パワーストーンが欲しいけれど、自分の願い事に合ったものをどうやって選べばいいか分からなくて迷っていませんか?パワーストーンのそれぞれの意味や歴史を知れば、どうやって自分の願い事に合ったパワーストーンを手に入れることができるかということが分かるようになります。

また、誕生石や守護石についても何故おすすめなのか、具体的にはどのような作用があるのかという点についてもご紹介します。

さらに、パワーストーンごとの効果や意味について、そしてより高い効果を得るためのチャクラとの関連性やお手入れに欠かせない浄化についても解説します。自分に合ったパワーストーンを身につけて願い事を叶える力になってもらいましょう。

パワーストーンが意味を持つようになった歴史

パワーストーンは、古くから権威の象徴やお守りとして使われてきました。そのパワーストーンにまつわる伝説や伝承がいつしかそのパワーストーンの効能として知られるようになり、現在まで続いています。

最古のパワーストーンは、ラピスラズリと言われており、ピラミッドからもお守りとして発掘されています。さらにラピスラズリは、旧約聖書にも金や琥珀と並ぶ貴重品として登場し、当時からただの石ではなく貴重品としての特別な意味を持っていたと考えられています。

パワーストーンのもつ意味

パワーストーンひとつひとつが持つ意味と効果がある

パワーストーンは、それぞれに違う意味と効果を持っています。例えば、同じ水晶でも透明な水晶は厄除けやお守り、アメジストは思考を冷静にして第六感を発現させる、ローズクォーツは恋愛の悩み事に効果を発揮すると言われています。

また、金運に効果があると言われる金色のルチルクオーツや第六チャクラに働きかけると言われている紫色のアメジストやスギライトなど色の系統やチャクラとの関係で効果を発揮するものもあります。

誕生石、誕生日石を身につける意味

誕生石、誕生日石は持ち主を守り良い方向へ導いてくれると言われており、お守りとして人気があるパワーストーンです。パワーストーンが欲しいとき、最初に何を買うか迷ったら誕生石を購入するのもおすすめです。

また、誕生石と一緒に身につけると誕生石を守り、効果を上げてくれる誕生守護石というものもあります。

さらに、星座ごとに星座守護石もあるので多くの種類のパワーストーンの中から自分の気に入ったお守りを選ぶことができます。価格も石の種類によって異なるので自分が手に入れやすく気に入った石を選ぶことが大切です。

パワーストーンを身につける意味

欲しいパワーを身につける

叶えたい願いに合った石を選び、「石の意味を常に意識する」ために身につけると石が願い事のために力を貸してくれると言われています。

また、石を常に身につけることで願い事に対する意識付けが潜在能力に働きかけ、石の効果が自分のものになりやすくなります。そのため、石を手に入れたら最低でも1週間程度は着けっぱなしにするなどなるべく身につける機会を多くすると良いでしょう。

お守りとして誕生石や守護石を選ぶ

誕生石のルーツは旧約聖書の記述に由来すると言われており、実はかなり古くからお守りとしてのパワーが信じられてきた強力なパワーストーンです。誕生石は自分に降りかかる災難から身を守ってくれるだけでなく、進むべき道を見失ったときにより良い方向へ持ち主を導くと言われています。

そのため、最初に手に入れるパワーストーンに迷ったら誕生石や星座守護石の中から自分がピンとくるものを選ぶと相性の良い石と巡り会えます。

パワーストーンの身につけ方と意味

ブレスレットとして身につけるのが効果的

身体を巡るエネルギーは、左手から入り右手から抜けていくと言われているのでパワーストーンが発するエネルギーを吸収するイメージで左手に装着すると良いです。

左手は、内面的なパワーをアップして潜在能力を発揮させる、右手は魅力を引き出し、積極的に行動を起こさせるという効果もあるため自分をパワーアップするという意味で左手がおすすめです。

ただし、水晶のみのブレスレットなどお守りとしての意味が強いブレスレットは、右手にしたほうが良い場合もあります。石の効果や意味を考えてつける位置を工夫しましょう。

組み合わせ・重ね付けの意味

相性の良い石や似ている効果の石を組み合わせたり重ね付けしたりすると相乗効果も狙えます。

ただし、あまり多数の石を色々なところに身につけると願い事が分散してしまうので一度に身につける種類は2~3種類までにし、叶えたい願いを強く意識したい場合はひとつにしておくと良いでしょう。

身につける場所の意味

身につける場所によって働きかけやすい効果も違ってきます。お守りなら指、恋愛や愛情の願い事なら首や胸元、直感や感覚を研ぎ澄ましたいなら耳といった風にそれぞれの体のパーツには、対応するチャクラがあり、そのチャクラに近い位置に親和性の高いパワーストーンを装着することで効果が得やすくなると言われています。

対応するチャクラに作用しやすくすると体のエネルギーの流れにも影響があるので石とチャクラの組み合わせ次第では、ブレスレット以上の効果を発揮することもあります。

パワーストーンの「浄化」の意味

浄化とは

浄化とは、石に溜まった悪い気やエネルギーを抜いて良い状態にする「掃除」のようなものです。悪い気やエネルギーだけでなく、他人が石に触ったとき残ってしまったエネルギーなども取り除いてまっさらな状態にしてくれます。

ただし、願い事もリセットされることがあるので使っている最中に他人にブレスレットを触られたなどの理由で浄化した場合は、再度願い事を伝えなおした方がいいでしょう。

浄化の方法

浄化方法には、流水で流す、ホワイトセージの煙にくぐらせる、マジカルオイルを使う、日光や月光に当てる、水晶の上に置くなど様々な方法があります。

石の種類によっては、水に弱いものや日光に当てると色が褪せてしまうものもあるので浄化をする前に石の性質を確認してから実施しましょう。

パワーストーンが割れる意味

天然の石は、へき開性という特定の方向に割れやすい性質を持っているものや硬度が低く割れやすいものがあります。

女性に人気のあるインカローズなどの割れやすく硬度が低い石は、すぐに割れてしまうこともあるので取り扱いには注意しましょう。

しかし、中には、石が持ち主の不運の身代わりとなって割れるパターンもあります。特に、厄除けやお守りとしての効果があるマラカイトや水晶、ラピスラズリ等が割れたときは何か大きな不運の身代わりになってくれた可能性がありますので気を付けましょう。

割れてしまった石は、効果を失ってしまっているので今までお世話になった感謝を伝えてから土に埋めて大地に返してあげましょう。

パワーストーンの意味まとめ

パワーストーンを選ぶ上で最も大切なことは、自分に合った石を選ぶことです。自分に合った石とは、相性という意味だけではなく、願い事に合った意味を持っているか、自分がピンとくるようなインスピレーションを持っているかという点も大切になってきます。

自分に合った石が分からないという方には、誕生石や守護石をお守りとして持つのがおすすめです。
そして、パワーストーンを手に入れたら適切にお手入れをして、なるべく石と一緒に過ごしてあげるとより願いが叶いやすくなります。

石の扱いに慣れてきたら、石の意味とチャクラとの関連性等も考えてつける位置も工夫してみるとより高い効果を得られるでしょう。