ホロスコープ資格検定

西洋占星術では占う際に用いられるホロスコープを作成しその人の運勢や性格や才能を導き出し、占います。ホロスコープとはチャートと呼ばれる天体の配置図で10個の惑星が占う対象の人が生まれた時にどこに位置していたのかを示す事で運勢を導き出します。一般的に12星座を使い星の座標を示します。
このホロスコープを分析することで占い師たちは占う対象のあらゆる変化を読み取り、問題解決への方法を導き出します。そのため西洋占星術にはホロスコープが欠かせないプロセスとなっておりホロスコープ次第で占いの雲行きが変わってしまします。このホロスコープインストラクターではホロスコープの作成から分析までこなすことが出来、深く読み解く事が出来る方に贈られる資格です。「ホロスコープインストラクター」は、「ホロスコープ鑑定士」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。

ホロスコープ鑑定士受験申し込み

ホロスコープとは

西洋占星術は、依頼者が出生した瞬間の星の配置が、後の運命に影響してくるという考えのもと、これからの運命を読み解く占い方法です。その為、西洋占星術で占いをする場合は、まずは依頼者の生年月日・出生時間・出生場所を元にホロスコープを作成するところから始まります。ホロスコープは、依頼者が出生した瞬間の惑星(太陽・月・水星・金星・木星・土星・海王星・冥王星)の位置、横道十二宮(白羊宮・金牛宮・双児宮・巨蟹宮・獅子宮・処女宮・天秤宮・天蠍宮・人馬宮・山羊宮・宝瓶宮・双魚宮の十二星座)の位置、ハウス(生命・金銭・知識・家庭・創造・健康・結婚・遺産・意識・仕事・友人・障害)の位置関係を表す天体配置図となっており、生まれた瞬間の座標が一目で解るようになっています。このホロスコープを元に、生まれた瞬間から現在、未来に至るまでの時間に移動に連れた座標の動きをもとに運命を占います。西洋占星術を正しく占う為には、ホロスコープを正しく正確に作成する技術が求められると言えます。
ホロスコープインストラクター認定試験では、ホロスコープを作成する際に必要な基本的な知識だけでなく、正確にホロスコープを作成する為のテクニックを身に付けることができます。

ホロスコープの読み方

西洋占星術を正しく占う為には、先に述べたようにまずはホロスコープを正しく作成することは勿論ですが、ホロスコープを正しく読み解く技能も必要となります。ホロスコープには、依頼者が出生した瞬間の惑星・横道十二宮・ハウスの座標が解るようになっていますが、まずは、惑星・横道十二宮・ハウスが持つ意味、配置関係から何を意味するのかという知識を身に付ける必要があります。
まずは基本的なところとして、生まれた日の太陽の位置によって生まれ星座がわかります。生まれ星座がわかれば、その星座が持つ意味によって、依頼者の基本的な性格を読み解くことが可能となります。次にハウスですが、このハウスを読み解くことで今後の運命を占うことが可能となります。ハウスには十二の項目に分けられており、生まれた瞬間のそれぞれの運勢、10年後の運勢、20年後の運勢などをホロスコープの時間経過に応じて占うことができます。例えば、今現在の一番運気が高いハウスはどれか?希望のハウスに一番運気が高まる時期はいつなのか?などを読み解き、依頼者にとって一番良いタイミングや場所をアドバイスすることが可能となります。
ホロスコープインストラクター認定試験では、ホロスコープを正しく作成する知識・テクニックに加え、ホロスコープを読み解く技術やテクニックを身に付けることができます。西洋占星術を身に付けて、これからの運勢を占ってみてはいかがでしょうか。

 

西洋占星術資格検定試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
試験日程以下参照

西洋占星術資格検定試験日程

2019年4月資格検定試験
受験申込期間2019年3月1日~3月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年4月20日~25日答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

 

2019年6月資格検定試験
受験申込期間2019年5月1日~5月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年6月20日~25日答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

 

2019年8月資格検定試験
受験申込期間2019年7月1日~7月31日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年8月20日~25日答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

 

2019年10月資格検定試験
受験申込期間2019年9月1日~9月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年10月20日~25日答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

 

2019年12月資格検定試験
受験申込期間2019年11月1日~11月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年12月20日~25日答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

 

ホロスコープ鑑定士受験申し込み

西洋占星術資格が活かせる職業

ホロスコープ鑑定士

ホロスコープ鑑定士ホロスコープ鑑定士は、占星術の知識を利用して対象の未来や状況を導くことのできる人物を認定するものです。一般的には12星座の配置を利用し、星座の動きからその生まれ年の方の運命を導くことができるといわれています。非常に大衆的な占いの方法ながら、特殊性の強い分野でもあり、若い世代を中心にニーズが強いのも一つの特徴です。自ら占いを実施するのはもちろんのことですが、インストラクターとして後身を育てるだけのスキルと知識を身に着けているという観点もこの資格では問われています。

ホロスコープ鑑定士の平均年収
350万 ~ 490万円
ホロスコープ鑑定士の
仕事内容
ホロスコープ鑑定士の仕事内容は、相談者に対して、占星術の知識を利用して、その方の基本的な性格や適性、才能などを見出し、未来をより良いものにするために占うことが大きな仕事内容の一つです。時期により日々変化するホロスコープを対象のプロフィールと併せ、正確に読み解くことで、より対象者の悩みを解決する役割を担っています。街角の占い師はもちろんのこと、タロットなどに通ずる人物も多く存在する資格といえるでしょう。収入は、そこまで高給というわけではありません。日々の占いを求める対象者の支払う代金が直接収入となる傾向にあります。しかし、非常によく当たると評判になり、多くの人物が行列を作ってでも占ってもらいたいと思う占い師になると、より高給を見込めるでしょう。やりがいはなんといっても、相談に来た人物が悩みを解決し笑顔で帰っていく姿を見られるところ、また個々の相談者ごとにより適正のある未来を導く手伝いができるところではないでしょうか。インストラクターとして、多くの占星術に興味のある若手にその技術と魅力を伝えるべく、講演を開いたり、実演したりといった活動を実施することで、業界に貢献する人物もいらっしゃいます。

西洋占星術士

ホロスコープインストラクター西洋占星術士とは、人々の日頃持つ悩みについて、ホロスコープという星座の動きをもとにした表を利用することによって、対象の未来を読み取り、導くことのできる人物を認定するものです。人間関係や会社、学校での悩み事をはじめ、将来の仕事や自分の適性など、幅広い指南ができる資格として、その技術を持つ人物は非常に重宝されるのが現状です。目に見える形で、この分野における資格を有することは、非常に大きなアピールとなりあえることでしょう。

西洋占星術士の平均年収
330万 ~ 440万円
西洋占星術士の
仕事内容
西洋占星術士の仕事内容は、さまざまな悩みを抱えてくる相談者に対し、そのホロスコープから対象を読み解く技術を利用して、より相手が幸せになるように導くことが大きな仕事内容の一つです。一人一人の適正と能力などを総合的に判断し、ホロスコープから導き出される運命の流れと併せて、適切なアドバイスをする部分は、まさにこの西洋占星術アドバイザーならではの腕の見せ所といえるでしょう。街角や占いの館などで占いを実践する人物の他、多くの占いグッズを取り扱うお店などに勤務する人物も多いのが現状です。西洋占星術士の収入は、そこまで高いものとはいえません。多くが個人事業であり、日々受ける相談の量によって、単価に見合った収入を得ている人が多いためであり、良くて人並みか、それ以下であると考えられます。しかし、この占いや導き手という役割に誇りを持っている人物が大変多いのも事実であり、やりがいといった点でライフワーク的に仕事を続けている人が多いといえるでしょう。

西洋占星術の講師

西洋占星術の講師西洋占星術の講師とは、占いの技術を教える専門学校などで、主に後身を育てるべく、その技術を伝えている人です。近年は、占いの分野でも専門学校が設立するなど発展を見せており、ビジネス的な展開をしているのが実情です。向き不向きはありますが、占いは方法が確立されており、統計的な情報を扱うものであり、技術を身に着ければ多くの人が実践できることもあり、その技術を持った教鞭を握ることのできる人物は非常に貴重であるともいえます。

西洋占星術の講師の平均年収
250万 ~ 450万円
西洋占星術の講師の
仕事内容
西洋占星術の講師の仕事内容は、専門学校やスクールに所属している生徒を中心に、自らの持つ西洋占星術の知識や経験、技術を伝え、指導していくことが主な内容となります。もともと自ら占いを長年経験しており、ある程度名の知れた人物であることも多く、信頼できる名声を得ている人が多いのも少なくありません。タロットやホロスコープの使い方など様々な道具の使い方、占い方、また運命の読み解き方などを教え、生徒が自立して活動ができるよう促します。西洋占星術の講師の収入は、人並みかそれ以上である傾向があります。近年ではその存在も比較的表に出るようになりましたが、まだまだアングラな世界であることは確かであり、専門学校自体数が少ないのが現状です。またその中で、実際に他人を指導できる人物はさらに貴重であるとされており、ニーズに対して供給が見合っていないことが挙げられます。また、一回の相談料が高額となりがちな占いの世界において、その技術を伝承する専門学校は、それなりの授業料であることも少なくなく、講師は高給となりがちです。
やりがいとしては、もちろん自分の教えた生徒が自立して多くの相談者を相手にできるまでに成長するのを見ることができるところです。

占いカウンセラー

占いカウンセラー占いカウンセラーとは、占いの技術と知識を利用して、多くの相談者の悩みを解決できる技術を有している人物を認定するものです。日々さまざまな悩みを抱える人々を、その人らしくあるべき形に導いていけることができる人物は、非常に貴重な存在であるといえるでしょう。心理的なカウンセリングの方面に関する技術や知識も同時に持っており、正しく人を導くことができるよう期待されています。

占いカウンセラーの平均年収
290万 ~ 440万円
占いカウンセラー
の仕事内容
占いカウンセラーの仕事内容は、悩みを抱えてくる相談者に対して、さまざまな占いの技術を駆使し、その人の悩みを解消して、あるべき形に導いてあげるのが大きな仕事です。このため、悩みを抱えた人の話を効果的に聴き、解決策を対象者自らが提示できるように促す必要があり、基本となるカウンセリング技術の上に占いというツールを利用して相談にあたる形となります。占いの館や街角などで活動を行っている方は多く、日々相談にあたっています。占いカウンセラーの収入は、それほど高いものではありません。日々訪れる相談者からもらえる相談料を合わせても、アルバイトか、人並みよりも少ない給料というのが実情で賞。一方で、大変効果的にカウンセリングが成功し、満足する相談者が増加すると、自然と名前が売れていく傾向があり、そうなると多くの人々が口コミで占いに訪れるため、収入は増加する傾向にあります。また書籍をなどを発売したりテレビ番組などで取り上げられたりといったブームが沸き起こると、一気に収入が向上する傾向があります。やりがいとしては、それぞれ訪れた相談者が悩みを解決して満足してもらえるところです。1.昔から占いに興味があり、学生時代も仲間内で占いなどをやっていました。ホロスコープインストラクターの資格を見つけて思わず受験し、合格。普段から勉強していた占いの事物が大変効率よく学べることに驚いています。現在は、より多くの相談者を相手に占いを実施しています。
2.街角で易者をしていますが、より多くの人を的確に占えるようになりたいと考え、ホロスコープインストラクターの勉強を始めました。普段の占い方法の復習はもちろんのこと、読み解き方などにも新たな気づきがあり、大変有意義であったと考えています。インストラクターとして、易者を志す人々を指導する機会も得ることができ、大変満足しています。
3.占いを志す人々に日々講師としてその技術を伝えていますが、よりわかりやすい肩書などはないかと探し、この資格を取得することにしました。非常に忙しい行使活動の合間でも、日付を選んで受験できるところが大変な魅力といえるでしょう。内容も比較的まとまり、テストとしてもよくできている上、資格としてアピールしやすいので気に入っています。

ホロスコープ鑑定士受験生の声

ホロスコープ鑑定士受験申し込み

西洋占星術資格のホロスコープ鑑定士の受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

ホロスコープ鑑定士受験申し込み