睡眠資格検定

理想的な睡眠は私生活のコンディション・健康・美容にも繋がります。
快眠セラピストとは、睡眠の原理、現代社会における様々な睡眠障害を理解し、
その治療及び快適な睡眠への導入が可能である人へ与えられる資格です。「美快眠セラピスト」は、「快眠セラピスト」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。

快眠セラピスト受験申し込み

睡眠について

睡眠とは私たちの生活に欠かせないものであり、毎日きちんと取って健康の礎とするべき大切な要素です。
しかし忙しい現代においてスケジュール通りに眠るという作業は難しく、ときには長い期間満足のいく睡眠が取れないということも珍しくありません。
厚生労働省が「健康づくりのための睡眠指針2014」といった情報を提供するなど、既に社会問題のひとつとなっているこの睡眠は、今後も多くの人を苦しめる悩みの種となることでしょう。
そんな睡眠をサポートする存在として、本格的な学習によって眠りの専門スキルを身につけた人たちに今大きな注目が集まっています。
睡眠に関する基礎知識や快眠の方法、そして眠りから得られる健康や美容などのメリットを反映するスキル、そんな睡眠にまつわる特別な能力を有している人材が、多くの場所で必要とされているのです。
睡眠に関する知識の取得をきっかけにして、生活のリズムや眠りへの意識を変えていくこともできるでしょう。
学ぶための手段は色々あるので、時間とやる気さえあれば誰でも睡眠についての考えを見直し、プロフェッショナルのようになることが可能なのです。
睡眠がいかに大切なものであるのかを今一度確認することは、これからの将来に大きな影響を与えるでしょう。

睡眠とは

睡眠は毎日当たり前にする作業であると同時に、非常に奥深い内容を含んだ専門性の高い分野です。
そのためしっかりとした学習を通して専門知識を習得し、能力があることをアピールできれば、その後の就職にもつなげることができるでしょう。
世の中には睡眠に対して真剣に悩んでいる人も珍しくなく、専門家の持つ知識やスキルに頼るパターンも増えてきています。もし睡眠のスペシャリストになれたのなら、それを自らの職業として、将来活躍していくことも難しくはありません。
睡眠について学びながらそれを活かすことを目指すのなら、その先にどんな職業があるのか、その職業の給料や仕事内容はどういったものになっているのかを、合わせてチェックしておくことがおすすめです。睡眠に関する具体的な職業のビジョンが見えていると勉強のモチベーションが高まるので、より目の前のやるべきことに集中することもできるでしょう。

 

睡眠資格検定試験概要

受験資格特になし
受験料10,000円(消費税込み)
受験申請インターネットからの申込み
受験方法在宅受験
合格基準70%以上の評価
資格試験内容
  • 睡眠の基礎知識、睡眠について
  • 快眠・安眠の役目、睡眠の現代事情
  • 現代における睡眠、快眠・安眠の現状
試験日程以下参照

睡眠資格検定試験日程

2019年4月資格検定試験
受験申込期間2019年3月1日~3月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年4月20日~25日答案提出期限2019年4月30日必着
合否通知発送日2019年5月20日

 

2019年6月資格検定試験
受験申込期間2019年5月1日~5月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年6月20日~25日答案提出期限2019年6月30日必着
合否通知発送日2019年7月20日

 

2019年8月資格検定試験
受験申込期間2019年7月1日~7月31日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年8月20日~25日答案提出期限2019年8月28日必着
合否通知発送日2019年9月20日

 

2019年10月資格検定試験
受験申込期間2019年9月1日~9月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年10月20日~25日答案提出期限2019年10月30日必着
合否通知発送日2019年11月20日

 

2019年12月資格検定試験
受験申込期間2019年11月1日~11月30日受験票・試験問題・解答用紙発送日随時
試験期間2019年12月20日~25日答案提出期限2019年12月30日必着
合否通知発送日2020年1月20日

 

快眠セラピスト受験申し込み

睡眠資格が活かせる職業

快眠セラピスト

快眠セラピスト快眠セラピストは睡眠に関する知識を活かす最適な職業のひとつであり、多くの現場で人気を博している仕事です。睡眠に悩んでいる人に対して多くのアドバイスが行えることから、精神的・心理的なケアを主な仕事として働くことができるでしょう。
健康と美容のための睡眠知識が必要となるので、就職を目指すことがそのまま自分自身の健康や美容につながります。自分の健康と美容は仕事での説得力を生み出すため、学びながらその知識を実践に移していくことを意識するのがコツです。
快眠セラピストのように睡眠スキルを具体的な何かに活かすことを目指した職業は珍しく、今後も注目と発展を続けていくことが予想されます。
特に美容と健康に感心がある女性にとっては、快眠セラピストという仕事は魅力的なものとなるでしょう。

快眠セラピストの平均年収
350万 ~ 490万円
快眠セラピストの
仕事内容
快眠セラピストは主にカウンセリングを通して患者と付き合い、適切な睡眠や安眠のコツをアドバイスするのが仕事となります。
万人に通用する睡眠のテクニックというものはなく、基本的には個人の持つ性質や環境を考慮して個別の提案をすることが仕事になるでしょう。そのためしっかりと相手の話を聞き、どこに睡眠を阻害する問題があるのかを見極めるスキルが仕事には不可欠です。睡眠の知識と合わせてコミュニケーションスキルも学び、相手の抱えている悩みを引き出せるような準備が求められるのです。
サロンやクリニック、その他福祉施設などが、快眠セラピストの職場となり得ます。睡眠によるメンタルケアを求める人が集まる場所はたくさんあるので、それぞれの特徴を把握するのも仕事となるでしょう。

安眠インストラクター

安眠インストラクター安眠インストラクターは睡眠の質を改善し、より正しい形で眠るための知識を授ける職業です。短すぎる睡眠や逆に長すぎる睡眠を正し、1日の疲れをしっかりと取るためのコツや手順をアドバイスすることが特徴となるでしょう。
ただ眠りの知識を得るだけでなく、安眠や快眠を追及する職業であるため、より具体的な方法や最新の技術が仕事において重要となります。安眠インストラクターになってからも日々の勉強を欠かさず、常に睡眠のためにできることを探していくことが必要です。
快適な睡眠は安定した心理状態を維持することからはじまるので、眠りの導入に役立つあらゆる要素に精通しておくと就職にプラスとなります。
例えばアロマや入浴方法、その他ヨガなどのリラックス手段を知っておくことも、仕事のスキルにつながる可能性があるのです。積極的に睡眠のスキルを高めていきたいという気持ちは、安眠インストラクターという職業につながるでしょう。

安眠インストラクターの平均年収
330万 ~ 440万円
安眠インストラクターの
仕事内容
安眠インストラクターは睡眠に関する知識や技術を広め、伝授しながら働いていくことになります。自宅やスクールでの講師活動、講座を持っての授業などが基本的な仕事内容に含まれるでしょう。
他にもコンサルティング活動を行って、多くの企業で睡眠に関するアドバイスを行うことも考えられます。
個人ではなく社会で質の良い睡眠を促す動きがみられる昨今、安眠インストラクターの活躍の場は増えていくと予想できるでしょう。口コミで評判が広がっていけば、個人事業主として本格的な活動を行うことも可能です。
仕事内容に将来性が多くみられるので、睡眠に関わる業界で長く働いていくことも夢ではありません。

寝具デザイナー

寝具デザイナー寝具デザイナーは、良い眠りを作りだすのに必要な「寝具」に関する知識を備えた職業です。その人に向いている枕やベッドをおすすめしたり、正しい寝具の使い方を教えたりすることが、日常的な業務として存在することになるでしょう。
寝具は時代のニーズや最新技術に合わせて、どんどん進化が進んでいる分野です。そういった進化を形にする寝具デザイナーのような職業は、今後さらに活躍の場を広げ、新しい睡眠をアピールする重要な仕事になるかもしれません。
ダブルベッド、シングルベッド、枕、枕カバー、敷布団、掛け布団、布団カバーなどなど、寝具に該当するアイテムはたくさんあります。それらのジャンルを余すことなく学べるという人が、寝具デザイナーとして働いていくことができるでしょう。

寝具デザイナーの平均年収
250万 ~ 450万円
寝具デザイナーの
仕事内容
寝具の紹介や販売を行い、その人にピッタリと合う快適な睡眠環境を提供するのが寝具デザイナーの仕事です。
眠りに悩んでいる人にアドバイスをしたり、寝具による解決を促したりすることが求められるので、あらゆるお客さんに対応する柔軟性が必要となります。
またオリジナルの寝具をデザインすることもあるので、自分なりに作りたい寝具のイメージを持って、積極的に実現していくことが求められるでしょう。
近年は睡眠グッズだけを取り扱う専門店も増えてきているため、寝具デザイナーとしての就職先は広まりつつあります。専門店のプロフェッショナルという安定した職業でなら、寝具に対するアドバイスと販売を本格的な仕事としていけるでしょう。

カルチャースクール講師

カルチャースクール講師カルチャースクール講師として睡眠の知識や技術を教えていく人も、今少しずつ増え始めています。
社会人を対象とした教室で眠りや寝具をレクチャーすることに興味があるのなら、睡眠専門の先生を職業とすることも可能でしょう。仕事や生活の効率を高めるために睡眠を学びたいという人は多く、カルチャースクールにおいても人気のジャンルとなっています。そんな人たちに向けて授業をし、睡眠の講師として働くことができれば、自分の知識をフルに活用しながら仕事ができるでしょう。
カルチャーセンターに登録して自分の教室を持つことは仕事のモチベーションにつながり、充実した講座を作ってきちんとした職業にしようという気持ちを起こさせます。それはやがて自分自身の実績となっていくので、カルチャースクール講師をきっかけに睡眠のスペシャリストを職業とすることも可能でしょう。

カルチャースクール講師の平均年収
290万 ~ 440万円
カルチャースクール
講師の仕事内容
カルチャースクール講師は、基本的に自分の教える分野の企画と運営を行うのが仕事です。
もちろん実際に授業をすることも仕事内容に含まれるため、あらゆることを自分の手で管理する能力が必要となります。
教える人の人数によって授業の内容を変更したり、睡眠に関する最新のトレンドに合わせて勉強をしたりといった臨機応変さが、カルチャースクール講師として人気を獲得するコツとなるでしょう。
睡眠の講師ということで教え方には工夫が必要ですが、しっかりと関連知識を学んだ経験があれば、そのままスクールでの授業に応用できます。
自身の体験や見聞きした情報を交えて、その講座でしか実現できないオリジナルの授業を展開していくと、魅力的なカルチャースクール講師の仕事ができるでしょう。

快眠セラピスト受験生の声

快眠セラピスト受験申し込み

睡眠資格の快眠セラピストの受験を希望される方は以下の申込みページからお申込み下さい。

快眠セラピスト受験申し込み