マインドフルネスの資格とは?!必要な資格や仕事内容を解説!

マインドフルネスの資格とは?!必要な資格や仕事内容を解説!

あふれる情報の中、ストレスに悩まされる人が後を絶ちません。

マインドフルネス瞑想は、ストレスの緩和・集中力UP・モチベーション向上などに効果的だと話題になっています。

まさに今はマインドフルネスセラピストが求められる時代なのです!

そんなマインドフルネスセラピストになるための方法を、資格や仕事内容と合わせて解説します。


目次

マインドフルネスセラピストとはどんな職業か

マインドフルネスセラピストは、マインドフルネス瞑想の知識と技術を用いて人の心と身体のケアをします。

マインドフルネスとは、心を「今この状態」に集中させ、心と身体のずれを一致させた状態を言います。

身体は常に今ここにあるのに、心はここではないどこかへフラフラと行ってしまいがち。

余計な考えや、過去の失敗・未来の不安などに簡単に影響されてしまうのです。

マインドフルネス瞑想で心の向く方向を今この瞬間に合わせることによって、無駄なストレスから解放されパフォーマンスも向上します。

マインドフルネス瞑想は、ビジネスや子育て、医療などでも大注目です。

情報があふれすぎて処理できず、現代人は常にストレスフルな状態にあると言えるでしょう。

マインドフルネスセラピストは、今の時代にピッタリの職業なのです!

マインドフルネスセラピストになるにはどうする?

今マインドフルネスセラピストが求められる時代!必要な資格・仕事内容は?

マインドフルネス瞑想の方法は、あらゆるメディアで紹介されています。

簡単な実践方法であれば、誰でも習得できるでしょう。

しかし、プロとして活動するには話は別。

基礎から、マインドフルネス瞑想についての十分な知識を持っていなければなりません。

マインドフルネスセラピストとして活動するためには、まず知識の習得が必要です。

方法はいくつかありますが、しっかりと基礎から実践まで学ぶのが重要。

マインドフルネスセラピストになるために必要な知識には、以下の様なものがあります。

これらを学ぶ方法として、代表的なものを紹介します。

2-1書籍やWEBで学ぶ

今すぐにマインドフルネス瞑想について知りたい場合には、市販されている書籍やWEBに公開されている情報が利用できます。

マインドフルネス瞑想はビジネスや日常生活でも取り入れやすいため、一般向けに数多くの情報が公開されているのです。

ひとまずマインドフルネス瞑想がどのようなものか知りたい場合、役に立つでしょう。

ただし、これらの情報は浅く広いものがほとんどです。

またマインドフルネス瞑想を行うには注意点もあり、表面的なものはこの点に触れられない場合もあるため注意しましょう。

確かな知識を身につけたいならば、他の方法をおすすめします。

2-2オンライン講座で学ぶ

オンライン講座では、数多くのマインドフルネスのレッスンが行われています。

オンライン講座ならば自宅で気軽に学べるため、チャレンジしやすいでしょう。

オンライン講座では、気軽に始められる初心者向けの実践方法に関するレッスンが多いです。

しかし中には、マインドフルネス瞑想をしっかりと習得するための時間をかけたカリキュラムが組まれているものもあるため、探してみましょう。

オンライン講座は個人で行っているものも多く、比較的リーズナブルです。

ただし、その反面技術などに疑問を感じるようなレッスンもあります。

口コミなど、事前の情報収集を忘れずに!

2-3スクールで学ぶ

最近では、マインドフルネスのスクールやスタジオなどが増えて来ています。

それだけ需要が増加しているのでしょう。

スクールではマインドフルネス瞑想の実践方法だけではなく、コースによっては伝える側としての知識も習得できます。

マインドフルネス瞑想を体験するコースは短時間ですが、知識を習得するためのコースは数時間の講座を数回行う場合が多いです。

自分での復習も含めて、数ヶ月かけて習得していきます。

費用は様々ですが、オンライン講座と比べると高めに設定されている場合が多いです。

2-4通信講座で学ぶ

通信講座では、資格取得を目指したマインドフルネスのコースが用意されています。

通信講座によると自分のペースでの学習が可能で、オンライン講座よりもさらに生活のペースに合わせて取り入れられるでしょう。

通信講座は自宅で学習が可能なようにカリキュラムが組まれているため、初心者にも分かりやすいのが特徴です。

毎日コツコツ~短期集中でしっかり学習まで好きなペースで進められます。

質問などのサポートが充実しており、費用も比較的手頃です。

マインドフルネスセラピストはこんな分野で活躍!その仕事内容は?

今マインドフルネスセラピストが求められる時代!必要な資格・仕事内容は?

マインドフルネス瞑想は様々な分野で取り入れられています。

それに伴いマインドフルネスセラピストの活躍の場も広がって来ているのです。

ここでは、マインドフルネスセラピストが実際にどのような分野で活躍しているのかを紹介します。

3-1企業などでのアドバイザー

マインドフルネス瞑想は、集中力や仕事の効率UPなどを図りパフォーマンスを向上させます。

企業研修などでマインドフルネス瞑想を取り入れるところも増えているため、企業と契約してアドバイザーとしての活動も可能です。

もちろん毎日仕事がある訳ではありません。

他の活動と並行して行ったり、いくつかの企業と契約したりする必要があるでしょう。

3-2カルチャースクールの講師

カルチャースクールでも、マインドフルネス瞑想の講座は人気です。

早朝のレッスンを行っているスクールなどでは、毎朝マインドフルネス瞑想の講座を開講しているところもあります。

マインドフルネス瞑想は毎日の習慣にする人も多く、特に初心者のうちはそのような場があった方が取り組みやすく継続しやすいはずです。

毎日レッスンができればその分収入も安定します。

カルチャースクールでマインドフルネス瞑想を教えるのは、目の前で生徒の反応が分かり楽しいものです。

レッスンに来たときと帰るときの表情の変化を見ただけでも、マインドフルネスセラピストとしてのやりがいを感じるでしょう。

特に人前で話すのが好きな人などは、カルチャースクールの講師には適任です。

ただし、人気がなければ契約は解消されてしまうでしょう。

常に努力し続ける必要があります。

3-3オンライン講座を行う

マインドフルネス瞑想は自宅で実践したいと思う人も多く、オンライン講座の需要が増えています。

録画した動画を配信するのであれば、時間を問わずにできるため、副業でも始めやすいでしょう。

Zoomなどの利用によって、質問に答えながらのレッスン形式もできます。

オンラインのツールは今後も拡大していくはずです。オンラインならば、居住地も関係ありません。

オンライン講座の可能性はどんどん広がっています!

生徒の募集にSNSなどを活用しても良いでしょう。

知り合いから拡散してもらったりできるのも、SNSの強みです。

オンライン講座は宣伝がカギ。工夫次第で低予算に抑えられるため、初期投資が少なくて済みますよ!

3-4日常生活に取り入れる

マインドフルネスセラピストとして特別な活動はしなくても、日々の生活にその知識は活用可能です。

一日の始まりにマインドフルネス瞑想を行ってパフォーマンスの向上を図ったり、気持ちを落ち着けたりします。

眠りも深くなるため、疲労も感じにくくなるでしょう。

身近な人にその知識を教えてあげても良いですね。マインドフルネスセラピストとしての知識は、誰にでも活用できるのです。

マインドフルネスセラピストに向いている人・向いていない人

今マインドフルネスセラピストが求められる時代!必要な資格・仕事内容は?

マインドフルネスセラピストには、ある程度の適性があります。

向いていない人が目指すと必要以上に努力が必要だったり、苦労をしたりするかもしれません。

そこで、マインドフルネスセラピストに向いている人と向いていない人をまとめました!

ぜひ参考にしてください。

4-1マインドフルネスセラピストはこんな人におすすめ

マインドフルネス瞑想は、日々のストレスケアに役立ちます。

いろいろな問題に気を取られてしまうと、それがストレスとなりイライラとしたり不安になったりするでしょう。

現代人は常にマルチタスク(同時にいろいろな作業や情報処理をすること)の状態にあり、それが様々な問題を引き起こしているとも考えられているのです。

マインドフルネス瞑想で心を今ここに向けることで、心と身体が一致し不要な考えにとらわれなくなります。

脳疲労が軽減され、ストレスが緩和されるのです。マインドフルネスセラピストとして活動する際にも、自身の経験や体験は大事。

自分が体験していないものを伝えるのは困難だからです。

自身がストレスや不安感などに悩まされていたからこそ、マインドフルネス瞑想を取り入れる重要性が伝えられます。

マインドフルネス瞑想が身につけば、ビジネスでも大いに活躍できるでしょう。

マインドフルネスセラピストは、ビジネスのアドバイザー側にも立てます。

自身の知識が企業の成長につながると考えると、かなりやりがいを感じられるのではないでしょうか。

マインドフルネスセラピストは、他者にその知識を教える活動ができます。人に教えるのが好きな人には向いているでしょう。

また、例えば今別のセラピストとして活動していたり他のメンタルヘルスケアに関心があったりする場合は、マインドフルネス瞑想を取り入れるとさらに活躍の範囲が広がるでしょう。

人間は一面だけでできているものではなく、様々なアプローチが可能です。

アプローチ方法を多く持っていると、それはかなりの強みになります。

4-2マインドフルネスセラピストはこんな人には向いていない

マインドフルネス瞑想は、自分の内面と向き合う時間です。

余計なものにとらわれず今に集中することで、確かにストレスの要因から離れストレス軽減につながるでしょう。

しかし、根本に精神的な問題を抱えている場合には、安易にマインドフルネス瞑想を行うべきではありません。

そのような場合は、マインドフルネスを取り入れるとしても専門の医師の指導の下で行う必要があります。

極端な思考パターンの人も同様です。人によってはマインドフルネス瞑想が悪影響になる場合もあります。

マインドフルネス瞑想を自分自身で活用する場合は良いのですが、マインドフルネスセラピストとして活動したいのであればコミュニケーション技術は必要です。

マインドフルネス瞑想の知識や技術を伝えるのがマインドフルネスセラピストの役割のため、コミュニケーションは避けて通れません。

人と話すのが苦手な人には、向いていないでしょう。

マインドフルネスセラピストになるための資格を紹介

今マインドフルネスセラピストが求められる時代!必要な資格・仕事内容は?

マインドフルネスセラピストになるために、必須の資格はありません。

マインドフルネス瞑想を習得しそれを教える活動は、学習次第で誰でも可能です。

しかしマインドフルネスセラピストとして活動するためには、その知識を効率的に習得し証明できる資格を取るのがベスト!

そこで、マインドフルネスセラピストになるための資格を紹介します。

5-1マインドフルネススペシャリスト

マインドフルネススペシャリストは、日本能力開発推進協会 (JADP)が認定する民間資格です。

この資格は、マインドフルネスの知識と技術力の証明となります。

マインドフルネススペシャリスト資格の受験には、協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練を受けその全カリキュラムを修了しなければなりません。

このカリキュラムは、通信講座が用意されています。

カリキュラム修了後は、好きなタイミングで在宅受験が可能です。

得点率が70%以上であれば、合格となります。

5-2マインドフルネスセラピスト

マインドフルネスセラピストは、日本メディカル心理セラピー協会(JAAMP)が認定する民間資格です。

マインドフルネスセラピスト資格では、マインドフルネス瞑想についての知識やその効果、実践方法などを習得している証明ができます。

受験資格は特になく、偶数月に行われる検定試験は誰でも受験可能です。

在宅受験で70%以上の評価があれば合格し、資格取得できます。

特におすすめはこの資格!

今マインドフルネスセラピストが求められる時代!必要な資格・仕事内容は?

マインドフルネスセラピストになるには、幅広い知識を身につけていた方が有利です。
他にもマインドフルネスに関連する資格があれば、さらに有利でしょう。

その点を踏まえておすすめしたいのが、この資格!

6-1マインドフルネスセラピスト

『マインドフルネスセラピスト』資格は通信講座で学べる上、この講座では同時に『瞑想インストラクター』資格の学習もできるのです。

同時に2つの資格取得が可能とあれば、これはかなり魅力的ですよね!

マインドフルネスセラピスト資格

特におすすめはこの資格!

マインドフルネスセラピスト資格を取得するのにおすすめの講座はこの2つです!

7-1マインドフルネスW資格取得講座:諒設計アーキテクトラーニング

マインドフルネスW資格取得講座は、諒設計アーキテクトラーニングの通信講座。

この講座では、『マインドフルネスセラピスト』に加えて『瞑想インストラクター』の資格も同時に取得可能です。

マインドフルネスW資格取得講座は、2つのコースが用意されています。

どちらのコースも資格取得に向けた効率的な学習ができて人気です。

しかし、特におすすめしたいのはスペシャル講座!

このスペシャル講座を受講すれば、通常はカリキュラム修了後に受けなければならない資格試験が免除となります。

マインドフルネスW資格取得講座のカリキュラムでは、全5回の添削課題の提出が必要です。

スペシャル講座では、それに加えてカリキュラム修了後に卒業課題1回の提出があります。
それだけで2資格の取得が確実にできるので安心ですね!

マインドフルネスW資格取得講座は、1日30分程度の勉強でも資格取得が目指せます。

約半年でカリキュラムが修了できるようになっているため、忙しい人でもキャリアアップが可能です。

短期間で学習したい場合は、最短で2か月での修了もできます。

自身の生活に合わせて学習できるのが、通信講座の良さですね!

マインドフルネスW資格取得講座:諒設計アーキテクトラーニング
通常の講座 スペシャル講座
受講料 59,800円(税込) 79,800円(税込)
添削課題 試験対策
添削課題5回
資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
マインドフルネスW資格取得講座

7-2マインドフルネス講座:SARAスクール

マインドフルネス講座は、SARAスクールの通信講座です。

マインドフルネス講座は、SARAスクールの通信講座です。

『マインドフルネスセラピスト』『瞑想インストラクター』の2資格同時取得が目指せて、特に女性に人気です。

マインドフルネス瞑想は、日々の生活や仕事に役立てたいと取得する人も多い資格。

通信講座で自分のペースで学習ができるのは、忙しい人にとってうれしいポイントです。

SARAスクールは、全くの初心者にも分かりやすいカリキュラムがスゴい!

資格取得後にさらに他の資格にチャレンジする人が多いのも、学習が進めやすいからでしょう。

必要な学習時間は、1日に約30分。スキマ時間があれば、誰にでも学習可能です。

マインドフルネス講座では、6か月程度かけて添削課題を提出しながらカリキュラムを進めます。

質問は何度でも無料で行えるため、1人での学習でも疑問点をそのままにせず進められて安心ですね。

最短で資格取得を目指したい場合は、約2か月でカリキュラムを終えられます。

今すぐにマインドフルネスセラピストの資格が欲しい人でも、このカリキュラムは満足できるでしょう。

マインドフルネス講座には基本コースとプラチナコースがあり、プラチナコースは資格保証付!

資格試験が免除され、卒業と同時に『マインドフルネスセラピスト』『瞑想インストラクター』の2資格が確実に取得できます。

条件も、基本コースのカリキュラムに卒業課題1回の提出が加わるだけ。

申込みの手間もなくなり、かなり効率的です!

マインドフルネス講座:SARAスクール
基本コース プラチナコース
受講料 59,800円(税込) 79,800円(税込)
添削課題 試験対策
添削課題5回
資格保証付
添削課題5回+卒業課題1回
マインドフルネス資格取得講座

心理カウンセラーの資格

  • マインドフルネスセラピスト

    マインドフルネスセラピスト

    マインドフルネス瞑想は「今、ここ」の状態にマインドフル=満たされる状態を求めます。その効果として、ストレスの緩和、モチベーションの向上、集中力やクリエイティビティの強化などが得られます。マインドフルネスセラピストは、このようなマインドフルネス瞑想の知識と効果、注意点、様々な方法について十分に理解していることの証明となる資格です。資格取得後は、マインドフルネスセラピストとして活躍することができます。

    資格詳細を見る
  • アンガーカウンセラー

    アンガーカウンセラー

    アンガーコントロールの歴史から、感情のクセや怒りの本質について、怒りの1次感情と2次感情、怒りと向き合うトレーニング、怒りが体に及ぼす影響や怒りのデメリット、思考の歪み、怒りを引き起こしやすい思考、心にゆとりができるテクニック、三性の理、怒りの生理的反応など、基礎知識を有していることが証明されます。資格取得後は、アンガーカウンセラーとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

    資格詳細を見る
  • 引き寄せカウンセラー

    引き寄せの法則が働くシステムや潜在意識と顕在意識の違い、言霊と引き寄せの関係、引き寄せノートの書き方など引き寄せに関する知識を身に付けている方へ認定される資格です。引き寄せの法則を理解するうえで重要である「思考は現実化する」と考えや、潜在意識を使いこなす引き寄せのコツ、思考と願望を一致させることなど引き寄せの実践的な知識を有していることを証明します。

    資格詳細を見る
  • 行動心理カウンセラー

    行動心理カウンセラーとして、人の行動から相手の気持ちを読み解く学問である行動心理学についての基本的な知識を有していることが認定される資格です。行動心理の基礎知識から歴史、行動心理学から考える仕事やプライベートにおけるコミュニケーションに関する知識を有していることも証明されます。

    資格詳細を見る
  • 夫婦心理カウンセラー

    夫婦心理カウンセラーとは、夫婦関係や家族関係の問題解決や関係構築などに関して、正しい知識を持ち、適切なアドバイスやカウンセリングを行うことができることを認定する資格です。夫婦間の浮気、離婚、失業や失職、浪費癖、DVなどの家庭内暴力、別居、精神的DV、経済的DV、アダルトチルドレン、夫婦と子どもとの関係、束縛や過干渉などの問題に対して正しい知識を持っていることが必要になります。

    資格詳細を見る
  • チャイルド心理カウンセラー

    チャイルド心理カウンセラーとは、胎児期から乳児、幼児、学童、思春期までの子どもの心理や発達を十分に理解し、また、悩みや問題に対してカウンセリングをおこなう技能、知識を有していることを証明する資格です。子どもの心理に関して知識を有し、かつカウンセリングを行うカウンセラーとして活動できる技術を有していることを証明します。

    資格詳細を見る
  • エクステリア心理カウンセラー

    エクステリアの基本知識を持ち、状況に応じた心理カウンセリングを実用レベルで持ち合わせた方へ認定される資格です。

    資格詳細を見る
  • キッチン心理カウンセラー

    キッチン心理カウンセラーとは、心理学と基礎知識、様々なキッチンの施設、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • 福祉心理カウンセラー

    福祉心理カウンセラーとは、福祉に関する知識、また心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状を理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • メンタル心理ヘルスカウンセラー

    メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識、様々なストレスから起きる症状、また症状別の治療方法を十分に理解しており、カウンセラーとして活動するレベルに至っているとされた方へ認定される資格です。資格取得後はプロのカウンセラーとして活動することができます。

    資格詳細を見る
  • メンタル心理ミュージックアドバイザー

    メンタル心理ミュージックアドバイザーとは、人間を心の側面から学び、それが身体に与える影響を考え、心身に対する音楽の作用を理解している人へ与えられる資格です。音楽の利用方法により、音楽の癒しの効果を最大限に引き出し、ストレスなどの問題改善、心身の健康維持を目指します。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

    資格詳細を見る