う問題など、家族間で起こるさまざまな問題はどんな家庭にも存在します。時には深刻な問題にまで発展すると、夫婦の場合は別居や離婚といったことを経験することもあり、反抗期の子どもへの対処を間違えると、悲惨な事件を起こすこともあります。近年は特に、子どもが親に対して、また親が子どもに対して攻撃する家庭内DVの件数が増えてきており、夫婦心理と家族心理への理解の必要性が高まっています。
家族や夫婦間の問題は、家庭内で解決するのが難しい場合、夫婦・家族心理の専門家に相談するのが良い方法ですが、なかなか家庭内のことについては相談しにくいかもしれません。当事者でもどうすべきか分からないで、時間がただ過ぎていくのを耐えている場合もあります。特に力の弱い立場にある女性が泣き寝入りしているのが現状かもしれません。
家族、夫婦という形が昔とは変わってきている現代では、時代に合わせた専門家のカウンセリングが必要です。家族心理、夫婦心理の知識をだれもが身につけ、問題が深刻化する前に適切に対応できることが望まれます。

PETIT COLUMN家族心理学

家族心理学

世間では不登校などの子供の引きこもり問題が取り上げられていますが、あなたはもし自分の子供が不登校になったり引きこもってしまったらどうしますか?早く学校に復帰しないと勉強が遅れてしまう、将来ちゃんとした大人になれないのではないか、など心配することでしょう。そして誰だって辛いんだから頑張りなさい、あなたのためを思って言っているなどといち早く立ち直って貰えるように助言します。確かに親からみてこうした懸念はまっさきに思い浮かびますがそれをそのまま子供に伝えても余計に追い詰めてしまうだけかもしれません。
どういうことかというと、まずは本人の立場にたってみると分かりやすいです。学校で嫌なこと、苦手な人がいて行きたくないという状態で頭がいっぱいです。ただちょっと嫌というだけなら克服できる余地はありますが、なにせ不登校になってしまうほど追い詰められている状態です。そんなときに果たしてちょっと説得されたからといって簡単に脱却できるものでしょうか?逆にそうした行動が本人を追い詰めてしまうことにも繋がり、親としての信頼さえ失ってしまいかねません。一番大事なのは世間体や今存在しない未来のことばかりを考えるのではなく、つらいという本人の気持ちに寄り添い安心できるようにして克服を強要しないことです。

PETIT COLUMN夫婦心理学

夫婦心理学

子供の手本であるべき夫婦においても数々の問題が起きやすいです。例えば代表的な問題として浪費癖やモラルハラスメントが挙げられるでしょう。この問題について解説と対処法を紹介します。ついついむやみにお金を使ってしまう「浪費癖」は他人から見ればとても無駄で贅沢なように感じます。そしてただの無駄遣いと軽くとらえてしまいがちですがこれは夫婦間においては離婚の原因にもなり得る重大な問題です。浪費癖になってしまう原因はいくつかあります。一般的には強いストレスによる浪費、趣味に傾倒しすぎることによる浪費、計画性がないゆえの浪費、ギャンブルなどへの依存症による浪費が代表的です。
もしパートナーが浪費癖に悩まされているのならいずれかの原因を特定して改善するために支えが必要です。正論や常識を振りかざして相手を押さえつけるモラルハラスメントは表面では正しいことを言っているだけに非常に質が悪いです。
確かに夫婦の役割というのは大切ですが無理をしてまで必ずしなければならないという訳ではないでしょう。本来夫婦は対等な存在であり、お互いが支え合っていく関係です。自分や世間の常識を当てはめるのではなく相手の気持ちを尊重するという対人関係においての基礎中の基礎を思い出すことが何よりも重要です。それは夫婦間においても親子間においても同じことです。

動画でわかる!
夫婦心理カウンセラー®資格

おすすめコラム

RECOMMEND COLUMN
夫婦心理資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!
夫婦心理資格のおすすめ資格|各資格のメリット・仕事内容や勉強法まで解説!
家族の大切さやあり方が見直されている現在、夫婦関係の問題は人々の大きな関心事です。
その問題解決を図るのが夫婦心理カウンセラー。
まさに、今求められているスキルと言っても良いでしょう。
この記事では、夫婦心理カウンセラーになる方法や夫婦心理カウンセラーになる [...]

関連する資格試験

RELATED EXAM

上へ戻る